記事入れ33

学生ローンの「カレッヂ」について説明します。

「他の学生ローンとどんな点が違うのか」、「どういった特長があるのか」といった点を見ていきましょう。

(参照:学生ローンとは

スポンサーリンク

カレッヂを利用できる方

18歳位上で、原則的にアルバイトなどで収入がある以下の方が対象です。

大学生
大学院生
短大生
専門学校生
予備校生
社会人(新規申込みは不可)

karedtiizo
(参照: カレッヂ

種類 総量規制 親権者の同意 借入れ方法 社会人利用
学生ローン 対象 不要 来店・ATM・振込み 可(学生時に契約)
金利(実質年率) 申し込み対象 来店 即日借入れ ATM
15.0%~17.0% 18歳以上の学生 不要 あり
限度額(最大) 在籍確認 担保・保証人 返済方式 キャンペーン等
50万円 なし 不要 元金自由返済 金利引き下げ

 

カレッヂの特長

①18歳から申込み対象
②自社ATMがある
③1977年から営業の老舗
④友達紹介or利用実績で金利が下がる

①18歳から申込み対象

「学生ローン」とはいっても申込み対象として「20歳以上」としている場合が多いです。

カレッヂは10万円までにはなりますが、18歳や19歳の方でも利用できます。

また、学生のうちに契約をすれば、卒業して社会人になったあとも利用できます。

(参照:未成年がお金に困った場合どうすればいい?

親に内緒で借りれる?

未成年でもクレジットカードなど金融機関の利用ができる場合もありますが、多くの場合、親権者の同意が必要になります。学生ローンでも同様です。

カレッヂは原則的に親権者の同意は不要です。その代わり、未成年は10万円までという上限を設けています。少額であれば、親にナイショで借金できるということです。

(参照:学生でキャッシングしたら親バレする?

②自社ATMがある

ATMがある学生ローンはかなり珍しいです。

だたし、コンビニや銀行などと提携していないので、あくまでも店舗に設置してあるATMのみが利用できます。

ATMでは借入れや返済、残高照会が可能です。

カレッヂATM営業時間

終日:7:00~23:00

③1977年から営業の老舗

テレビや映画、もしくはニュースなどで「闇金」の存在を知っている方であれば、聞いたこともない金融会社からお金を借りるというのは躊躇するかもしれません。

カレッヂはアコムやアイフルといった大手のようにテレビでコマーシャルを放映しているわけではないので、知名度それほど高くはありません。

しかし、40年近く営業している実績があります。法を順守して営業してきたという証拠でもあり、多くの学生が実際に利用してきました。

中小の金融会社の場合、信頼できるかどうかの基準として営業年数は重要です。

(参照:信頼できる中小の消費者金融とは

カレッヂのデメリット

カレッヂは40年近く営業している老舗ということで、安心感があり、更に学生ローンでは希少なATMまであるということで、学生ローンの中でも総合的な評価は高いといえます。

あえてカレッヂのデメリットをあげるとすれば、他社よりキャンペーン内容が劣るということでしょうか。

キャンペーンでは他社の方がお得?

カレッヂの場合、利用実績や友達紹介で会員ランクが上がり、最初17%だった金利が最低15%まで下がります。

友達1人紹介するとゴールド会員:金利16%
友達2人紹介するとダイヤ会員:金利15%

また、半年以上延滞なく利用することでもランクアップします。

kannsyawokomete
(参照:カレッヂ

しかし、友達紹介でもっと金利が下がったり、契約するだけでプレゼントを貰える学生ローンもあります。

他の学生ローンと比較してみましょう。

マルイ 友達紹介①=1人で金利1.2%引き(15人紹介で金利0)

友達紹介②=千円~5千円分のQUOカード進呈

フレンド田 新規契約(10万円以上、来店)=QUOカード、またはマックカード500円分進呈

友達紹介=千円~5千円進呈

アイシーローン 新規契約=30日間無利息

友達紹介(学生)=1人で金利1.0%引き(20人紹介で金利0)

カレッヂ 友達紹介、取引実績によって金利引き下げ(下限15%)

 

マルイやアイシーローンでは友達を紹介すればするほど、下限なく金利が下がり、最低で0%にすることができます。

フレンド田は友達を紹介し、借入金額に応じてキャッシュバックされます。とくに紹介人数の上限はありません。

カレッヂの場合、金利が15%より下がることはありません。友達3人以上紹介してもメリットがないということです。

友達を多く紹介し、お得に利用しようと思っている方にはカレッヂはイマイチということです。

ただし、利用実績で金利を下げるとしている学生ローンはあまりありません。友達紹介以外で金利を下げたいのであれば、むしろカレッヂのほうが有利になる可能性があります。

(参照:学生ローンを徹底比較!

一般向けのカードローンとどう違う?

カレッヂとテレビコマーシャルなどでお馴染みの一般向けカードローンと比較をしてみましょう。

比較ポイント

①金利
②返済方式
③申込み

①金利

学生ローン 一般向けカードローン
消費者金融 銀行
カレッヂ アイフル バンクイック
金利 15.0%~17.0% 4.5%~18.0% 4.6%~14.6%

 

一般向けカードローン代表ということで、消費者金融のアイフルと、銀行系カードローンの三菱東京UFJ銀行バンクイックを金利の比較対象としました。

一般向けカードローンが最低金利4%台に対してカレッヂは15%なので、「やっぱり大手カードローンは金利が低い」と思うかもしれませんが、そうではありません。

アイフルやバンクイックは最大で500万円まで融資します。カレッヂは50万円です。

同じ50万円という限度額であれば、基本的に3社とも最高金利が適用される可能性が高いです。

バンクイック(14.6%)<カレッヂ(17.0%)<アイフル(18.0%)で、金利の低い順番になります。

カレッヂはアイフルなどの大手消費者金融より低金利と考えてよいでしょう。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

②返済方式

学生ローン 一般向けカードローン
消費者金融 銀行
カレッヂ アイフル バンクイック
返済方式 元金自由返済 残高スライド元利定額リボルビング方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
最少返済額(借入残高10万円の場合) 1,416円 4,000円 2,000円

※利用条件によって最少返済額は異なります。

カレッヂは元金自由返済、アイフルとバンクイックは残高スライド元利定額リボルビング方式です。

違いとしては、

元金自由返済:最少返済額=利息のみ
残高スライド元利定額リボルビング方式:最少返済額=利息+元金の一部

なるべく月々の返済額が少なくて済む方がいいという方にはカレッヂの元金自由返済の方がおすすめです。

ただし、利息の総額は元金自由返済の方が大きくなる可能性があるので注意が必要です。

毎月できるだけ多く返した方が利息の総額を抑えることができます。

(参照:利息をグッと抑えて返すための返済方式の選び方

③申込み

学生ローン 一般向けカードローン
消費者金融 銀行
カレッヂ アイフル バンクイック
在籍確認 なし あり あり
信用情報機関の確認 あり あり あり
親権者の同意 不要 不要 学生の場合必要
収入 相談可 安定した収入 学生の場合不要

学生ローンは在籍確認がない

勤務先への在籍確認がないというのが学生ローンの特徴といえます。これはカレッヂに限らず他の学生ローンも概ね同様です。バイト先または実家に勝手に連絡されることはありません。

(参照:勤務先に在籍確認の電話ってくる?

親権者の同意は基本的には不要

バンクイックはカードローンの中でもちょっと特殊で、アルバイトをしていない学生(20歳以上)でも利用できます。ただし学生の場合、上限は10万円、さらに必ず親権者の同意が必要になります。

カレッヂも10万円までの利用になりますが、親権者の同意は不要です。また、一般的なカードローンも親権者の同意は不要です。

アルバイト状況は相談可

一時的にアルバイトをしていないという場合、カレッヂなら相談可能です。一般的なカードローンでは安定して収入がないと審査は厳しいです。

全くアルバイトをしていないということであれば、バンクイックの方が利用できる可能性があります(親権者の同意が必要)。

(参照:総合評価で選ぶなら三菱東京UFJ銀行「バンクイック」

カレッヂで即日に借りる方法

来店なら平日10:00~18:00、第一、第三土曜10:00~14:00の営業時間内で手渡しで即日のキャッシングが可能です。

遠方の方の場合、口座振り込みでの融資もしてくれます。急いでいるならインターネット申込みより、電話をした方が確実です。

平日の14:20までに申込手続きを完了できれば即日に入金反映されます。

なお、振り込みでの融資の場合、後から契約書が郵送されます。希望すれば個人名でも送ってくれるので、家族にバレたくないということでしたら、個人名でお願いした方がよいでしょう。

必要な書類

来店の場合:学生証、免許証または保険証
振り込みの場合:学生証、免許証、保険証のいずれか、またはパスポート+住民票。銀行のキャッシュカード、公共料金の領収書または請求書

(参照:即日融資が可能なカードローン業者の選び方。土日祝も対応)

カレッヂまとめ

ATMが利用できるなど、一般向けカードローンに近いサービスを目指しているカレッヂですが、金利や返済方式など、学生ローンならではの良さはそのままです。

未成年の方でも利用でき、なおかつ親権者の同意が不要というのは学生ローンの中でも貴重な存在といえます。特に18歳~19歳の方にはおすすめの学生ローンといえるでしょう。

スポンサーリンク