食費を節約するには3食とも自炊がベストです。

しかしお仕事をされている方など「昼食にお弁当を持っていくのはちょっと面倒」という方も多いでしょう。

仕事に行く前やお出かけ前の朝の忙しい時間帯に、朝食と昼食の2食分作るのは大変だからです。

ついつい昼ごはんをコンビニ弁当や外食で済ましてしまい、家計を圧迫する原因となっていることもよくあります。

そこで今回は「できるだけ簡単に、誰でも続けやすいお弁当作り」について説明していきいたいと思います!

今までお弁当作りに挫折していた方も、ぜひ参考にしてみてください。

お弁当にすればいくら節約できる?

お弁当作りのモチベーションを保つために、実際に1週間分だけでも昼食代を計算して、どのくらいの金額になるのか確認してみるのがよいでしょう。

今回は例としてサラリーマンやOLの方などに「よくあるケース」で計算してみます。

コンビニ弁当500円、合わせてペットボトル飲料を購入し合計650円。

牛丼チェーン店やハンバーガーショップなどのファストフードで500円前後。

レストランのランチセットで500円~800円くらい。

だいたい昼食1食あたり平均600円としてみましょう。

出勤日数だけで考えると、1週間(5日間)で約3,000円、1ヶ月(20日間)なら約12,000円になります。

もしこれが自炊で1食あたり200円にできれば、1週間(5日間)で1,000円、20日間なら4,000円になります。

1月あたり約8,000円の節約、年間で10万円近く貯金できるかもしれないのです!

もちろん1食あたり200円以下に抑えられればさらにお金を節約できます。

では実際に「毎日続けられる簡単なお弁当作り」について説明していきます!

「常備菜」をあらかじめ準備する

ランチは「前の夜に準備しておけば簡単」と思うかもしれませんが、夜は晩ご飯も作らなければなりませんので、実際それほど簡単ではありません。

そこで準備したいのが、常備菜です。

常備菜というのは、「作り置き」のことです。

一度にたくさん調理し、それを保存して少しずつお弁当に使うことで、調理回数を減らすという方法です。

常備菜レシピのレパートリーが増えれば増えるほど、朝は「ランチボックスに詰めるだけ」の楽な作業で済んでしまうのです!

また、すべてのおかずが常備菜でなくとも「常備菜+前の晩のおかずの残り」、「常備菜+朝、簡単に調理したもの」などでも、お弁当作りの負担は圧倒的に減ります。

常備菜の保存期間

例外はありますが、ほとんどの料理はきちんと火を通して調理されたものであれば冷蔵庫で2~3日は保存できます。

酢や塩が多めのものならさらに長く、4~5日くらいは持つでしょう。
例えば漬け物やマリネなどです。

さらに長期的に保存できるが冷凍保存で、2週間~1ヶ月位は持ちます。

つまり、作りおきおかずを冷凍保存すれば圧倒的に調理回数を減らせるのです!

こんなおかずも冷凍保存して常備菜にできる!

では、冷凍庫で保存できる、おすすめの冷凍おかずをご紹介します。

から揚げ

お弁当の定番のおかずの「から揚げ」ですが、揚げた後に冷凍して保存できます。

から揚げは冷めてから1つずつラップに包んで、さらにジップロックなどにまとめて冷凍庫に入れておくだけで3週間~1ヶ月くらい持ちます。

お弁当を作る際には必要な分だけラップを剥がして詰めるだけ

電子レンジなどで解凍しなくてもお昼には自然に解凍されていますし、暑い夏には保冷剤の代わりにもなります。

から揚げは安い鶏むね肉でも美味しいので、節約弁当にぴったりです!

ハンバーグ

手作りハンバーグもから揚げと同じ要領で、作った後に冷めてから1つずつラップでくるんで、ジップロックやタッパーに入れて冷凍庫に入れて保存します。

冷凍することで3週間~1ヶ月くらい保存ができます。

お弁当に使うときは「凍ったままお弁当箱に入れる」、もしくは「前の晩に冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍させる」のも良いでしょう。

ハンバーグも安価なひき肉で作れるので、多めに作って常備菜にすれば節約効果は大きいです!

卵焼き

安価で栄養たっぷりの卵はコスパ抜群の食材です。

「卵焼き」はお弁当のおかずとしても定番ですが、これも冷凍保存できます。

しかし、卵焼きは一旦冷凍してしまうと食感が乾いたスポンジのように変化してしまうのが難点です。

卵焼きを冷凍させた後も美味しくできるコツが以下です。
・砂糖を加える
・片栗粉を加える
・マヨネーズを加える
・しっかり焼く(半熟にならないように)

ちょっと手を加えることによって、焼きたてに近い触感をキープできるのです!

焼いたあとは冷ましてから1回分のお弁当の量に切って1つずつラップし、ジップロックやタッパーに入れます。

お弁当に入れる際は、解凍せずにそのまま入れるだけでOK。

冷凍保存期間は2~3週間と考えてよいでしょう。

いざという時のための「冷凍食品」

「忙しい日が続いて常備菜を作る暇すらなかった」という場合もあるでしょう。

そんな時のために冷凍食品をいくつかストックしておけば便利です。

保存がきくので業務スーパーなどで多めに購入するのも良いでしょう。

また、冷凍食品の中には100円(税込み108円)で購入できるものも多いので、まずはそういった安価なものから試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ!「100円の冷凍食品」

100円の冷凍食品は、ローソンストア100などの100円ショップやドラッグストア、スーパーなどで購入できます。

では、ローソンストアで購入できる商品のなかから節約弁当に特におすすめの商品をご紹介します!

ローソンストア100 VL 鶏のから揚げ

(参照:ローソンストア100

メインのおかずとして利用できる鶏のから揚げです。

大きなから揚げが5個(100g)入っているので、1個や2個など必要な分ずつ使えます。

価格は108円なので、から揚げ1個あたりなら約22円と非常に安価です!

ローソンストア100 VL 肉焼売

(参照:ローソンストア100

ボリュームのある大きめの肉焼売が3個入りで108円。1個あたりで36円です。

シュウマイは自分で作るのはなかなか面倒なので、「ちょっとたまには違うものを食べたい」という時にもよいでしょう!

ローソンストア100 VL ブロッコリー

(参照:ローソンストア100

お弁当を作っていて「何か一品物足りない…」という時に便利なのが冷凍ブロッコリーです。

2~3個取り出しランチボックスに入れるだけという手軽さが魅力ですし、お弁当を華やかにしてくれる名脇役といえます。

たっぷり160g入りでお値段108円です。

ローソンストア100 VL えびピラフ

(参照:ローソンストア100

「ご飯を炊き忘れた」、「お米が切れてた」…という場合に便利なのが、ピラフやチャーハンなどの冷凍食品です。

もちろん白ごはんの代わりにもなりますし、味付きで具も入っているので、おかずの品数が少ないときに重宝します!

1食分(210g)で108円なので、他にサブおかずを足してもコンビニ弁当などよりは安く済むでしょう。

一人分のごはんを炊くのが面倒な独身一人暮らしの方にもおすすめです!

「スープジャー」で簡単時短ランチ!

スープジャーとは大きな水筒のようなものですが、保温効果に優れた容器で、寒い冬などでも暖かいスープが食べられるので自炊ランチ派の方にはうれしいアイテムです。

実はこのスープジャー、ランチ作りを簡単にしてくれるアイテムでもあるのです!

スープジャーの時短レシピ

では、実際にスープジャーを使用した短時間で作れる簡単レシピをご紹介します。

スープジャー*手抜きマカロニシチュー

(参照:クックパッド

作り方は至って簡単。

まず、スープジャーにマカロニ(茹でてないもの)と顆粒シチューのもとを入れます。

さらにレンジでチンしたお好みの野菜を入れ、最後に熱湯を注ぐだけ。

保温調理されるので、お昼ごろにはパスタが茹で上がっているのです。

慌ただしい朝にパスタ料理はなかなか難しいですが、スープジャーならパスタが茹で上がるのをじっと待つ必要はありません。

今回紹介のレシピでは「顆粒シチュー」ですが、ここはコンソメやカレー粉などお好みでアレンジ可能なので、応用すれば幅広いメニューができるでしょう。

スープジャーで超簡単あったかおかゆ☆

(参照:クックパッド

スープジャーはパスタはもちろん、お米からお粥も作れてしまうのです!

作り方はスープジャーにお米を入れ、ワカメや高菜などの材料、鶏がらスープの素を入れて熱湯を注ぐだけ。

3時間ほど経てば、お粥の出来上がりです。

今回紹介のレシピでは「中華風」なので調味料に鶏がらスープの素を入れてますが、だしの素で「和風」、塩や生姜などで「あっさり味」など、いろいろアレンジできそうです!

スープジャーで上手に調理する際のコツ

スープジャーでパスタ類や米などを調理する際のポイントは、高温を保つためになるべく冷たいもの(冷蔵庫から取り出したばかりの野菜や卵など)を一緒に入れないことです。

冷蔵庫に入っていた野菜などは一旦レンジでチンしたり、冷凍野菜であれば軽く茹でるのも良いでしょう。

あらかじめスープジャーに熱湯だけを入れ、一旦捨ててから調理することで保温調理の効果をより高める方法もあります。

レシピサイトやブログなどで情報収集しよう!

「他の人達はどういうお弁当を作ってるのだろう?」と思うこともあるでしょう。

職場や学校で他人のお弁当の中身をじろじろ見ればひんしゅくを買うかもしれません。

そんな時にはブログやレシピサイトを参考にするのがベストです。

お弁当作りの情報をアップしている投稿者の多くは、ダイエットのためのカロリー制限、健康のための糖質制限などの健康目的の方と、食費を浮かしたい節約目的の方でしょう。

さらに「朝時間が無い」という方が多いので、時短できる簡単おかずレシピも豊富に投稿されています。

お弁当作りの上級者のレシピを参考にすることで、より節約できるだけでなく、健康的な食事や時短を目指せるお弁当を作れるようになるかもしれません!

まとめ

今回、とにかく簡単で時短なお弁当作りについて説明しましたが、これらはもちろん朝食や夕飯の献立にも応用可能です。

美味しさや栄養バランスなどのヘルシーさを追求する調理法も重要ですが、簡単さを重視した調理法も知っておいて損はありません!

スポンサーリンク