0115

ローンにもいろいろ種類がありますが、今回は「ビジネスローン」について説明していきます。

スポンサーリンク

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、名前からもお分かりのように、個人事業主や法人経営者などが資金繰りなどの事業資金目的でお金を借りるものです。サラリーマンの方などが利用するものではありません。

事業資金としてお金を借りる場合、公的融資や銀行のビジネスローンもありますが、審査や手続きなどのハードルが高く、気軽に利用できるものではありません。

ですので、今回は比較的利用しやすい、ノンバンク系のビジネスローンを中心として説明していきます!

ノンバンク系のビジネスローンというと、例えば、
・消費者金融
・クレジットカード会社
・ビジネスローン専門貸金業者

などが提供しています。

ノンバンク系ビジネスローンの主な特徴

・担保は不要
・保証人不要(個人事業主)
・代表者が連帯保証人(法人)
・金利が高め
・カードタイプのものもある
・総量規制対象外
・高額な融資は期待できない
・即日借入れ可

例外はありますが、だいたい上記のようになります。

一般向けのカードローンではダメなのか?

後で詳しく説明しますが、ノンバンク系のビジネスローンは、スペック的にかなり一般向けカードローンに近いです。

「だったら、テレビコマーシャルでよく見る一般向けカードローンを事業資金として利用すればいいのでは?」と思うかもしれません。

ビジネスローンなら総量規制の対象にならない

消費者金融や信販会社などの貸金業者は、総量規制のため、年収の3分の1までしか貸せません

しかし、ビジネスローンは総量規制の対象外になります。

例えば、ある個人事業主の方が、

アコムから年収の3分の1ほどすでに借りている

アコムのビジネスローンでさらに借りる

ということが可能なのです。

より大きな金額が必要な事業者にとってビジネスローンの方が利用価値はあるのです。

銀行系カードローンは「事業性資金利用不可」?

銀行が発行している一般向けカードローンの利用条件をよく見ると

「使途:自由(事業性資金を除く)」

と書かれている場合が多いです。

銀行融資の場合、金利は消費者金融系カードローンより低く、年収の3分の1までといった縛りもないので、事業資金としても活用しやすいだけに残念な条件です。

銀行系カードローンも実際は事業資金にも利用できる

銀行系カードローンは事業資金には利用できないとしていますが、実際には利用できます。

カードローンは現金をキャッシングするので、クレジットカードのようにどの店でいくら使ったかなどは分かりません。

銀行は融資した後、そのお金が何に利用されたかまでは確認しようがないのです。

ですので、一般向け銀行系カードローンの限度額で十分ということであれば、わざわざビジネスローンを契約する必要もないでしょう。

しかし、個人事業主などの場合、正社員などに比べて審査で不利になる属性です。人によって銀行系カードローンの利用はハードルの高いものになります。

(参照:年収の3分の1以上借りられる?総量規制対象外とは

代表的なビジネスローンのスペックをチェック!

ノンバンク系のビジネスローンにはどういったものがあるのか。代表的なビジネスローンのスペックと比較のポイントを説明していきます。

消費者金融 ローン名 最大限度額 金利 審査時間

(最短)

カード
アコム ビジネスサポートカードローン 300万円 12.0%~18.0% 即日
プロミス 自営者カードローン 300万円 6.3%~17.8% 即日
アイフル 事業サポートプラン

(無担保ローン)

個人:250万円

法人:300万円

12.775%~18.0% 即日
オリックスクレジット ORIX CLUB CARD 500万円 6.0%~17.8% 60分
信販会社 ローン名 最大限度額 金利 審査時間

(最短)

カード
オリコ CREST for Biz

(クレスト フォービズ)

300万円 6.0%~18.0% 数日
セゾン MONEY CARD EX 100万円 15% 書類到着後審査
ビジネスローン専門 ローン名 最大限度額 金利 審査時間

(最短)

カード
ビジネクスト カードローン 1,000万円 8.0%~18.0% 数日
三鷹産業 ビジネスローン 1,000万円 7.0%~18.0% 面談の後に審査 X
ビジネスパートナー スモールビジネスローン 500万円 9.98%〜18.0% 書類到着後審査 X
日本保証 ビジネスローンエール500 500万円 9.8%〜18.0% 数日 X

金利

金利を比較する際には、高い方の数字に着目します。新規で契約した場合、限度額は低めになり、上限金利になる可能性が高いからです。

ノンバンク系ビジネスローンの上限金利は、お概ね18%です。決して低金利とはいえません。

例えば、
・アコム(一般向けカードローン)金利:3.0%~18.0%
・三菱東京UFJ銀行バンクイック(一般向けカードローン)金利:4.6%~14.6%

「ビジネスローン」とは言っても、一般向け消費者金融系カードローンと同程度の金利であり、平均的な銀行系カードローンよりも金利は高いということになります。

利息の負担も公的融資などに比べれば、かなり大きくなるので、コンスタントに利用するというより、「いざという時に一時的に活用するもの」と考えた方がいいでしょう。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

限度額

上記表のビジネスローンの最大限度額は100万円から最高で1000万円のものまで幅は広いです。

しかし、実際にいくらまで借りることができるかは審査次第になりますが、最初からあまり大きな金額は期待しないほうがいいでしょう

事業主の場合、審査の属性で正社員より不利というのは一般向けカードローンと同様です。

実際、プロミス、アイフルといった大手消費者金融の場合、一般向けカードローンでは限度額最大500万円ですが、ビジネスローンの場合、最大300万円と低く設定しています。

(参照:カードローンでいくらまで借りることができるのか

即日に借りたいなら

上記表の中で最も早く借りられそうなのが、アコムとプロミスです。

信販会社やビジネスローン専門会社などは、審査に数日かかったり、書類の郵送のやり取りが必要だったりと、即日中に借りるのは難しいでしょう。

無人契約機で契約できるビジネスローン

アコムとプロミスの場合、一般向けカードローン同様、無人契約機で申し込み→審査→契約→カード受け取りまでが即日中にできます。

カードタイプのビジネスローンなので、銀行の振込みの時間(平日15時まで)を過ぎても借入れができるというのもポイントです。

(参照:即日融資を受けたい人のためのキャッシング業者まとめ

ビジネスローン専門の会社を利用するメリットは?

上記の表にあるビジネスローンを扱う会社を見ると、おそらく、
・消費者金融、信販会社=知っている会社
・ビジネスローン専門会社=知らない。聞いたこともない会社

と、なるのではないでしょうか。

あえて、知らない会社を利用するメリットはあるのでしょうか?

専門会社の方が柔軟な対応が期待できる

大手の消費者金融や信販会社の場合、ビジネス向けローンで顧客獲得しなくても、それ以外の商品で十分な収益を上げることができます。

そのため、専門会社に比べて利用者を厳選し、より少ないリスクで融資しようとします。つまり、審査が厳しくなるということです。

また、コンピュータの自動審査が基準になるので、個別に事業の将来性の判断することなどは難しいでしょう。

大手の消費者金融の場合、ビジネスローンは1つか2つ程度しか種類がありません。無担保、保証人なしの一般向けカードローンとほぼ同じ条件のローンです。

申込み者の状況によって、他の選択肢を提案するということができないのです。

大手がダメでも可能性がある

対して、ビジネスローン専門会社は、いわゆる中堅規模の貸金業者が多いです。

中堅規模の貸金業者は資金力が無いので、返済できないような方に融資をするのはリスクが大きいので、決して「審査が甘い」わけではありません

しかし、申込み者の数が少ないので、事業者に特化した独自の審査基準で柔軟な審査を行うということは考えられます。

また、有担保ローンなど、扱う商品の種類が豊富なので、個別の状況に合わせた融資をすることができます。

大手消費者金融などで審査落ちしたという場合でも、可能性は十分にあるということです。

おすすめのビジネスローン専門会社3社!

①ビジネクスト

1312ce7ddc60de67f61f22dcd48cf0e4
(参照:ビジネクスト

ビジネクストのおすすめポイント
・親会社は消費者金融のアイフルで安心
・100,000口座以上の契約実績
・来店不要で申し込み
・赤字決算でも相談可
・不動産担保ローンなら最大1億円
・業歴1年以上から利用可
・カードローンでATMから借入れできる

ビジネスローン専門会社の中でトップクラスの知名度のビジネクストです。大手消費者金融アイフルの子会社ということもあり、比較的安心して利用できるというのが魅力です。

残念ながら開業資金としては利用できませんが、業歴1年以上で決算書もしくは確定申告書を提出できるのであれば対象となるので、決して利用のハードルは高くありません。

最大1億円が限度額の不動産担保ローンや売掛金を買い取り、支払の期日前に支払うファクタリングサービスなど、ビジネスローン専門会社ならではの豊富なサービスも魅力です。

商品名 対象 対象地域 担保 使途
カードローン 法人・個人事業主 全国 不要 事業性資金
金利(実質年率) 対象業歴 所在地 保証人 提携ATM
8.0%~18.0% 1年以上 東京

京都

不要

(法人の場合は代表者が連帯保証)

セブン銀行

東京スター銀行

アイフル

限度額(最大) 対象年齢 来店 申込み 融資までの時間
1000万円

(新規は500万円)

20歳~69歳 不要 インターネット 数日

(参照:ビジネスローン専門会社が運営するビジネクスト)

②ビジネスパートナー

3d1e29935a90fc1d01c2d5d74c201525
(参照:ビジネスパートナー

ビジネスパートナーのおすすめポイント
・東証一部上場企業の「光通信グループ」で安心
・来店不要で申し込み
・不動産担保ローンなら最大1億円
・豊富なビジネス向け商品を扱う

ビジネスパートナーは、最初の貸金業登録が2002年と、かなり若い業者です。しかし、光通信グループということで、比較的他社より規模は大きく、安心感としてはトップクラスでしょう。

扱う商品としては、
・最大500万円の「スモールビジネスローン」
・最大1億円の「不動産担保ローン」
・物件を分割払いにて購入できる「割賦」
・選択した商品をリースできる「ファイナンスリース」
といった、他社にはない豊富なサービスを提供しているのも魅力です。

欠点としては、融資するまでに郵送のやり取りが1往復半あるので、かなり時間がかかるということと、カードタイプのローンは無いので、利便性ではイマイチといえます。

また、決算書が原則直近2期分必要としているので、業歴が浅い方にはハードルが高いです。

ビジネスパートナー

商品名 対象 対象地域 担保 使途
スモールビジネスローン 法人・個人事業主 全国 不要 事業性資金
金利(実質年率) 対象業歴 所在地 保証人 提携ATM
9.98%〜18.0% 2年以上 東京 原則不要

(法人の場合は代表者が連帯保証)

なし
限度額(最大) 対象年齢 来店 申込み 融資までの時間
500万円 20歳~69歳 原則不要 インターネット

FAX・郵送

1週間以上

③三鷹産業

d6064bde577d8878c62e50e0d9f7af40
(参照:三鷹産業

三鷹産業のおすすめポイント
・昭和45年からの歴史(ビジネスローンは約20年の実績)
・開業資金、業歴の浅い方でも利用可
・来店不要で申し込み
・最短で即日のスピーディーな融資
・不動産担保ローンなら最大1億円

三鷹産業はビジネスローン専門会社の中でも長い歴史と実績を誇る会社です。

関西一円エリアのみが利用対象、カードタイプのローンが無いといった点がやや残念ですが、確定申告していなくても利用可能なので、業歴が浅い方には貴重な存在といえます。

ただし、あまり業歴や実績がない状態だと、担保や保証人を求められる場合もあります。

言い換えれば、ちょっと難しい場合でも、どうにか方法を考えてくれるということです。

調査手数料・保証料・取立料が無料の「手形割引」や売掛債権を担保に借入れができる「売掛債権担保ローン」、最大1億円の「不動産担保ローン」など、サービスが豊富というのも魅力です。

三鷹産業

商品名 対象 対象地域 担保 使途
ビジネスローン 法人・個人事業主 関西一円 審査によっては必要 事業性資金
金利(実質年率) 対象業歴 所在地 保証人 提携ATM
7.0%~18.0% 開業から 大阪 審査によっては必要

(法人の場合は代表者が連帯保証)

なし
限度額(最大) 対象年齢 来店 申込み 融資までの時間
1,000万円 不要 インターネット

電話

最短即日

(参照:関西で地域密着型の柔軟な対応三鷹産業

まとめ

今回、ノンバンク系のビジネスローンを中心に説明をしてきましたが、特徴をまとめると、以下のようになります。

・銀行や公的融資よりも金利が高い(一般の消費者金融カードローンと同じレベル)
・銀行や公的融資よりもスピーディーに借りられる(最短即日)
・銀行や公的融資よりも審査が甘い

金利は貸金業法ギリギリのレベルなので、借入れ方法としては、もっとも負担が大きいものになります。

しかしよりスピーディーで確実に借りられる方法といえるので、平たく言えば「その場しのぎ」には最適といえます。

急に借入れが必要な場合はノンバンク系ビジネスローンで借入れ、その後他の方法で借り換えるということも検討できるでしょう。

いずれにしても、事業者にとって知っておいて損はない存在といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク