okanesatu2015

カードローンを申込みする方や利用者からすれば、カードローンに対して「金利が低いか」、「即日に借り入れできるか」、「審査が甘いか」、など、求める内容は多いです。

しかし、貸す側からすれば「きちんと返済してくれるか」という1点が利用者に求めることではないでしょうか。

「返済期日までに決められた返済額を返す」というのがカードローン利用の基本的な約束事ですが、もしそれができなかった場合、利用者になにかペナルティーはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

「遅延」と「延滞」は違う?

まず、言葉の説明からしたいと思います。

返済期日までに返済されなかった場合、「遅延」や「延滞」といいます。

日常的な会話の中であればどちらも同じような意味として利用できる言葉です。しかし、金融用語、もしくは信用情報機関では両者の意味がちょっと違ってきます。

「延滞」

「延滞」は返済期日から長期的に支払いがされなかったケースで用いられる言葉です。

個人信用情報機関では「異動情報」として記録されることでもあり、いわゆる「ブラック」の扱いになります。

信用情報機関のひとつであるCICでは異動情報(ブラック)の定義として「約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払が延滞しているもの」としています。

およそ2ヶ月以上返済が遅れれば「延滞」になり、「ブラック」になるということです。

(参照:審査を決定付ける信用情報機関とは?ローンの利用記録はいつまで残る?

「遅延」

「遅延」は「延滞」に比べて短期的な支払いの遅れという意味合いになります。目安としては返済期日から2ヶ月未満ということになります。

しかし、必ずしも返済期日から2ヶ月以内に返済すれば信用情報機関に記録されないというわけでもありません。

カードローンは支払期日までに返済が確認できなかった場合は、手紙や電話などでお知らせ(催促)をしますが、それまでに支払えば、「遅延」扱いになり、信用情報機関でブラックになるということもないでしょう。

しかし、催促をされて、新たに設定された返済期日までに返済が無ければ「延滞」になってしまう可能性があります。

また、仮に「信用情報機関に登録されない=他社のローン利用に問題がない」、という状況だったとしても、返済が遅延してしまったカードローンの利用、関連会社のローン利用に影響が出る可能性はあります。

同じ「返済が遅れた」という状況でも「どれくらいの期間遅れたのか」で、利用者側の影響が違ってくるということです。

例えば、2~3日程度の遅延であれば、「たまたま自動引き落とし日に口座に残高が無かった」と解釈でき、それほど問題ではないでしょう。

しかし、催促したのにもかかわらず1ヶ月以上返済されないとなれば、「返済能力が無い」、「返済する気が無い」と受けとめられるでしょう。カードローン側からは「要注意人物」の扱いとなってしまいます。

返済が遅れた場合の利用者のペナルティーは?

返済が遅れて利用者側にデメリットが無ければ、だれも返済期日を守らないでしょう。以下の3つが利用者側のペナルティーになります。

①遅延損害金を払わなければならない
②信用情報機関に登録され「ブラック」になる可能性がある
③利用停止・一括請求

①遅延損害金を払わなければならない

返済が遅れれば、遅れた日数分の遅延損害金を請求されます。遅延損害金とは返済期日を守らなかったことに対する罰金のようなものです。

通常、カードローンは「元金返済分+利息分」を毎月支払いますが、遅延になれば、「元金返済分+利息分+遅延損害金」を支払うような状況になります。

「お金が無いから返済期日に間に合わなかったのに、さらに上乗せするってどうなの?」と思われるかもしれませんが、そういう前提で契約しているので仕方ありません。

「遅延損害金は実際いくら?」というのが気になる部分と思います。

貸金業法で遅延損害金の上限額は決められています。

(参照:貸金業法ってなに?

貸金業法での遅延損害金上限額

現在の貸金業法では、貸金業者が遅延損害金を請求できるのは、年率20%までときまっています。

法で上限が定められているので、ちょっと返済が遅れたからといって、とんでもない高額な遅延損害金を支払うことはありません。

法的な遅延損害金の上限は上記のようになりますが、実際の遅延損害金がいくらになるかというのは各カードローンでの規定によります。

遅延損害金の条件は各カードローンのホームページでも確認できますが、代表的なカードローンの遅延損害金の設定を一覧にまとめてみました。

各カードローンの遅延損害金

 

カードローン名 遅延損害金利率

アコム 20%
プロミス 20.0%(実質年率)
アイフル 20%
モビット 20%

三菱東京UFJ銀行バンクイック 通常借入の金利と同じ
みずほ銀行カードローン 19.9%
三井住友銀行カードローン 19.94%
新生銀行レイク 20%
イオン銀行カードローンBIG 19.8%
楽天銀行スーパーローン 19.9%
じぶん銀行じぶんローン 18%
オリックス銀行カードローン 通常借入の金利+2.1%

(最大19.9%)

 

各カードローンでそれほど大きな違いはありません。遅延損害金の規定の違いでカードローンを選ぶ必要は基本的にないでしょう。

遅延損害金は上記のように、パーセンテージ(年率)で規定されています。実際にどのくらい遅れたら遅延損害金はいくらになるかというのが分かりにくいのでシミュレーションしてみました。

今回例として、30万円利用残高があり、遅延損害金利率を20%としているカードローンで遅延した場合のケースです。

利用残高が30万円の場合の遅延損害金例(遅延損害金利率20.0%)

遅延期間 遅延損害金(円)
1週間(7日) 1,150
2週間(14日) 2,301
1ヶ月(30日) 4,931

概ね消費者金融系カードローンの利息(金利18%)に近い額を追加で支払うようなかたちになります。

(参照:遅延してしまったときの遅延損害金と返済遅れの対応

②信用情報機関に登録され「ブラック」になる可能性がある

遅延損害金は、それほど大きな金額になりませんし、「払えば済むもの」でもあるので、利用者側にとって大きなダメージにならないかもしれません。

しかし、上記ですでに説明しましたが、「遅延」レベルではなく、「延滞」といった長期的な返済の遅れになれば、信用情報で「ブラック」になってしまいます。

信用情報のブラックは最終取引日から5年から10年残ります。今は問題なくても、将来的にローンなどの利用が必要になった場合に困ることになるかもしれません。

延滞したことによる最も大きなペナルティーがこの部分ではないでしょうか。

(参照:審査を左右する信用情報に記載されている実際の内容とは

③利用停止・一括請求

信用情報機関でブラックにならない程度の遅延であったとしても、カードローンの利用停止や一括請求という処分になる可能性があります。

「もしそうなったら他社に乗り換える」というのもひとつの方法です。しかし、借り入れが無いときは問題なくカードローンの審査に通過したかもしれませんが、今は「他社借り入れがある」という状況です。

他のカードローンの審査も以前よりは厳しいものになります。

(参照:審査の主な内容と仕組み

返済が遅れてしまいそうなときにするべきこと

「返済期日をうっかり忘れていた」、というケースはさておき、「返済期日は分かっている、でも返すお金が無い」という場合にとれる行動は2択です。

①返せないからしょうがない。とりあえず、お金が入ったら返す。
②カードローン側に状況を伝え、どうすればいいか相談する。

結論から言うと、②の方が明らかにベストな行動です。カードローン側としては「返済能力があるか」という部分と「信用できる人間か」という部分も重視するからです。

しかし、期日までに返済できない状況で、電話でオペレータにその旨を正直に伝えた場合に「何を言われるのか」、「その後どういった対応になるのか」が予測できないというのが不安でしょう。

そういったことが「相談できない」理由になっているのかもしれません。

カードローンに相談するとどうなる?

では、実際に返済期日までに返済できそうにない場合にカードローン側に相談すると、カードローン側はどういった対応をするのでしょうか?

代表的なカードローン6社(消費者金融系3社、銀行系3社)に実際に問い合わせをした結果が以下になります。利用者ごとのケースバイケースになる可能性もあるので、あくまでも参考としてください。

アコム

・事前に電話をして利息金額を確認し、利息分だけ返済することも可能。
・最低でも利息分を返済すれば、遅延扱いにならない(遅延損害金は発生しない)。

(参照:審査の成約率とスピードで選ぶならアコムカードローン

プロミス

・期日までに返済できない場合は事前に電話をする必要がある。
・電話でいつまでに返済できるかを申告する。
・基本的に約定返済額の減額はできない。
・返済期日を過ぎれば遅延損害金が発生する。

(参照:三井住友フィナンシャルグループの安心感SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

アイフル

・期日までに返済できない場合は事前に電話をすると、電話などの催促が来なくなる。
・電話でいつまでに返済できるかを申告する。
・基本的に約定返済額の減額はできない。
・返済期日を過ぎれば遅延損害金が発生する。

三菱東京UFJ銀行バンクイック

・返済額の減額はできないが、状況に合わせて個別の対応になる。
・期日までに返済できない場合は新たな借り入れができなくなる。
・返済期日翌日から遅延損害金が発生する。

(参照:総合評価で選ぶなら三菱東京UFJ銀行「バンクイック」

みずほ銀行カードローン

・基本的に個別の対応はできない(約定返済額の減額などには対応できない)。
・相談するとすればカードローン窓口ではなく、支店で対応する(銀行口座の支店)。
・期日までに返済できない場合は新たな借り入れができなくなる。
・返済期日翌日から遅延損害金が発生する。

(参照:メガバンク随一の低金利・高額融資みずほ銀行カードローン)

三井住友銀行カードローン

・事前に電話をして利息金額を確認し、利息分だけ返済することも可能。
・最低でも利息分を返済すれば、遅延扱いにならない(遅延損害金は発生しない)。

(参照:消費者金融を追随するサービス三井住友銀行カードローン

「消費者金融なら融通が利く」、「銀行系は融通が利かない」というイメージがありましたが、遅延に関してそういったことはあまり関係ないようです。

6社のうち「返済が厳しい場合、利息分だけでよい」としてくれるのはアコムと三井住友銀行カードローンでした。

利息だけを返済すると「元金が全く減らない→トータルで支払う利息は増える」ので、長い目でみればお得な方法ではないということは認識しておいたほうがいいです。

いずれにしても、「事前に連絡したほうがいい」というのはどのカードローンでも共通しているといえます。

(参照:借入れしたら利息はいくら?金利と返済額で利息の総額は決まる

返済を放置し続けると・・・

「延滞」や「遅延」ではなく、「返済しない」場合どうなるのでしょうか?

貸金業法が改正されてから、催促や取り立て方法も制限されるようになりました。ですので、返済しなかったとしても、怖い人が家に来て取り立て行為を行うということは基本的にありません。

(参照:滞納したら怖い取立てが来る?

しかし、給与の差し押さえなど法的な手段で対処してきます。

返済を放置していれば、そのような法的手段に出られますし、信用情報機関ではいつまでもブラックの状態が続きます。デメリットの方が多いのでおすすめできません。

どうしても返済できないという状況なら、債務整理など、利用者側も法に則った対応で解決するのが最善でしょう。

(参照:長期滞納するとどうなるの?消費者金融に時効ってある?

まとめ

「ご利用は計画的に」とカードローンのコマーシャルではよく言いますが、収入や生活の状況が突然変化して、「返せる予定のはずが返せない」ということが無いとも限りません。

返済できなくなればカードローン側も困るでしょうが、利用者本人もデメリットが多いです。

いざという場合も想定しながら、できるだけ短期間で完済できるような借り入れ方法をするなどのリスク対策ができればベストでしょう。

スポンサーリンク