カードローン014

「お得なカードローンかどうか」は金利の低さで決まるといってもいいでしょう。

おおざっぱに言うと「銀行系カードローンが低金利でお得」、「消費者金融系カードローンは金利が高めなのでお得ではない」ということになりますが、同じ銀行系カードローンでも金利の高さはさまざまです。

カードローンの多くは金利を「○%~○%」としています。金利の比較をする場合に単にこの数字だけを比べればいいかというとそうでもありません。

スポンサーリンク

カードローンの金利の比較方法

まずは銀行系カードローンの金利設定を見てみましょう。

銀行系カードローンの金利

金利(実質年率) 最大利用限度額
三菱東京UFJ銀行バンクイック 4.6%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0% 1,000万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 500万円
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5% 500万円
セブン銀行カードローン 15.0% 50万円
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 800万円
じぶん銀行じぶんローン 2.4%~17.5% 800万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン
(プレミアムコース)
2.49%~7.99% 1,000万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン
(スタンダードコース)
8.99%~14.79% 300万円

同じ金利設定をしている銀行はなく、それぞれ違うということがお分かりいただけると思います。

単純に最小金利を比較すると、4%未満が4つあり、今回の比較対象の中ではじぶん銀行のじぶんローンが2.4%で最も低い金利ということが分かります。

しかし、各カードローンでは金利のほかに最大利用限度額も違うのです。

表の右側をご覧いただければ分かりますが、最大限度額が500万円だったり1,000万円だったりと、各行でばらばらです。

上記表の最小金利は、基本的には利用限度額が最大に設定された場合の数字なので、単に最小金利だけ比較をしても正しい比較にならないのです。

カードローンの場合、初めての契約後に設定される限度額は、希望限度額にかかわらず30万円~50万円が多いといわれています。実際に100万円以上の高額な利用ができるようになるにはそれなりに利用実績を積んで増額していくのが一般的です。

ましてや500万円や800万円といった限度額が設定される人は総量規制対象外の銀行系カードローンであっても、かなり少ないと考えていいでしょう。

そう考えると、カードローンの金利を比較する場合、最小金利を比較してもあまり意味がなく、50万円の場合や100万円の場合といった実際に利用できそうな限度額で比較をするべきなのです。

(参照:カードローンでいくらまで借りることができるのか

同じ限度額で比較をしてみる

銀行系カードローンでは限度額ごとの金利を公表している場合が多いです(消費者金融系カードローンの場合が限度額ごとの金利は公表していません)。

三菱東京UFJ銀行バンクイックの場合の金利を見てみましょう。

限度額ごとの金利(バンクイック)

kinrinomikata
(引用サイト:三菱東京UFJ銀行

限度額が高くなっていくごとに金利が低くなっていくのがお分かりかと思います。

それを踏まえたうえで、各銀行系カードローンで100万円が限度額の場合の金利をそれぞれ調べた上で表にまとめてみました。

銀行系カードローンの金利(100万円が利用限度額の場合)

金利(実質年率) 利用限度額
三菱東京UFJ銀行バンクイック 12.6%~年14.6% 10万円以上100万円以下
みずほ銀行カードローン 12.0% 100万円以上200万円未満
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5% 100万円以下
新生銀行レイク 100万円未満の利用:15.0%~18.0%100万円以上の利用:12.0%~15.0% 200万円以下
イオン銀行カードローンBIG 8.8% 100万円
楽天銀行スーパーローン 9.6%~14.5% 100万円以上200万円未満
セブン銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 9.0%~14.8% 100万円
じぶん銀行じぶんローン 個別に設定 100万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン
(プレミアムコース)
7.99% 100万円以下
住信SBIネット銀行Mr.カードローン
(スタンダードコース)
14.79% 100万円以下

たとえば楽天銀行スーパーローンの場合を見ていただければ分かりますが、100万円以上200万円未満で金利は9.6%~14.5%と大きな幅があります。実際に100万円の限度額の場合で金利がいくらになるかは個別の設定になるので、ここでも厳密な比較はできません。

しかし、たとえばメガバンク系カードローンなどは100万円が限度額の場合、金利は12%台以下になることはありませんが、イオン銀行カードローンBIGと住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)では確実に7.99%や8.8%になるという設定です。ある程度の比較は可能ということです。

最大利用限度額がばらばらの状態で比較したときに最小金利だったじぶん銀行のじぶんローンは消費者金融のように限度額ごとの金利を公表していないので、もはや比較のしようがありません。

同じくらいの利用限度額で比較をした場合、金利が低い順番は変わる場合もあるということです。

消費者金融系カードローンの金利は比較できる?

消費者金融系カードローンの場合は利用限度額ごとの金利を公表しておらず、利用者ごとに個別に設定されるというものです。まずそれぞれのカードローンの最大金利を見てみましょう。特にはじめての利用の場合は最大金利が設定されるのが一般的です。

消費者金融系カードローンの金利

金利(実質年率) 最大利用限度額
アコム 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
モビット 4.8%~18.0% 500万円

一例として大手4社のカードローンの金利が上記になります。

最大金利を見ると、プロミスだけ17.8%とほかよりやや低いという設定ですが、ほぼ18.0%で横並びです。

より高額な利用になったらどのくらい金利が下がるのかは個別の判断になりますが、全く見当がつかないというわけでもありません。

貸金業法では融資の金額に応じた上限金利が設定されています。

・10万円未満の融資:実質年率上限20%
・10万円以上、100万円未満の融資:実質年率上限18%
・100万円以上の融資:実質年率上限15%

以前はグレーゾーン金利などもありましたが、現在は法を無視して上記以上の金利で融資している消費者金融はありません。あるとしたらそれはヤミ金です。

(参照:グレーゾーンの金利ってなに?今は心配いらないの?

また、上記をみればなぜ消費者金融系カードローンが一様に18.0%という最大金利を設定しているかお分かりになると思います。要するに法で定めるギリギリの金利で融資をしているということです。

そう考えれば、100万円~150万円くらいまでの限度額の場合ならどの消費者金融系カードローンでも法で定める最大金利である15%くらいになると推測できます。

しかし200万円、300万円といった高額な限度額になっても法的には15%のままでも問題はありません。どこまで金利が下がるかは実際に利用してみないと分かりませんが、15%以下にはならない可能性もあると思ったほうが無難かもしれません。

金利を下げる方法

上記のような法的な金利の仕組みを踏まえると、複数のカードで借り入れをしているという利用者であれば1本にまとめたほうが金利を下げられる可能性があります。

例えば消費者金融系カードローン、信販系カードローン、クレジットカードのキャッシングの場合、貸し金業法が適用されるので、借入額100万円以上は最大金利(15%)が適用されます。

つまり、
①A社で40万円(金利18%)、B社で40万円(金利18%)、C社で40万円(金利18%)
よりも・・・
②D社で120万円(金利15%

同じ120万円借りている状況でもまとめたほうが確実に金利は下がるのでお得になります。

おまとめローンなどを利用するのも良いでしょうし、利用中の1社が借入限度額を上げてくれるということならそのまま普通のカードローンでまとめることができます。もちろんさらに金利の低い銀行系カードローンなどにまとめて乗り換えられればベストです。

金利が下がれば当然ながら利息を含んだトータルの返済額が少なくなります。

(参照:おまとめローンとは

まとめ

金利の低さというのはカードローン会社にとってもっとも重要な「セールスポイント」です。しかし、ホームページのトップで謳っている金利だけで判断せずに、実際に利用しそうな限度額で比較をする必要があります。

また、金利の低いカードローンほど審査が厳しいという傾向がありますので、金利の低い順に申込みをしていったとしても、いつまでたっても借りられないという状況になるかもしれません。

結果的に金利の高めのカードローンを利用するという場合は追加返済などを積極的に行い、なるべく早く完済するなど返済方法を工夫することで利息の負担を抑えることができます。

(参照:支払い利息や返済額を少しでも減らしたい

スポンサーリンク