20150819-card

「カードローンに申し込んだが審査に落ちてしまった」、「金利などの細かい条件はともかく、確実に借りたい」といった場合には、なるべく審査の甘いカードローンに申し込むべきかもしれません。

各カードローンの審査基準は公表されているわけではないので、どのカードローンの審査が最も甘いというのは断定できるものではありません。
しかし、ある程度の推測は可能です。

スポンサーリンク

どのカードローンの審査が最も甘いのか

個別のカードローンの説明をする前に業種による審査の甘さについて説明します。

概ね審査の甘い順番として以下のようになります。

審査が甘い順番(業種別)

①ヤミ金
②中小の消費者金融
③大手消費者金融
④信販会社
⑤銀行

①ヤミ金

ヤミ金はもちろんATMなどで借り入れできるカードローンではありませんが、一応審査が甘いという点で説明します。

ヤミ金は消費者金融などが貸さないようなブラックリストの人や多重債務者にも融資をします。
しかし、全く審査をせずに誰にでも融資するというわけではありません。

後で回収できるだけの最低限の情報(本人や家族の連絡先、勤務先)や、それなりの収入があるか、過去にヤミ金を踏み倒したことがないか、弁護士を介して法的に逃れようとしないかなどが基準になります。

ヤミ金はそもそも違法行為なので、利用すればトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、絶対に利用すべきではありません。

(参照:要注意!違法なヤミ金業者の存在を知っておこう

②中小の消費者金融

大手消費者金融で借りられなかった場合、次に検討すべきは中小規模の消費者金融です。
カードローンではないので「ATMで借り入れできない」、「追加の借り入れごとに審査がある」といった点が大手との違いになり、利便性はイマイチです。

しかし、金利などの基本的な条件は大手消費者金融とほとんど同じでありながら、審査はより甘いというのが特徴です。
過去のローン利用で事故があったというブラックの方でも現在の返済能力さえ認められれば審査が通りやすい可能性はあります。

中小の消費者金融とヤミ金の区別が難しい場合もあります。中小のなかでもなるべく有名な会社を利用したほうが安全です。

(参照:中小の消費者金融とは

③大手消費者金融

信用情報でブラックという場合は審査通過の可能性が低くはなりますが、フリーターの方や勤続期間が短いといった属性的に自信の無い方でも利用できる可能性は高いのが大手消費者金融です。

信販会社や銀行と違って消費者金融はキャッシング専門の会社です。
多少の貸し倒れのリスクがあっても、できるだけ多くの利用者が欲しいというのが審査の甘さの理由でもあります。

④信販会社

信販会社は銀行ほど審査が厳しくなく、ハードルの高さでは消費者金融に近いものになります。

しかしクレジットカードがメインの商品ということもあるので、消費者金融と比較をすれば審査はやや厳しくなると予想できます。

⑤銀行

銀行のカードローンは他のカードローンに比べて金利が低いので人気があるので、利用者を厳選できるということで審査は最も厳しいものになります。
審査をするのは保証会社である消費者金融や信販会社になりますが、銀行独自の審査基準があると推測できます。

実際、「(三菱東京UFJ銀行などの)大手銀行系カードローンに申し込み、審査に落ちて、その保証会社である消費者金融のカードローンに申し込んで利用できた」という話はよくあります。

しかし、銀行とはいってもカードローンの場合、それほど大きな金額の融資にならないということもあり、銀行で扱う他のローンほどハードルが高いわけでもありません。

「他社で借り入れも無い」、「過去のローン利用で問題が無い」、「同じ会社に何年も勤めている」、「持ち家に住んでいる」といった状況であれば審査通過できる可能性はより高まります。

大手消費者金融で成約率のは?

上記でヤミ金や中小消費者金融にも触れましたが、「カードローン」ということでは大手消費者金融か信販会社か銀行の3択になります。

この中で審査が不安な方は大手消費者金融のカードローンを利用しましょう。
審査が甘いわけではないですが、利用する消費者金融の審査条件をクリアしているのか、しっかりと判断したうえで成約を結んでくれます。
ひとつの目安になるのが新規成約率です。

新規成約率とは

消費者金融系カードローンでは何人が申し込み、何人契約したかの月次データ公表している場合があります。
その数字からおおよその審査のハードルの高さや審査通過率が推測できます。

2015年の4月から6月までの各消費者金融系カードローンの新規成約率を見てみましょう。

消費者金融系カードローンの新規成約率

 消費者金融 2015年
4月(%) 5月(%) 6月(%)
アコム 47.9 49.5 49.2
アイフル 44.5 44.3 44.1
プロミス 42.7 42.1 43.1
ノーローン 18.9(4-6月)
モビット 非公表

アコムが新規成約率ではトップで、49%以上という数字が出ています。
約半数が申し込んで契約までしたということで、さらにそれ以上の方が審査に通過したと考えられます。

以下、アイフル、プロミスが40%台の成約率ですので、申し込み者の半数くらいは審査に通過したと考えられます。

モビットは残念ながら非公表。
ノーローンは成約率18.9%と他の消費者金融と比べるとかなり審査が厳しいと考えられます。

アコム、プロミス、アイフルの大手3つはいずれもテレビコマーシャルで有名タレントを起用し、積極的に利用者を募っています。
そういった意味では同じように積極的な宣伝をしているモビットも新規成約率は非公表ではありますが大きな違いがあるとは考えにくいです。

新規成約率は「審査に落ちやすいような人」が多く申し込めば数字が下がるので、厳密に審査の甘さをあらわす数字ではありません。
しかしアコムやプロミスといった大手消費者金融に申し込みする方の属性に大きな違いがあるとも考えにくいです。

そう考えると、おおむね大手消費者金融は横並び、あえて最も審成約率が高いカードローンはというとアコムということになり、より確実に審査をパスしたいという方におすすめです。

人によっては消費者金融も審査が厳しくなる

どのカードローンの審査が甘いのかについて説明してきましたが、これはケースバイケースで全ての人にとって甘いというわけではありません。

例えば、専業主婦や年金のみが収入という申込者は消費者金融での借入れは難しいので、むしろ銀行系カードローンの方が可能性があります。

(参照:専業主婦でも借りれる?
(参照:年金受給者でも借りれる?

また、消費者金融や信販会社は総量規制の対象なので、すでに年収の3分の1相当の金額を借りている方はそれ以上消費者金融から借りることはできません。
かといってその場合銀行系カードローンの方が希望があるかといえば微妙なところです。
すでに他社で多く借り入れている状態ではどのカードローンの審査も厳しいものになるからです。

(参照:総量規制対象外とは?

まとめ

カードローンは審査の厳しさもさまざまです。最初に申し込む際には通過するか落とされるのか見当もつかないかもしれません。

もし急いでいるという状況であれば、審査のスピードに着目するのもひとつの方法です。申込みから数十分で回答が得られれば、より審査の甘い次のカードローンに申し込むことができるので、時間のロスも最小限に抑えることができます。

(参照:即日融資が可能なカードローン業者の選び方。土日祝も対応)

また、審査の甘いカードローンほど金利の面などの条件で劣る場合が多いというのも注意すべき点といえます。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

スポンサーリンク