記事入れ24
「プロミスレディースキャッシング」について解説します!

女性用のカードローンである「レディースローン」を検討している方、もしくは女性で多くのカードローンの中から最適なものを選びたいという方は参考にして下さい!

karlkaf
(参照:プロミス

スポンサーリンク

プロミスレディースキャッシングとは

プロミスレディースキャッシングとは、電話窓口で対応するオペレーターが女性のみというものです。

通常、プロミスに電話をすると、男性か女性のオペレーターが対応してくれます。「もし男性が電話に出たらちょっと話しづらい」という女性に利用価値があるといえるでしょう。

(参照:レディースローンとは

一般向けカードローンとの違い

電話オペレーターが女性ということと、申込する画面が少し異なる点が一般向けカードローンとの違いになります。

利用条件など基本的な事全て同じですが、厳密に言うと、申し込み方法が限定されるという違いもあります。

プロミスレディースキャッシングの申し込み方法は、基本、インターネットか電話になります。

急いでいるからということで、街中の無人契約機に行くと、男性オペレーターが対応する可能性があるので、「レディースキャッシング」になりません。

※無人契約機は「無人」ですが、遠隔でオペレーターと話すことができます。

(参照:プロミスの無人契約機の即日利用の流れ【在籍確認・審査・時間など】

どんな女性が利用できる?

申し込み条件も基本的にプロミス一般向けと同様です。

20歳~69歳までの安定した収入のある方が対象です。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの方でも利用できます。

年収の額に条件はありませんが、総量規制の対象になるので、年収の3分の1未満の利用限度額になります。

もちろん、派遣、契約社員、個人事業主など、正社員以外の業務形態の方でも申し込みができます。

専業主婦

お仕事をしていない専業主婦の方は残念ながら申し込みができません。

これは、年収の3分の1以上融資できないという総量規制が理由です。
年収ゼロの専業主婦には貸したくても貸せないのです。

専業主婦の方がキャッシングしたいということなら、総量規制対象外の銀行系カードローンに申し込んだほうがいいでしょう。

配偶者貸付制度も対応不可

法律上、プロミスのような消費者金融でも、お仕事をしている配偶者の同意を得た上なら年収ゼロの専業主婦にも融資することができます。

そういった制度を「配偶者貸付」といいますが、残念ながらプロミスは配偶者貸付に対応していません。
プロミスに限らず、大手消費者金融の場合、ほとんど配偶者貸付には対応していないのが現状です。
(参照:専業主婦でも借りられるカードローン

年金受給者

年金受給者の場合、各カードローン会社で申し込み対象とするかしないかで対応が分かれるところですが、残念ながらプロミスでは年金受給者は申し込み対象外です。

年金受給者も銀行系カードローンであれば、利用できる可能性が高いです。

年金受給者を対象としている銀行系カードローン

カードローン名 年金受給者利用可
三菱東京UFJ銀行バンクイック
みずほ銀行カードローン
三井住友カードローン
新生銀行レイク
イオン銀行カードローンBIG
セブン銀行カードローン

(参照:無職でカードローンの審査は通る?主婦や年金受給者は無職?

学生

学生でも申し込み対象となります。

言い方を変えると、学生であろうがなかろうが、20歳以上でアルバイトなどでの収入があれば、申し込み対象となります。

親の仕送りだけでやりくりしているような方は申し込み対象となりません。

(参照:学生が一般のカードローンを選ぶケース

他社と比較したときのプロミスレディースローンのメリットは?

女性向けのカードローンは他にもあるので、他社のレディースローンと迷っている方もいるのではないでしょうか。

代表的な他社レディースローンの条件と比較してみましょう。

女性オペレーター・専業主婦・総量規制

 

社名

(カードローン名) 

レディースローン名称 女性オペレーター 専業主婦 総量規制
プロミス レディースキャッシング O X 対象
アイフル SuLaLi O X 対象
アコム 働く女性のカードローン X 対象
ノーローン 女性のためのノーローン O X 対象
新生銀行レイク レディースレイク O O 対象外
みずほ銀行 みずほMyWing O 対象外

 

限度額・金利・無利息期間

社名

(カードローン名) 

限度額(最大) 金利 無利息期間

(最大)

プロミス 500万円 4.5%~17.8% 30日
 アイフル 10万円 18%
 アコム 800万円 3.0%~18.0% 30日
 ノーローン 300万円 4.9%~18.0% 7日/月
 新生銀行レイク 500万円 4.5%~18.0% 30日、180日
 みずほ銀行 200万円

(専業主婦は30万円)

9.0%~14.0%

女性オペレーター

「絶対に男性オペレーターとは話したくない」という方にはアコムとみずほ銀行のレディースローンはおすすめできません。
男性が対応する可能性があるからです。

専業主婦

消費者金融系のレディースローンは専業主婦の利用ができません。
銀行系の新生銀行レイクかみずほ銀行のレディースローンなら利用可能です。

総量規制

銀行系のレイクかみずほ銀行のレディースローンであれば、総量規制対象外です。

年収の3分の1以上の限度額になる可能性もあるので、「より高額なキャッシングがしたい」という方には銀行系カードローンがおすすめです。

限度額

レディースローンを一般向けカードローンより低い限度額を設定しているのがアイフルです(10万円まで)。

また、みずほ銀行も一般向けカードローンが最大1000万円までに対し、レディースローンは200万円まで。
さらに専業主婦は30万円までと決まっています。

より高額なキャッシングがしたいということであれば、総量規制対象外で、レディースローン個別の条件の無い新生銀行レイクが理論上、最も高額なキャッシングができるということになります(最大500万円)。

金利

みずほ銀行カードローンのレディースローンが最高金利14.0%と他社より低金利です。
みずほ銀行以外は最高金利が18.0%ほどになります。

無利息期間

アイフル、みずほ銀行以外は無利息期間があります。
借入れ期間が短期で収まるなら利用価値の高いサービスです。

プロミスレディースキャッシングを他社と比較すると・・・

他社と比較した場合、プロミスレディースキャッシングは
・専業主婦は利用できない
・みずほ銀行と比べると金利が高い

といったところがデメリットになります。

それ以外の点では目立った欠点はありません。

(参照:女性でも安心!女性向けのおすすめカードローン

プロミスレディースキャッシングの基本スペックをチェック

プロミスレディースキャッシングの基本スペックは一般向けプロミスと同様です。

改めてプロミスの基本的な利用条件をチェックしていきましょう。

 

種類 総量規制 土日祝の審査 専業主婦 在籍確認
消費者金融系 対象 不可
金利(実質年率) 申し込み対象年齢 即日借入れ 年金受給者 無利息期間
4.5%~17.8% 20歳~69歳 不可 初回借入から30日
限度額(最大) 無人契約機営業時間 レディースローン アルバイト 24時間即時振込
500万円 プロミス自動契約機 9:00~22:00※一部21時もあり

SMBCローン契約機 9:00~21:00※契約機により営業時間、休日が異なる

あり 三井住友銀行

ジャパンネット銀行

(参照:【プロミス】審査や金利、在籍確認まで評判を徹底チェック

申し込み

プロミスはインターネット、無人契約機、電話、郵送と幅広い方法で申し込みが可能です。
土日祝も休まず審査などの業務を行うので、急いでいる方にもおすすめです。

もちろん、「レディースキャッシング」ということで、女性専用窓口もあるので、申し込み方法や契約内容で不明な点があれば女性オペレーターに気軽に質問ができるので安心です。

無人契約機の台数が多い!

残念ながら無人契約機では男性オペレーターが対応する可能性があるので、「レディースキャッシング」にはなりませんが、即日キャッシング希望の方には最もおすすめの方法です。

無人契約機での申し込みはプロミスの自動契約機はもちろん、三井住友銀行のローン契約機も利用できます。
合わせて全国約1800台!業界最多の設置台数なのです!

(参照:24時間お金借りれる?無人契約機でキャッシングのおすすめは?

審査基準

プロミスは消費者金融系カードローンなので、審査基準は決して高くありません。
他のカードローンに申し込んでダメだったという方でも申し込んでみる価値があります。

他社レディースローンより審査は甘い?

レディースローンを展開しているカードローンは消費者金融など金利が高めのカードローンが多いので、他社レディースローンとの審査基準に大きな違いはないでしょう。

しかし、みずほ銀行の「みずほMyWing」は他のレディースローンと比べて金利が低めです。
その分、審査はちょっと厳しめになる可能性があります。

(参照:基準はあるの?カードローンの審査に通りやすい4つのポイント

金利

プロミスの金利は実質年率4.5%~17.8%。
新規契約時は限度額もそれほど大きな金額を与えられませんので、金利は最高金利である17.8%になると考えたほうがいいです。

他の消費者金融系カードローンの最高金利は18.0%が多いので、「0.2%低い」ということにはなりますが、その差は微々たるものなので、ほとんど同じと考えていいでしょう。

大手カードローンの場合、18.0%より高い金利のものはありません。
プロミスの金利は高い部類ということです。

他のレディースローンの方が低金利?

みずほ銀行の「みずほMyWing」の最高金利は14.0%と、他社レディースローンより低金利です。

しかし、カードローン利用にあたって、金利を最重視するのであれば、レディースローンは忘れて、一般向けカードローンも合わせて選んだほうが賢明です。

一般向けカードローンも含めて選べば選択肢は豊富です。
少しでも金利の低いカードローンが利用できる可能性があります。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

無利息期間

プロミスでは、メールアドレスを登録し、Web明細の利用にすることで、最初の借入れから30日間無利息になるというサービスがあります。

Web明細は明細書の郵送物をなくすことができるので、家族に内緒で利用したいという方には都合の良いものです。
特にデメリット無く、無利息期間を利用できるというのがポイントです。

(参照:知らないと損する!無利息カードローンを徹底比較

借入れ方法

ATMからキャッシング

まず、ATMを利用したキャッシング方法ですが、消費者金融系カードローンの場合、自社ATM以外(コンビニなどの提携ATM)は利用手数料が発生する場合が多いです。

ATM手数料は、借入れ、返済ともに
1万円未満の利用:108円
1万円以上の利用:218円

になります。

1回あたりは小さな額ですが、積もり積もれば結構な金額になるでしょう。

プロミスの場合、自社ATMに加え、三井住友銀行のATMは手数料が無料です。

puroajmi
(参照:プロミス

プロミス以外の消費者金融系カードローンは以下のようになります。
無料で利用できるATMは1社(自社)もしくは無しとなります。

 

カードローン名 手数料無料のATM
アコム アコムATM
アイフル アイフルATM
ノーローン レイクATM
モビット 無し(全て有料)
プロミス プロミスATM

三井住友銀行ATM

プロミスは2社のATMが無料で利用できるということで、消費者金融の中ではATMが利用しやすいカードローンといえます。

インターネットからキャッシング

パソコンやスマホでプロミスの会員ページにアクセスし、そこから振込みキャッシングの依頼をすることができます。

平日9:00から14:50までなら即時に自分の銀行口座へ振り込まれます。
14:50以降の依頼分は翌営業日の入金反映になります。

と、そこまでなら他のカードローンと同様ですが、プロミスが優れている点は、曜日や時間を問わず瞬時に振り込まれる「瞬フリ」があるということです。

瞬フリは、三井住友銀行、もしくはジャパネット銀行の口座がある方が利用できます。

こういったサービスは全てのカードローンがあるわけではありませんし、あっても1つの銀行口座に対応しているだけです。

プロミスの瞬フリは2つの銀行に対応。
インターネットからのキャッシングがしやすいカードローンといえます。

返済方法

返済方法はATMや銀行口座から自動振替が可能です。

また、インターネットバンキングからの返済も可能です。
提携ATMからの返済の場合、手数料がかかる場合がありますが、インターネットバンキングなら手数料は無料です。

自動振替などと違い繰り上げ返済なども自由に行えるので、最もおすすめの返済方法です。

ただし、インターネットバンキングに対応している銀行は以下の5つになります。

miahuf
(参照:プロミス

他のカードローンの場合、「指定口座に振込み」という返済方法(振込み手数料有料)があっても、インターネットバンキング返済に対応していない場合もあります。

プロミスはこの点でも比較的便利なカードローンといえます。

(参照:返済方法の基本的なポイント

まとめ

プロミスはカードローン全体のなかでも、利便性に優れたカードローンといえます。

また、電話窓口の応対などはネット上の口コミでの評判も良いですし、実際に電話で問い合わせをしてもやはり親切丁寧です。
そこはやはり消費者金融といっても「大手」なので、社員教育がしっかりしているのでしょう。

仮に男性社員が対応したとしても、いわゆる「街金」のような荒っぽい対応をすることはまずありません。

女性が一般向けカードローンを選んだとしても、安心して利用できるカードローンといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク