カードローン5

セディナはもともと「オーエムシーカード」というクレジットカード会社でしたが、2009年に株式会社クオークと株式会社セントラルファイナンスと合併し「セディナ」という名前でスタートしたという経緯があるので、規模の大きさの割には知名度はまだそこそこという感じかもしれません。

また、三井住友フィナンシャルグループでもありますので、安心して利用できる会社でもあります。

基本的に「セディナ」はクレジットカードの会社なので主体はクレジットですが、カードローンもいくつかの種類を運営しています。

ここでは「セディナ」で一番スタンダードなカードローンをご紹介します。

スポンサーリンク

「セディナカードローン」申し込み方法

http://www.cedyna.co.jp/sb/398064_2/loan/cedyna-card_loan/index.html

「セディナカードローン」申し込み条件

申し込み対象年齢は20歳から64歳で、学生は不可とのことです。
また、電話連絡が可能で一定収入があるとの条件もあります。
パートやアルバイトはOKですが、専業主婦などは不可です。

「セディナカードローン」は総量規制(年収の三分の一までしか融資できない)になるので、他社からの借り入れがすでに年収の三分の一に達している人は申し込みをしても審査で落とされることになります。

「セディナカードローン」申し込み方法

申し込み方法は基本的にWEB上から行いますが、2通りの申し込み方法があります。

まず一つ目が「即日振込」というものです。WEB上で申し込みをした後に「最短30分」で審査の結果がでますので、その後に本人確認書をFAXします。

その後に振込みの依頼をすれば、11:00までであれば当日に口座に振り込まれます。

11:00以降であれば翌日に振り込まれます。その後にカードが郵送されてくるという流れになります。

もうひとつの申し込み方法は「最短即日スピード発送」というもので、当日の12時までに申し込みをすれば、即日のカード発送になるというものです。

こちらが通常の申し込み方法にはなるのですが、結果的にカードの到着を待たなければならないので、「スピード」と銘打つほど速く利用できるというものではありません。

急いでいる人には向かない方法です。

「セディナカードローン」借り入れ方法

大手のクレジットカード会社だけあって、カードで借り入れのできる提携ATMは豊富です。

全国約14万台の提携ATMは、主な都市銀行とコンビニを網羅しているので、あまり困るということはないでしょう。
残念な点としては「無料ATMが無い」ということでしょうか。

また、3万円以上、1万円単位という条件になりますが、インターネットからの借り入れもでき、楽天銀行の口座であれば曜日を問わず0:15~23:30の間で即時に振込みが反映されます。

それ以外の金融機関の口座であれば、曜日や時間のタイミングにより即時、または翌営業日に振り込まれます。
また電話で振込みを依頼するということも可能です。

「セディナカードローン」返済方法

原則的には口座引き落としになり、「スライド定額リボルビング払い」という借り入れ残高に応じて返済額が変動するというものです。

最小返済額が5,000円になるので、他のカードローンと比較をすれば「高過ぎず低過ぎず」といった印象ですが、「スライド」である以上は余裕があるときには追加の返済をして、より速く返済が終了するように心がけたほうが良いでしょう。

追加返済の方法としてはインターネットからの返済や、電話で引き落としの増額や振込みでの返済の依頼をするということも可能です。

ATMでの追加返済は「東京スター銀行」、「三井住友銀行」、「三菱東京UFJ銀行」、「セブン銀行」、「新生銀行」、「ローソン」と特定されますが、可能です。

千円単位、または一円単位からの返済が可能です。

「セディナカードローン」返済金額

利用残高返済額
5万円以下5,000円
5万円超~10万円10,000円
10万円超~20万円10,000円
20万円超~30万円15,000円
30万円超~40万円20,000円
40万円超~50万円25,000円
(引用サイト:http://www.cedyna.co.jp/sb/398064_2/loan/payment/index.html

「セディナカードローン」金利、利用限度額上限

利用限度額は1万円~200万円で、新規申し込みの場合は50万円までとしています。
つまり、200万円という限度額にするには利用をしながら増枠をしていくということになります。

金利は年「上限18.0%」としています。
つまり利用限度額が高くなれば18.0%よりも低い金利になるという意味ということにはなりますが、新規申し込みの場合は50万円以下になるので、この18.0%という最高金利が設定されるのはほぼ間違いないでしょう。

利用限度額の最大200万円というのもカードローン総体的には低い額です。

こういった点では今ひとつの評価になるでしょう。

「セディナカードローン」無利息キャンペーン

「セディナカードローン」は「加入から30日以内」という期間内で「利用開始から7日間」が「利息無料期間」になります。現実的に50万円以内で、7日間分の利息というのは大きな額にはならないですが、無利息期間がまったく無いよりかは少しお得な気分にはなれます。

「セディナカードローン」デザイン

「セディナカードローン」のカードのデザインは2種類用意されており、1つがブルーの地にストライプのものでいわゆる「普通」のものですが、もうひとつのカードが「ハローキティ」のデザインとなっています。

「カードローンの機能」という意味ではキティちゃんがカードに描かれていようが、あまり関係ないものになりますが、カードというものは実際に携帯するものなので、人から見られたときの印象を気にするという人も多いのではないでしょうか。

「セディナカードローン」を実際に「デザイン」で申し込む人がいるということは十分に考えられます。

「セディナカードローン」まとめ

サービス全体としては「大手の信販会社」ならではの、幅広いサービスを展開している「セディナカードローン」です。

しかし、一つ一つのサービスが他のカードローンよりも特に秀でているというものが無いので、浅く広いサービスという印象が否めません。

良い面としては、あまり大きな利用枠が望めないということと、金利も大手一般の消費者金融系カードローン並みの高金利だということで、審査はおそらく「甘い」部類にはなるでしょう。

また、信販系独自の審査で、消費者金融系とは違う信用情報の確認方法をするということも十分考えられます。

つまり、消費者金融系がダメで「セディナカードローン」で通るということもありえるということです。

また、「ハローキティ」デザインのカードも女性にとっては魅力かもしれません。
そういった部分での価値はあるといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク