記事入れ66
「地域に根付いて創業30年」という言葉がホームページトップにあるように、地域密着型から全国展開に発展した歴史ある消費者金融の「ライオンズリース」です。

小額融資になる場合も多いようですが、審査の甘さでおすすめの消費者金融です。

インターネット上の口コミではその「対応」の面では若干ばらつきがありますが、概ね「他でダメだったが借りることができた」、「スピーディーに対応してくれた」という内容が多いので、他社ですでに借り入れがある人や事故歴がある人、また債務整理中の人でも申し込んでみる価値のある消費者金融といえます。

スポンサーリンク

「ライオンズリース」利用方法

http://www.lionslease.co.jp/

「ライオンズリース」申し込み条件

申し込み条件に関して年齢や職種など細かい規定を明示していません。

しかし、20歳以上で安定した仕事についているということは最低限の条件にはなるでしょう。

以前は中京地区限定で利用者を募っていましたが、近年は全国から利用可能としています。

収入証明書は50万円以上の利用の場合(他社合算100万円以上)に必要になります。

直近2ヶ月分の給与明細書と1年分の賞与明細などが必要になります。

「ライオンズリース」申し込み方法

申し込みはパソコンまたは携帯電話を使用してインターネット経由での方法と、店舗窓口で直接という方法も可能です。

インターネットの場合は必要事項記入、送信後にライオンズリーフから電話がかかってきていろいろ訊かれるという流れになります。

割と細かいことまで訊かれるという情報もあるので、それなりに時間を作る必要があります。その後審査結果のお知らせがあり、本人確認書などのFAX送信をして振り込み融資という流れになります。

契約書類がその後送られてきますが、融資だけ先にしてくれるというかたちです。

スピードには定評があるので、金額はともかく、急いでいるという人にはおすすめです。

利業時間は月曜から金曜が9:00~18:00、土曜9:00~14:00、日祝と第2土曜が休業です。

「ライオンズリース」借り入れ方法

追加での融資を希望の場合は、ホームページトップの「追加融資・再融資お申し込み」から申し込みをします。

そういったリンクがあること自体が、追加融資を実際に行えるということが分かります。

再度簡単な審査が行われますが、実際最初の借り入れ総額の半分くらいまでの返済実績があれば追加の借り入れができるケースが多いようです。

「ライオンズリース」返済方法

返済はライオンズリース指定口座への振り込み、または店舗への持参という方法になります。

また、返済日は「35日サイクル」という一ヶ月と数日の周期で返済する方法と、「約定日制」という、毎月一回決まった日(使用者の希望日)に返済をするという2種類の方法があります。

返済方法は「元利均等方式」になります。

「返済が遅れそうな場合」は早めに連絡をすれば、返済日や金額などを可能な限りで相談するとしています。

延滞を前提に利用することはおすすめしませんが、万が一の場合はそれなりに融通が利く場合もあるということです。

「ライオンズリース」の金利、利用限度額

利用可能額は1万円から最大300万円としていますが、最初の融資は10万円以下になるというケースが多いようで、「小額だが、審査甘くスピーディー」というのが特徴です。

金利は年9.80%~20.0%としています。

内約は10万円未満で年率20.0%、10万円~100万円未満で18.0%、100万円以上で15.0%としています。

金利の面では特にメリットが無いといっていいでしょう。

「ライオンズリース」まとめ

スペック的には中小の消費者金融としては平均的といえます。

契約書類のやり取りを後回しにしてFAXの利用で即日、または翌営業日には借り入れができるという流れはひとつのメリットとはいえます。

しかし、最大のポイントはやはり「他の中小の消費者金融が利用できなかった人でも利用できる可能性がある」ということでしょう。

金額の大きさはあまり期待できませんが、ある程度のまとまった金額が必要な場合、こういった「小額融資だが審査が甘い」という消費者金融を複数社利用するという方法も考えられます。

そういった場合の選択肢としてもライオンズリースはおすすめといえます。

スポンサーリンク