記事入れ59
中小消費者金融の関東信販を他のキャッシングと比べながら特徴を解説していきます!

スポンサーリンク

関東信販の特長

①10万円以下なら超低金利!
②10万円以上でも大手より低金利
③教育ローンはさらに低金利
④創業昭和58年。歴史と実績がある

kanntou
(参照:関東信販

 

種類 総量規制 土日祝の審査 専業主婦 ATM
中小消費者金融 対象 不可 不可 なし
金利(実質年率) 申し込み対象 即日借入れ 年金受給者 無利息期間
7.0%~16.98% 20歳~59歳 なし
限度額(最大) 申込み時来店 在籍確認 アルバイト 借入れ方法
99万円 不要・全国可 不可 振込み

①10万円以下なら超低金利!

関東信販では、通常のキャッシングを「フリーローン」とし、それとは別に「小額ローン」「教育ローン」という計3つのローン商品を扱っています。

金利7.0%で借りれる「小額ローン」

「小額ローン」は最大10万円になりますが、金利は破格の7.0%という商品です。

関東信販「小額ローン」利用条件

金利 返済方式
7.0% 元利定額リボルビング
最大限度額 返済期間
10万 最長12ヶ月

関東信販の通常のキャッシング「フリーローン」の金利は16.98%なので、ほぼマイナス10%されるような状態です。

一般的にキャッシングというのは、利用限度額が低くなるほど金利は高くなるものなので、関東信販の小額ローンは消費者金融全体としても珍しいです。

では、金利が低いと言われている銀行系カードローンの金利と比較してみましょう。

種別 名称 金利
消費者金融 関東信販「小額ローン」 7.0%
銀行 住信SBIネット銀行Mr.カードローン

(プレミアムコース)

2.49%~7.99%
銀行 イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8%
銀行 みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0%
銀行 三井住友カードローン 4.0%~14.5%
銀行 楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5%
銀行 三菱東京UFJ銀行バンクイック 4.6%~14.6%

銀行系カードローンで限度額が10万円ということであれば、ほぼ間違いなく最高金利が適用されます。

銀行系カードローンのなかでも住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)の金利の低さが顕著ですが、最高金利で比較すると、関東信販はそれよりも低金利です。

また、他の消費者金融なら金利は18%くらいになるので、関東信販はそれより10%以上も低金利ということになります。

小額ローンに欠点があるとすれば、返済期間が最高12か月と、非常に短いという点です。

1年以内に完済することになるので、例えば10万円借りた場合、月々の最少返済額は8,650円とやや高めになります。

金利16.98%の「フリーローン」であれば、返済期間は最高60か月になるので、10万円借りた場合、月々の最少返済額は2,480円。細く長く返済するということが可能です。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

②10万円以上でも大手より低金利

「小額ローン」ではない通常のキャッシングである「フリーローン」の金利は16.98%です。

大手消費者金融系カードローンと金利の比較をしてみましょう。

種別 名称 金利
消費者金融 関東信販「フリーローン」 16.98%
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8%
消費者金融 アコム 3.0%~18.0%
消費者金融 アイフル 4.5%~18.0%
消費者金融 モビット 4.8%~18.0%

大手消費者金融系カードローンでは、利用限度額が500万円といった高額になれば、金利が4%台になる可能性もあります。

関東信販は最大でも99万円までです。

100万円未満の限度額なら大手消費者金融でも最高金利である18.0%(プロミスは17.8%)が適用される可能性が高いです。

それは貸金業法で100万円未満の融資なら最高18%で貸付できると決められているからです。

関東信販は大手消費者金融と比べて約1%低い金利で利用できる可能性が高いということです。

(参照:借入れしたら利息はいくら?金利と返済額で利息の総額は決まる

③教育ローンはさらに低金利

学費の支払い目的で借り入れしたいという場合、奨学金や銀行の教育ローンがベストではありますが、利用条件や審査の関係で利用できない場合も多いです。

そういったことから、学費の支払いの一部に消費者金融を利用するというケースも現実的にはあります。しかし、やはり銀行などと比べると消費者金融は金利が高いです。

関東信販では、「教育ローン」という商品を扱っています。

関東信販「教育ローン」利用条件

金利 返済方式
13.98% 元利定額リボルビング
最大限度額 返済期間
30万~200万円 最長60ヶ月

金利は通常のキャッシング「フリーローン」(16.98%)より低金利の13.98%です。また限度額も最大200万円と、より高額な借入れができる可能性があります(「フリーローン」は最大99万円)。

学費利用目的の方には貴重な存在といえるでしょう。

(参照:奨学金かローンか選択肢が豊富な「教育ローン」

④創業昭和58年。歴史と実績がある

logosinnpann
(参照: 関東信販

関東信販は創業から30年以上経過しています。表記している貸金業者の登録番号も確認しましたが、間違いありませんでした。

あまり有名な会社ではありませんが、闇金ではありません。サイトの雰囲気もかなり真面目な印象です。

電話でいろいろ質問した時の対応も非常に丁寧で好印象でした。

(参照:信頼できる中小の消費者金融とは

関東信販のデメリット

上記までは関東信販のメリットになりますが、デメリットは以下の点になるでしょう。

①アルバイトや自営業の方は利用できない
②営業時間が短い

①アルバイトや自営業の方は利用できない

関東信販では、20歳以上であればアルバイトの方でも利用できるかどうか、実際に問い合わせてみました。残念ながら基本的に正社員が対象ということです。

本人確認書として社会保険証が必須になります。国民健康保険の方は対象外です。自営業の方も利用は厳しいでしょう。

専業主婦や年金のみが収入の方も利用できません。

教育ローンもありますが、学生本人が利用するのではなく親が利用することになります。

学生本人が借りたいという場合なら、別の学生ローンやカードローン会社なら利用できる可能性があります。

(参照:アルバイト・派遣社員・フリーターでも借りれる?
(参照:学生が一般のカードローンを選ぶケース
(参照:学生ローンとは

②営業時間が短い

関東信販の営業時間はAM8:00~PM3:00 (休業日:土・日・祝日) と、ほかの消費者金融他と比べて短いです。

銀行の振り込みの反映時間を踏まえれば、どのみち午後3時以降は即日に借りることができません。しかし、夕方に申し込んで翌朝一番に振り込みといったことができないのはデメリットといえます。

例えば、金曜の夕方にピンチになっても、申込み手続きが月曜になってしまうということです。

(参照:土日に即日融資可能なキャッシングサービス

関東信販の審査は甘い?

「大手よりも審査が甘い」というのが、中小消費者金融の特長ですが、関東信販はどうでしょうか。

まず、関東信販の申込み時に必要な書類を見てみましょう。

・免許証等の本人確認書
・社会保険証(国民健康保険は不可)
・源泉徴収票(または給与明細2ヶ月以上などの収入を証明できる書類)

の3点になります。

大手の消費者金融や銀行なら本人確認書だけで済むので、やや厳しいです。年収の額や債務整理など金融事故歴などはともかく、現在安定した収入があるということが重視されるということでしょう。

また、関東信販は以前は会社のある埼玉県近郊の地域限定で融資をしていましたが、現在はインターネット申込みで全国対応になりました。

対象範囲が広がれば、必然的に審査は厳しい傾向になるでしょう。

総体的に判断して「ブラックの方にもおすすめ」というほど審査は甘くなさそうですが、親身になって対応してくれると評判の関東信販です。

審査にあまり自信がないようなら、とりあえず申込み前に相談してみるのもおすすめです。

(参照:ブラックって何?意外な理由にも要注意
(参照:審査の主な内容と仕組み

関東信販その他の情報

返済について

返済方式

元利定額リボルビング方式

最後に借りた額に応じて、最少返済額が決まるというものです。追加で借り入れしない限り完済まで毎月同じ額を返済します。

関東信販の「フリーローン」の場合の最少返済額を大手消費者金融のアイフル、モビットと比較してみましょう。

最少返済額

最少返済額
借入額 関東信販 アイフル・モビット
10万円 2,480円 4,000円
20万円 4,960円 8,000円
30万円 7,450円 11,000円
40万円 9,930円 11,000円
50万円 12,420円 13,000円

関東信販の方が月々の負担はやや少なくて済みます。しかし、月々の返済額が少なければトータルの利息負担はより大きくなります。

関東信販も他の消費者金融同様、最少返済額以上返済する繰り上げ返済が可能です。月々の返済を多めにすれば、トータルの利息を減らすことができます。

(参照:リボルビング払いとは
(参照:繰り上げ返済のメリット

まとめ

大手の消費者金融よりも低金利、そして親身な対応が期待できるのが関東信販です。

ATMからカードで気軽に追加で借入れるような利便性はありませんが、「ついついお金を借りすぎてしまう」という方には、向いていると考えることもできます。

総合的に安心して利用できる消費者金融といえるでしょう。

スポンサーリンク