記事入れ27

キャッシングには審査があるので、年収や勤続年数などが利用する上で重要になってきます。

そういう意味で学生はサラリーマンなどに比べれば不利な状況です。

しかし、学生の方専門のキャッシングを運営している会社もあります。それが学生ローンです。

(参照:審査の主な内容と仕組み

スポンサーリンク

学生ローンは学生ならだれでも借りられる?

各学生ローンの規定によりますが、基本的にはアルバイトをしている20歳以上の学生(18歳以上の場合も)が対象になります。

主に対象となるのは、
・大学生
・大学院生
・短大生
・専門学生
などの方です。

また、卒業して社会人になった後でも利用できる学生ローンも多いですし、中には社会人でも新規の申し込み対象としている学生ローンもあります。

いずれにしても審査があるので、「申し込めば必ず借りられる」というものではありません。

連帯保証人や担保といったものは基本的に不要です。「親権者の承諾が必要」ということでなければ、基本的に家族にもばれずに利用ができます。

(参照:カードローンを申込む時に保証人は必要?

使い道は?

学生ローンというと、なんとなく「奨学金」っぽい響きがありますが、基本的に使途は自由ですので、学費以外にも利用することができます。

就職活動の費用や生活費としても利用できますし、サークルや旅行の費用などの娯楽に充てたりなど自分の好きな用途に利用できます。

その辺はテレビのコマーシャルでお馴染みのカードローンなどと同様です。

(参照:お金を借りるだけ?カードローンの基本的な9つの特徴

学生ローンを運営している会社って?

例えば、一般的なカードローンなら銀行消費者金融、またはクレジットカード会社などが運営していますが、学生ローンはどこが運営しているのでしょうか。

学生ローンを運営しているのは中小規模の貸金業者がほとんどです。

「聞いたこともない名前の会社」という場合が多いですが、大手の消費者金融と同じ貸金業法が適用されます。ですので、怖い取り立てをされたり、法外な金利を要求されるといったことはありません。

(参照:貸金業法ってなに?

学生ローンでいくら借りられる?

学生ローンでいくらまで借りることができるのでしょうか。

法的には「年収の3分の1」まで

まず、実際にいくら貸してくれるのかはさておき、法的な部分から説明します。

学生ローンは消費者金融と同じ貸金業法になり、総量規制の対象になるので年収の3分の1が融資できる上限になります。

つまり、学生であっても「年収」がゼロだと全く貸すことができません。アルバイト代でもいいので収入が無いと学生ローンは基本的に利用することができないということです。

例えば、月に5万円アルバイト収入があるという方なら、

5万円x12ヶ月=60万円
60万円の3分の1=20万円がキャッシングできる上限。

ということになります。

(参照:すでに持っているカードの総量規制と審査への影響

学生ローンでは「50万円」がマックス

各学生ローンで融資する上限が異なりますが、最大50万円というケースが多いです。

仮に年収の3分の1が60万円だったとしても、60万円貸してくれる学生ローンはほとんど無いと思っていいでしょう。

また、新規の利用で実際に年収の3分の1ギリギリまで貸してくれる業者は少ないと考えられます。実際には10万円~20万円程度になるでしょう。

(参照:カードローンでいくらまで借りることができるのか

なぜ「50万円」が上限なのか

年収が少ないであろう学生に対して、何百万円も貸せないというのはあたりまえかもしれません。

しかし、この「50万円」という上限にはそれなりに意味があります。

貸金業法では1社あたりで50万円超えの融資なる場合、収入を証明する書類の提示が義務付けられています。

そういった面倒な書類の提出が必要ない範囲で融資しているということです。

(参照:収入証明不要でも借りれる?

バイトしていると嘘をついて借りられる?

実はクレジットカードやカードローンの申し込み時に基本的に行われている勤務先への在籍確認ですが、学生ローンの場合、それをしない場合が多いのです。

収入証明書も不要、在籍確認もしない。

ということで、「○○という会社で1年くらいアルバイトしています」と嘘の申告をしても、実際にバレないかもしれません。

嘘をついて結果的に「借りる」というところまでは問題なくできてしまうかもしれませんが、嘘はあまりおすすめしません。

嘘の申告をするデメリット

収入が無いという状況で借りれば、結果的に「返済できない」ということになる可能性が高いです。

返済できなくなれば信用情報機関で「ブラック」の記録が残ってしまい、5年くらい他のローン(クレジットカード含む)の利用ができなくなる可能性があります。

一時的には「借りられてよかった!」となるかもしれませんが、その後何年も「借りられない」ことになるリスクを考えれば、「嘘はつかないが良い」ということになるでしょう。

(参照:カードローンの申し込み時に嘘をつくとばれる?

学生ローンでは何を審査される?

学生ローンの場合、一般のカードローンなどに比べれば申告内容はシンプルです。勤務先の名称すら申告しなくていい場合もあります。

審査の判断基準となりえるのが、まず信用情報機関の内容です。

信用情報機関で何をチェックされるか

・他社での借入の有無
・クレジットカードの利用状況
・携帯電話会社への支払い状況

例えば、他の学生ローンからすでに借入れがある場合、そういった状況は信用情報機関を通じて他社からでも確認ができます。

年収の少ない学生が、他社からすでに借りている状況なら審査は厳しいものになります。毎月の返済できる金額に限界があるからです。

クレジットカードの利用も同様に、すでに利用があれば審査では不利になるでしょう。

しかし、クレジットカードで「現在あまり利用残高が無い」、「利用していた時にはきちんと期日までに支払いをしていた」ということであれば、むしろ審査で有利になる可能性があります。

携帯電話も端末の購入費を分割にしている場合は信用情報機関に記録されます。クレジットカードもキャッシングも利用したことがないという方でも、携帯の支払いで延滞などがあれば審査でNGになる可能性が高いです。

(参照:審査を左右する信用情報に記載されている実際の内容とは

家族と同居かどうか

多くの学生ローンで共通して申告する内容が「一人暮らしか、家族と同居」かどうかという点です。

特に学生にとっては家賃というのは毎月の高額な出費です。家賃を払う必要があるのか無いのかというのも返済能力の判断基準になるのです。

家族と同居の方が審査では有利になる可能性が高いといえます。

もちろん、一人暮らしなら審査を通過できないというわけではありません。審査は総合的な判断になります。

dennwagozika
(参照:学生ローンアミーゴ

(参照:審査に落ちやすい人と落ちにくい人の違い

一般のカードローンとどっちがいい?

テレビをつければ銀行や消費者金融のカードローンのコマーシャルが頻繁に流れています。

そういった名前の知れたカードローンを利用せずに、あえて学生ローンを利用するメリットはあるのでしょうか。

学生ローンのメリット

返済方式がカードローンと異なる場合も

学生ローンの場合、月々の返済は利息分だけという「元金自由返済」という返済方式の場合もあります。

要は元金の返済を後回しにできるというものですが、一般のカードローンではほとんど無いタイプの返済方式です。

長期的に利息だけを返済するような状況になれば利息総額としてはむしろ負担が大きくなってしまいます。

しかし例えば「就職してからまとめて返済したい」、「夏休みのバイトでまとまった収入がある予定」といった方には、都合の良い返済方式です。

消費者金融より低金利な場合も

消費者金融の場合、最高金利が18%というのが多いですが、学生ローンの場合、やや低金利の17%以下の場合もあります。

また、「お友達紹介で金利が下がる」といったキャンペーンを実施している学生ローンもあるので、「より低金利」ということならそういった学生ローンも狙い目です。

50万円以下の借入れの場合の金利を比較すると、
消費者金融>学生ローン>銀行系カードローン
と考えていいでしょう。銀行系カードローンは学生ローンよりも低金利な場合が多いです。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

カードローンより審査が甘い可能性も

消費者金融や銀行は学生以外のサラリーマンなどの利用者も多いです。収入が安定していない学生にわざわざ利用してもらわなくても十分運営できます。

対して学生ローンは学生のみが対象です。あまり審査を厳しくしたら運営自体ができなくなります。

また基本的に大手カードローンより中小の貸金業者の方が審査基準は緩いということで知られています。

大手のカードローンの審査で落ちたという方でも学生ローンを利用できる可能性は高いでしょう。

(参照:中小の消費者金融とは

学生ローンのデメリット

追加の借入れがしづらい

カードローンは利用限度額内で追加で借りたり返したりをATMやインターネットから行うことができます。

学生ローンの場合は、基本的に一度借りたら返すのみです。追加で借りたい場合は再度申し込みということになり、ちょっと面倒ですし、ATMのように休日や夜間に追加で借りることもできません。

ただ、「借り過ぎのリスクが少ない」と考えればむしろメリットかもしれません。

カードが発行され、店舗設置のATMが利用できるという学生ローンも少数ですが存在します。

(参照:20歳未満も利用可能専用ATMもある「カレッジ」

学生でも一般のカードローンを利用できないとは限らない

審査がよりシビアにはなりますが、学生の方でも「20歳以上」、「安定した収入がある」ということならテレビコマーシャルでお馴染みのカードローンにも申し込み対象になります。

例えば、「ATMから気軽に借りたい」、「有名な会社の方が安心できる」ということなら一般のカードローンにまず申し込んでもいいでしょう。

学生でも未成年の場合やアルバイトをしていない場合はカードローンの利用はできません。

(参照:学生が一般のカードローンを選ぶケース

まとめ

学生ローンは一般のカードローンなどに比べて、審査基準も低く、借りやすいかもしれません。

しかし、一旦利用を開始すれば、返済の義務は他のキャッシング方法と同様です。延滞などをすればそれなりのペナルティはあります。

借り過ぎに注意しなければならないのは学生もサラリーマンも同じということです。

(参照:知らないとヤバイ!返済を延滞した場合のペナルティー

スポンサーリンク