記事入れ60
「キャレント」は東京は五反田を拠点にした中小の消費者金融です。

最大500万円まで利用可、三菱東京UFJ銀行であれば口座自動引き落としの返済方法もあるという中小の消費者金融の中では大手のサービスに近い運営スタイルなのが特徴です。

しかし、ATMでカードが利用できるなどのサービスまではないので、基本的な利用方法や条件は他の中小の消費者金融と同様といえます。

スポンサーリンク

キャレント」申し込み条件

年齢は20歳から65歳までで、メールアドレスが必要とのことです。

特に職業などに関する条件は明示していません。

申し込みはネットからのみになるので全国にお住まいの方が対象になります。

「キャレント」申し込み方法

パソコン、または携帯電話から「キャレント」のホームページに行き、申し込みフォームに必要事項を入力します。

メールまたは電話で審査の結果がでますので、14時までであればその日のうちに振込みにて融資をしてくれます。

また、平日の18:00までに申し込みが終了していればその日のうちに審査結果がでるので、翌営業日に振り込み融資をしてくれます。

概ねシンプルでスピーディーな対応といえるでしょう。

「キャレント」借り入れ方法

追加で融資を受ける際には再度の申し込みをインターネットから行う必要があります。

「キャレント」ホームページでは「インターネット専用キャッシング」ちょっと特別な感じで謳っていますが、内容的には他の中小の消費者金融と同じで極めて普通です。

インターネットから申し込んで、審査の後に銀行口座に振り込まれるという流れになります。

「キャレント」返済方法

返済はキャレントの指定口座に振り込み、または三菱東京UFJ銀行であれば自動で口座から引き落としてくれます。

これは中小の消費者金融としてはかなり珍しい部類になります。

返済方式は「元金均等返済方式」という方式で、大手の消費者金融でよくある返済額がスライドして徐々に低い金額になっていくというものではなく、最初の返済から追加が無ければ完済まで一定の金額を返済し続けるというものになります。

返済約定日は利用者側が自由に決めることができます。

また、期日の10日前から返済をすることが可能です。

「キャレント」の金利、利用限度額

利用限度額は1万円から最大500万円と、大手消費者金融並の設定をしています。

中小の消費者金融としてはトップクラスといえます。

金利は年7.8%~18.0%と最大金利は一般消費者金融レベルですが、最低金利は大手の消費者金融と比べてもちょっと高いかんじがします。

ちなみに「アコム」は利用限度額が最大800万円で、最低金利が年3.0%です。

しかし、現実的に800万円をこういった中小の消費者金融から借り入れるということは現実的にそう多くはないと考えられます。

ほとんどの利用者が100万円未満なのではないでしょうか。

「キャレント」まとめ

ブラックでも可能性があるということで知られているキャレントではありますが、インターネット上でそれほど口コミは多くありません。

特に悪い評判もありませんが、真偽は不明ですが中には関連会社に紹介され、別の大手消費者金融を紹介されたという書き込みもありましたので、一応の注意は必要かもしれません。

しかし、実際に融資をしてくれれば特別なデメリットも無いので、他の中小の消費者金融と同様に利用価値はあります。

特に融資の金額の上限が高いというのは魅力です。

スポンサーリンク