7e9af4f2929916f9cb0767e10a9a42aa_s

カードローンの審査では、勤務先情報や住宅状況など、さまざまな申告内容から判断されることになります。

例えば、
・中小企業の社員より大企業の社員
・低収入より高収入
・賃貸より持ち家

こういった属性のほうが審査で有利になりますが、現実的にカードローンの申し込みのために大企業に転職というわけにもいきません。

今回は、カードローンの審査を通過しやすくするために、比較的誰でも実践できそうなコツをまとめました。

(参照:カードローン審査の主な内容とその仕組みについて

スポンサーリンク

銀行系より消費者金融系に申し込む

「銀行系カードローン」と「消費者金融系カードローン」は、どちらも同じようにテレビコマーシャルで宣伝しています。

コマーシャルで審査についての説明はありませんが、基本的には消費者金融系カードローンのほうが審査のハードルは低いといえます。

そうでなければ、わざわざ金利が高めの消費者金融系カードローンを利用するメリットは少なくなります。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

銀行系は3つの信用情報機関をチェックする

カードローンの審査では、申込み者が、「ほかの金融会社からも借金しているか」、「ローンやクレジットカードの支払いなど毎月きちんと行っているか」などを信用情報機関で確認します。

国内の信用情報機関

・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

現在国内には3つの信用情報機関があります。
そして、各金融会社は3つのうちのどれかに加盟しています。
3つ全て加盟しているわけではありません。

例えば、消費者金融のアコムの場合、上記3つの内、JICCCICに加盟しています。
アコムに申し込めば、2つの信用情報機関でチェックされます。

三菱東京UFJ銀行の場合はKSCのみに加盟しています。

そうであれば、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」ならKSCのみのチェックで済みそうですが、バンクイックの場合、実際に審査をする保証会社はアコムになっています。

つまり、バンクイックの場合、実質的にKSC、JICC、CICの3つの信用情報機関に加盟しているような状況になり、消費者金融に比べて多くの情報をチェックされるということです。

以下の画像はバンクイックのホームページからの抜粋ですが、○印が加盟している信用情報機関です。

銀行(三菱東京UFJ銀行)と保証会社(消費者金融アコム)を合わせて3つ全ての信用情報機関を網羅していることがわかります。

kozinnsinnyoukinyu
(参照:三菱東京UFJ銀行

バンクイックに限らず、どの銀行系カードローンも消費者金融や信販会社が保証会社になっているので、同じような状況になります。

消費者金融系カードローンなら、KSCに記録されている問題を見過ごされる可能性があるということです。

そういったことからも消費者金融系カードローンのほうが審査は緩いといえるのです。

しかし、任意整理などの債務整理や長期の延滞などの「ブラック」な状態であれば、CRIN (信用情報交流ネットワーク)を通じて3つの信用情報機関で情報が共有されるので、見過ごされることはありません。

もちろん、信用情報機関のチェックは、今まできちんとローンを利用してきた人は心配する必要のないことです。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

申し込む時は1社ずつ

ついついやってしまいそうなのが、複数のカードローンに同時に申し込んでしまうということです。

一昔前であれば「消費者金融の店舗に行って申し込みをして、借りられなければ次の会社」という流れだったでしょう。

しかし、今では自宅にいながらインターネットでサクッと申し込めてしまいます。

インターネットから申し込んだ後は審査の連絡を待つことになります。
「最短30分」と説明では書かれていますが、実際には数時間以上、場合によっては数日待つことになります。

これは、「借りたい」という気持ちが大きければ大きいほど、不安が募る時間になります。

「一応、念のためにもう1社申し込んでおくか…」と思うかもしれません。

申し込み状況も信用情報機関でチェックされる

しかし、2社に一度に申し込みをすると、A社からすれば「ん?この人はB社にも申し込みをしている…」、B社からすると「この人はA社にも申し込みをしているな…」となります。

これは、申し込みをしたということが信用情報機関に記録されてしまうからです。そのため、別の会社同士で情報を確認し合えるということなのです。

なぜ「申し込みブラック」になると審査が厳しくなる?

信用情報機関の記録上で、複数のカードローン申し込みが確認されれば「申し込みブラック」と呼ばれる状況になります。

申し込みブラックになると、過去のローン利用実績が良好であっても審査に落ちてしまう原因になります。

申し込みブラックが審査落ちになる理由の1つとしては、複数のカードローンに申し込むと「よほどお金に困っているのか?」と思われるからです。

個人レベルで想像すればわかりやすいでしょう。

例えば、ある友人から「A君、最近いろんな人からおカネを借りまくってるらしいよ」と聞いたとします。
その後、A君があなたに「ちょっとおカネを貸してくれないかな?」と言ってきたら「ヤバいな」と思うでしょう。

カードローンも同じということです。
今までの実績から得たノウハウから、そういう申込み者を「否決」にしているのです。

(参照:ブラックって何?意外な理由にも要注意

総量規制の問題も

特に消費者金融や信販会社のカードローンは、年収の3分の1までしか融資できない「総量規制」の対象になります。

複数のカードローンを同時に申し込んでいる人に、自社の審査を通過させて、もし他社の審査も通過してしまったら、どうなるでしょうか。

カードローンA社からすればカードローンB社が審査に通すのか、またどのくらいの金額を限度額にするかというところまではこの時点ではわかりません。

もしこの申込み者が2社合わせて年収の3分の1以上借りてしまったらカードローン側が罰則を受けることになります。

そういったことからも複数のカードローンに申し込んでいる人には審査でOKを出せないのです。

(参照:総量規制対象外とは

申し込みブラックにならないためには

では、申し込みブラックにならないためにはどうすればよいのでしょうか?
その注意すべき点は以下になります。

①審査落ちするまで、ほかのカードローンに申し込まない
複数のカードローンに同時に申し込むと、普通に審査通過していたものまで審査落ちになってしまう可能性があります。

2社目を申し込むにしても、1社目がダメだったことを確認してからにしましょう。

②1か月の間の申し込みは2社まで、多くて3社にする。
信用情報機関の申し込み情報は6か月間残りますが、1か月の間に2~3社くらいまでなら申し込みブラックとはみなされない可能性があります。

例えば、最初に銀行系カードローンに申し込んで審査に落ちたということであれば、その後は審査の甘い消費者金融系カードローンに申し込みます。

運悪くその消費者金融系カードローンの審査も落ちてしまったら、なるべく1か月以上期間を空けた上で、別の消費者金融系カードローンに申し込むということです。

複数の借入れがある場合はなるべくまとめる

申し込みブラックは複数のカードローンに申し込むと審査で不利になりますが、当然複数の会社からすでに借入れをしているという状況も審査で不利になります。

例えば、消費者金融2社からすでにキャッシングをしていて、「金利の低めな銀行系カードローンに乗り換えたい」と思ったとします。

可能であれば、消費者金融2社を1社にまとめてから申し込んだほうが審査で有利になります。

「まとめる」ってなに?

例えば利用限度額60万円のカードローン2社から30万円ずつ借りているとします。
一方を完済して1社で60万円借りているという状況にします。
これを「まとめる」といいます。

カードローンの審査は借り入れ総額も影響しますが、件数自体が多ければその時点で自動的にアウトとなることもあります。
もし、すでに3~4社から借り入れている状況であれば審査のハードルは高くなります。

4社なら3社に、3社なら2社に、と可能な限り件数を減らすということが重要です。

(参照:おまとめローンとは

利用していないクレジットカードはなるべく解約する

総量規制というのは「年収の3分の1までしか融資できない」というものです。
しかし、例えばクレジットカードを持っていてキャッシング枠があっても利用していなければカウントされません。

信用情報には持っているクレジットカードとその利用枠も記載されています。

keiyakunaiyou
(参照:CIC

上の画像はCICの信用情報の一部です。
キャッシング枠20万円(ショッピング枠合計50万円)のクレジットカードを持っているということがわかります。

実際に利用していなくても、「いざとなれば利用できる」ものとして認識されるので、審査で悪影響になる可能性もあります。

全く利用していないようなクレジットカードがあれば解約したほうがいいでしょう。

(参照:すでに持っているカードの総量規制と審査への影響

利用実績はあったほうがよい

クレジットカードもカードローンも分割払いも何も利用したことがないという人は審査で不利になります。

カードローンの審査では信用情報機関で申込み者のローン実績をチェックします。
その際に「この人は毎月きちんと支払いをしてきたな」と思われるのが理想です。

だから、「信用情報がまっさら」というのはむしろマイナスポイントになってしまうのです。

それどころか最悪「過去に金融事故を起こして、しばらくローンが利用できなかったのかな?」とカードローン会社に思われてしまいます。

勤務先が店舗なら法人名を申告

例えば、飲食業や水商売にお勤めの人の場合、運営元が法人であれば「株式会社○○」で申し込んだほうがよいでしょう。

これは単に店名だけを申告するよりも信用度がアップするためです。

在籍確認の注意点

ただし、勤務先の電話番号は実際に勤務している店舗の電話番号を申告します。

運営本社の電話番号で申し込むと、在籍確認の電話をされた時に「Aさんはいらっしゃいますか?」→「そんな人はウチにいないよ」と言われてしまう可能性があります。
その時点で審査はアウトです。

しかし、そうなると、申告では「株式会社○○」なのに、実際カードローン担当者が勤務先に電話をかけると「もしもし、居酒屋△△です」と申告内容になかった店舗名で電話に出ることになり、つじつまが合わなくなります。

この状況は大丈夫なのでしょうか?

結論からいうと、店舗名で電話に出ても、「Aさんはいらっしゃいますか?」の後に、ちゃんと取り次いでくれれば問題ありません。

もし、ちょっと心配な場合は申し込みの際に、

勤務先名:「株式会社○○ 居酒屋△△」

と、店舗名まで入力すれば大丈夫です。

(参照:在籍の電話確認ができないとカードローンやキャッシングは契約できない?

審査が通りやすい時期ってあるの?

カードローンも一般企業と同じ営利目的の会社です。

目標とする売り上げやノルマなどがあるでしょう。
また、1年の中で忙しい時期や、もっと業績を伸ばしたい時期など、時期によって波があるでしょう。

こうした事情から、タイミングによっては審査基準が変わるという説もあります。

例えば、

・決算前の3月と四半期決算前の12月なら、新規利用者の獲得に積極的→審査が甘くなる。
・年末年始やゴールデンウィーク、お盆といった繁忙期なら多くの利用者が来る→利用者を厳選できるので審査が厳しくなる。
・月末や週末は目標ノルマ達成する必要がある→審査が甘くなる

などです。

(参照:土日祝やお盆、年末年始も借りれる?即日融資できるカードローン

時期を気にする必要はない

カードローン会社の内部事情なので、なんともいえませんが、そういったことがないともいい切れません。

審査の大部分はコンピューターでのスコアリングが占めます。
混雑している営業日なら審査回答に時間がかかるということはあるでしょう。
しかし、審査基準が変わるということはちょっと考えにくいです。

決算前で新規利用者数をもっと伸ばしたいために、審査基準を人為的に甘くするということは考えられなくもありません。

いずれにしても問題は、申込み者がそういった時期をわざわざ狙うほどの意味があるのか…ということです。

同じ審査落ちなら早いほうがよい

カードローンを申し込む人の多くは、できればすぐに借りたいというのが本音ではないでしょうか?
少なくとも数か月も待てる人はいないでしょう。

「決算期前なら審査が甘くなる」という意見もありますが、もし業績が絶好調で審査基準を変えるまでもないという状況ならどうなるでしょうか?

申込み者にとって最悪なのは、タイミングを合わせるために申し込みを待った挙句に審査落ちするという事態です。

申し込みのタイミングを合わせて審査可決を狙うのは、時間のムダに終わる可能性もあります。

借りたいと思った時に申し込んだ方が結果的にベストということです。

(参照:なぜ落ちる?キャッシングの審査落ちする人としない人の違い

まとめ

属性や他社からの借入れ状況、過去のクレジットカード利用など総体的に問題がない人は今回説明したようなことを気にする必要はありません。

カードローンの審査は「スコアリング」という点数によって合否が決定します。

審査の合否が微妙なラインにある人は、たった1点の違いで審査が見送りになることもあります。

職業や住まいなどの自分の属性はそう簡単に変えられません。
しかし、審査の仕組みを理解すれば、ちょっとでもマイナスポイントを減らして審査可決を狙う方法はあるのです。

(参照:カードローン審査に落ちる5つの理由とその対処法

スポンサーリンク