0115 (7)
セゾンファンデックスはクレディセゾングループの消費者金融です。個人向けカードローンなども展開していますが、事業者向けのカードローンとしても有名です。大手グループ企業ならではの安心感や利便性などが十分に期待できるカードローンといえますが、消費者金融ならではの審査のハードルの低さにも期待したいところです。今回ご紹介するのはセゾンファンデックスの個人事業主専用「VIPローン/事業コース」という商品です。

スポンサーリンク

セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」利用方

http://www.fundex.co.jp/lp/business/

セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」申し込み条件

申し込みの条件として20歳以上65歳まで。安定した収入のある「個人事業主」であること。法人の場合は対象外となります。申し込みに際して必要になる書類は、運転免許証などの本人確認書、確定申告書などの事業実態を証明できるもの、そしてホームページから段ロードして記入する「借入計画書」の提出が必要になります。左記の書類を提出することで、事業目的の融資とみなされ、総量規制の対象外になり、年収の三分の一以上の融資をすることができるようになります。保証人や担保は不要です。また、利用目的は「事業性資金」に限定されています。

セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」申し込み方法

ホームページ上から必要条項を記入し、送信します。その後担当者から電話があり、確認と審査になります。審査に通過すれば必要書類の提出になります。FAXやメール、アプリでの送信が可能です。この処理が平日の13時までに完了すれば即日に振込みでの融資をしてくれます(13時以降の場合は翌営業日の振り込み)。13時までとちょっと早い時間帯ですが、対応自体はスピードが期待できそうです。カードは追って一週間ほどで郵送されます。電話窓口は平日9:00~19:00、土日祝9:00~18:00と休み無く運営しているのはうれしいです。

セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」借り入れ方法

まずATMでカードを利用するという借り入れが可能です。セゾングループというだけあって、ほとんどの銀行やコンビニのATMと提携をしているので、利用できないATMの方が少ないかもしれません。しかし、借り入れの際にはATM利用手数料が発生し(返済の場合は無料)、1万円以内で108円、1万円超えで216円の手数料になります。無料のATMが無いのが残念です。

インターネットで自分の口座に振り込む場合は手数料は無料です。また、平日の14:30までの申し込みであれば「最短数十秒」で自分の口座に入金してくれます。

セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」返済方法

基本的には毎月4日に銀行口座からの引き落としになります。また、ATMからの入金、インターネットでの増額返済など方法は複数あります。返済日が選択できないのがちょっと融通が利かない部分ではあります。

返済方式は「定額リボルビング方式」になります。返済金額に元金と利息が含まれている一定の金額を返済し続けるというものです。最低返済額は10万円の借り入れで4,000円と月々の負担の少ない設定になっています。ちなみにセゾンファンデックスは事業者向けも一般向けのカードローンも共通の返済条件です。

セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」の金利、利用限度額

利用は1万円から最大500万円、金利は年6.5%~17.8%としています。限度額に対しての金利の明示はしていません。最大金利は一般的な消費者金融レベルですが、最低金利の6.5%は消費者金融系としては低めの設定ではあります。

セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」まとめ

今回ご紹介したカードローンは個人事業主専用ですが、セゾンファンデックスでは法人向け専用にカードを使用しない別のローン商品もあります。利用最大5,000万円、金利は年5.8%~9.9%と低金利で、個人事業主用とはかなりかけ離れた内容になっています。

むしろ、セゾンファンデックス「VIPローン/事業コース」は通常の個人向けカードローン(「VIPローン/一般コース」に内容が近く、多くの条件や基本的な利用方法は共通しています。使途が「事業性資金」であること。総量規制の対象にならないということ以外はほとんど同じ内容です。通常のカードローンの方はアルバイトをしているなら学生も申し込みOKという比較的ハードルの低いカードローンです。ですので、この事業者向けローンもそれほど審査が厳しいということは想定しにくいのです。

インターネット上での口コミでもあまり審査が厳しいという声はありませんし、大手グループ企業だけあって対応がしっかりしているという良い評価も多いです。比較的業歴の浅い個人事業主の方にも個人用のカードローン感覚で利用できそうな事業者向けローンといえそうです。

スポンサーリンク