鍋料理というとちょっと贅沢なイメージがあるかもしれませんが、「食費をできるだけ節約したい!」という方に、是非レパートリーに加えて頂きたいメニューです。

今回は、なぜ鍋料理が節約しやすいのか、そして節約のコツとレシピをご紹介します!

スポンサーリンク

鍋料理が食費節約におすすめ理由

(1)余った具材を使いやすい

どんなに計画通りに食材を買っている方でも、
「中途半端な量の野菜が余ってしまった」
「冷凍庫に肉と魚介類がちょっとずつ残っているが、どうして良いか分からない」
…たまには、そういったこともあるでしょう。

こういった場合に鍋料理がおすすめです。

鍋料理なら各自が好きなものを取っていくので、それぞれの食材が食べる人数分無くても、さまざまな食材のトータルの量があればなんとかなります。

また、肉と魚介類など、他の料理なら組み合わせにくい食材同士でも鍋なら合わせやすいのも特徴です。

冷蔵庫の中の余った食材を一掃したい場合に鍋はおすすめです!

(2)量が多く見える

鍋料理はなんといってもスープ(汁)が大部分を占めますので、少ない具材でもボリュームたっぷりに見えますし、スープを飲むことで満腹感も得られます。

食材の量が少ない時にも鍋はおすすめなのです!

ボリュームたっぷりのその他の節約レシピについて、詳しくはこちらをご覧下さい。

(3)料理が苦手な方でも作れる

食費の節約には自炊が基本ですが、料理が苦手という理由でついついスーパーのお惣菜などに頼ってしまう方も多いでしょう。

鍋料理もいろいろあるのでどれも簡単というわけではありませんが、基本的にスープさえできてしまえば、あとは具材を鍋に放り込むだけでもできてしまいます。

料理が苦手な方でも失敗する可能性が低い料理なのです!

スープを作るのが面倒であれば、とりあえず具材を水で煮込み、あとはポン酢しょうゆなどにつけて食べる「水炊き風」の食べ方もあります。

料理をするのが面倒くさい、毎日仕事で忙しい方にも鍋料理はおすすめです!

節約鍋におすすめの材料

鍋料理が節約しやすいといっても、フグなどの高級魚や、しゃぶしゃぶ用のお肉を使ったりすれば高くついてしまいます。

できるだけ安価な食材のみで作るのがポイントです。

メインにするおすすめの具材

まずは鍋料理のメインとなる食材で安くておすすめをご紹介します。

豚バラ肉

肉類の中でも安い部類の豚バラ肉はさまざまな料理に使えるので、冷凍庫に小分けして常備している方も多いでしょう。

中途半端な量が余ってる場合は他の具材と一緒に鍋にしてしまいましょう!

もともと切ってあるので、鍋に入れるだけという手軽さもおすすめポイントです。

鶏手羽元

値段が安めで鍋にもよく合う鶏肉なら手羽元がおすすめです。

骨付きなので、ぐつぐつ煮込めば美味しいスープが取れ、安くて本格的な鍋料理が作れます!

ひき肉

鶏肉や豚肉のひき肉も他の肉に比べて安価です。

ひき肉を肉団子にして鍋に入れれば安価で本格的な鍋料理になりますし、スープに片栗粉を入れ麻婆豆腐のようにとろみを出したスープにそのまま使うのもよいでしょう。

肉団子なら玉ねぎみじん切りや片栗粉を混ぜることで、肉自体がボリュームアップしたような感じにできるのもポイントです。

安価で鍋にもよく合う魚介類といえば鮭です。

安価と言えども、大家族で1人1切れ食べれば結構な値段になりますが、鍋なら人数分要りません。

他の魚介類はもちろん鶏肉や豚肉などとも相性がいいで、冷蔵庫に余った具材と合わせた寄せ鍋がおすすめです!

豆腐

節約という意味でもっともおすすめなのが、豆腐をメインにした鍋です。

おかずが豆腐だけ…となるとちょっと寂しいイメージですが、鍋にすることでボリュームがでます。

ダイエットをしている方にもおすすめです!

サブにおすすめの具材

・もやし
・白菜
・水菜
・大根
・キャベツ
・きのこ類(えのき、しめじ、しいたけ)
・ネギ
・じゃがいも
・卵
・キムチ

メインとなる肉や魚を少なめにし、できるだけ安価な野菜などのサブを多めにすることが節約のポイントです。

新たに食材を買わずになるべく冷蔵庫に余った材料を使いましょう。

節約鍋のおすすめレシピ

では、レシピサイトで人気のクックパッドから、特に節約におすすめの鍋料理のレシピをご紹介します!

白だしで♪もやしたっぷり!豚ばらもやし鍋

(参照:クックパッド

スープは水に市販の白だしを加え、ごま油を垂らしただけ。そこに具材を入れて煮込めばできあがりの簡単な鍋料理です。

なんといっても特徴は2人分で1袋使った、たっぷりのもやしがメインということです。

レシピでは他に豚バラ肉や豆腐、野菜が加わりますが、量は少なめでOKですし、他のものでも代用は可能です。

プルップル♪鶏手羽元DE水炊き風湯豆腐♪

(参照:クックパッド

安くて本格的な鍋料理が食べたい方におすすめなのが、鶏手羽元を使った水炊きです。

昆布だしを加えた水に鶏手羽元を入れて1時間位ことこと煮込んでスープを作ります。

それに豆腐やねぎを加えれば出来上がり。

ちょっと時間がかかるのが難点ですが、圧力鍋を使えば時間短縮できますし、保温状態で調理できるのでガス代の節約にもなります。

とにかくスープが美味しいので、シメにご飯やうどん、そばなどを入れて食べてもおいしいです!

ダイエット満腹スープ♪簡単夏のちゃんこ鍋

(参照:クックパッド

コンソメ、醤油ベースダシのスープに肉団子や豆腐、野菜を加えた鍋料理です。

ポイントはたっぷり使ったキャベツで、ダイエットに最適な食物繊維がたっぷり摂れることです。

鍋料理なら油を使わないのもポイントです。

好きな具を好きなだけ*酒粕たっぷり石狩鍋

(参照:クックパッド

酒粕と味噌、醤油をベースにしたスープに、鮭、豆腐、白菜などの野菜を加えた鍋料理です。

ポイントは酒粕を使うことです。

鍋料理は市販のだし汁ベースでスープができますが、毎回それでは飽きてしまいます。

酒粕を使うことで、安価な具材だけでも普段とは違う本格的な鍋料理ができるのです。

ちなみに酒粕は冷凍保存すれば、必要な時に必要なだけ使えるので無駄になりません。

簡単☆豆腐と好きなお野菜で湯豆腐鍋

(参照:クックパッド

具材は豆腐とお好きな野菜だけという、とにかくシンプルで節約にも最適な鍋料理です。

スープに使う調味料はめんつゆだけですが、鰹節といりごまを少し加えることで一段と風味が増すのがポイントでしょう。

料理が苦手な方、時間がない方、一人暮らしの方にもおすすめのレシピです!

まとめ

今回、節約におすすめのレシピをいくつかご紹介しましたが、鍋料理の場合、それほどレシピにこだわる必要はないでしょう。

あくまでも参考程度にし、冷蔵庫に余っている食材をどんどん加えてアレンジしてみましょう。

「鍋は冬の料理」というイメージもありますが、、節約しやすいメニューなので、ぜひオールシーズン作ってみてください!

スポンサーリンク