「節約ができない」もしくは「続かない」という人は節約自体が苦痛でストレスに感じているのではないでしょうか?

ストレスに感じることを続けられないのは誰でも同じです。

おそらく上手に節約を続けている方は自分なりに楽しく節約する方法を見つけた方でしょう。

「でも、楽しく節約ってどうやるの?」という方のために、楽しく節約するためのコツを説明します!

スポンサーリンク

楽しく節約をする貯金術は?

家計簿をつけることによって、何にお金を使いすぎているのかが見えてきたり、収入と支出のバランスが分かるので、より効率的に節約できます。

しかし家計簿をつけるのが面倒で、節約自体を挫折してしまうことはありがちです。

家計簿をつけるのが苦手なら、いっそ家計簿はやめて、それ以外の方法を考えましょう!

楽しみながら節約するには、貯金額をわかりやすい形にし「貯金を殖やすゲーム」をしている感覚を味わうことが大事です。

そのための方法を紹介していきます。

給料が入った時点で別の口座に貯金する

勤務先の会社で財形貯蓄制度(給与から天引きして積み立てる制度)や、定期預金も利用していない方の場合、給料が給与口座に振り込まれ、そこからお金を引き出して使っていくことになるでしょう。

しかしそれでは毎月いくら貯金できているか分かりづらく、貯金どころか徐々に残高がマイナスになっても気がつかないかもしれません。

「これから貯金したい」方は、まず貯金用の銀行口座を開設しましょう。

新規で開設した口座に、最初は毎月1万円でも2万円でもいいので給料が入った時点でお金を移動させます。

それに手を付けずに次の給料日まで生活できれば「貯金は成功」と考えます。

口座を分けることによって、貯金額が明確になるので、貯金がより楽しくなり、節約に対するモチベーションもアップするでしょう。

徐々に移動させる金額を増やしていき、目標とする金額を貯金できるようになっていれば、もう家計簿など要りません。

その調子で毎月貯金していきましょう!

貯金箱での貯金はあまりオススメできない

「貯金箱」での貯金方法もアリかもしれませんが、簡単に取り出せるためすぐ手をつけてしまう可能性もあります。今はネット上で簡単に銀行間で資金の移動ができるので、やはり銀行口座がベターです。

財布を2つ持ちにする

別の口座にお金を移動させたら、実際に日々の無駄使いをおさえる習慣をつけましょう。

そこでおすすめなのが、「1日あたりに必要な金額を計算して、その分だけを財布に入れて持ち歩く」方法です。

1日あたりに必要なお金というのは、食費、その日に買い物する予定の日用品など、必要最小限の予算です。

しかし、必要最小限だけのお金しか持っていないのも不安でしょう。

「いざという時のための財布」を別に用意する

「必要最小限のお金しかない財布」+「例外的な出費のための財布」の2つ持ちにすれば無駄使いも抑えやすく、現金を持っていないことの不安も解消されます。

わざわざ別の財布を用意するのが面倒であれば、定期入れの中やバッグのポケットにお札を入れておいても良いでしょう。

使えるお金と貯金すべきお金を隔てるだけで節約がしやすくなのです。

ゲーム感覚で家計簿作成できるスマホアプリ

「家計簿が苦手、面倒」という方にも、スマホの家計簿アプリならば導入しやすいかもしれません。

スマホアプリの家計簿の場合、視覚的な分かりやすさや多彩な機能で、家計簿をつけること自体が楽しくなりますし、電車の中や昼食中などいつでもどこでもできるのが魅力です。

また、スマホアプリの家計簿にはゲーム感覚できるものもあります。

iPhoneアプリ「貯金エクササイズ 楽しい家計簿」

(参照:AppStore

「貯金エクササイズ 楽しい家計簿」は目標の貯金額に到達できるかどうかを競うゲーム感覚の家計簿アプリです。

月あたりに使える金額と給料日を設定し、日々使った金額を入力していくだけのシンプルな操作だけなので、家計簿が苦手な方でも続けやすいです。

家計簿は、きっちり収支が確認できなくでも、習慣付けることで節約の意識が芽生えます。

「何もしないよりはやったほうがマシ」くらいの感覚で十分なのです。

楽しく食費を節約するには?

水道光熱費や通信費などの固定費より各家庭で支出に大きな差が出るのが食費かもしれません。

人によってどういう食事をするかが全然違うからです。

いずれにしても食費を節約するには自炊が基本です。

健康やダイエットのための自炊と考える

「節約のために自炊をする」…となると、食事自体を我慢しているようでストレスに感じてしまうかもしれません。

「健康やダイエットのための自炊」に切り替えれば、食事のメリット要素が増え節約もより楽しくなります!

「節約=ダイエット」にできる!

安価な食材と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、豆腐、もやし、鶏むね肉…などでしょう。

実はこういった食材は低カロリーでダイエットに向いていますし、ヘルシーな食材です。

スーパーなどで安価な食材をチョイスして節約していけば、同時に健康的な食生活も実現できてしまうのです!

ブログやSNSで節約メニューの情報を交換する

「節約のため」、「健康のため」と、いろいろ考え、せっかく時間をかけて料理しても、旦那や子供が10分で食べて終了…

主婦の方がだんだん自炊をするモチベーションが下がってしまうのも無理はありません。

ブログやSNSで情報交換をすれば、自炊がもっと楽しくなるかもしれません!

まずは他の人のレシピを参考に

安い食材だけで飽きのこないメニューを作り続けていくには、なんといってもレシピの豊富さが重要です。

個人の料理に関するブログ記事やクックパッドなどのレシピサイトを最大限に活用して、どんどん新しいメニューを作っていきましょう。

他人の考えたレシピを実践するだけでも楽しいですが、自分なりのレシピをネット上に公開すればさらに料理が楽しくなります。

一生懸命作った料理が食べ終わったあともネット上に残れば、自炊のモチベーションもアップし、節約も継続できるようになるでしょう。

一人暮らしで楽しく節約するには?

複数の家族と一緒に暮らしている場合、突然「節約する!」と言っても、家族の協力がないと、なかなか実践できない場合も多いです。

しかし、一人暮らしなら自分次第でいくらでも節約できます。

「節約」ではなく「断捨離」に

最近、意識的に最小限の物だけで生活をしようという「断捨離」や「ミニマリスト」の考えが注目を集めています。

何かを我慢して節約をするのではなく、ポジティブに物をどんどん減らしていく断捨離をすれば、結果的に楽しく節約ができるかもしれません。

適度に電化製品を断捨離して電気代を節約

電化製品と一口にいっても、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エアコン、照明、パソコン、テレビ、携帯電話などいろいろあります。

ひとつひとつの電気代はそれほど大したことはないですが、これら全て捨ててしまえば、かなり電気代の節約になるでしょう。

しかし、こういった断捨離の場合、捨てることのデメリットも考える必要があります。

例えば、冷蔵庫を捨てればその分の電気代は浮くかもしれませんが、食材の保存ができないので自炊をするのが難しくなります。

必然的に外食やコンビニ弁当などに頼ることになり、節約しにくくなるのはもちろん健康的にもあまり良くありません。

他にも、エアコンなど冷暖房器具が無ければ体調を崩してしまうかもしれませんし、洗濯機が無ければ貴重な時間を取られてしまいます。

あまり極端な断捨離は途中で挫折してしまい、結果的に節約に結びつかない可能性が高いので、日常生活にあまり支障のないものから始めましょう。

クレジットカードで払えば節約に

一人暮らしの場合、食費や日用品、水道光熱費、通信費、交際費、保険料など、出費の全てを自分で支払うのが基本です。

こういった支払いをできるだけクレジットカードで支払えばポイントが還元されるので、特に苦労すること無く節約ができます。

クレジットカードはそれぞれ還元率が違うので、よりお得なカードを利用するのがポイントです。

支払いは一回払いで

クレジットカードも支払い方法を「リボ払い」にしてしまっては利息が発生するので、全く節約になりません。

支払い方法は1回払いが基本ということです。

デートで楽しく節約するには?

若い男性には「お金がかかるから彼女は要らない」という方も最近は多いと聞きます。

それはやはり「デート=お金がかかる」というイメージがあるからでしょう。

しかし、デートも楽しく節約することはできます!

「リラックス目的」で公園に

大きな公園に行けば、日常生活とはまた違うリラックス空間が広がっています。

そういった特別な空間でありながら、基本的に入場は無料です。

「節約」の目的ではなく、「リラックス」することを目的に行けば、特にケチケチした雰囲気にはならずにデートを楽しめるはずです。

手作りのサンドイッチやお弁当を持参すれば、ちょっとした「ピクニック」にもなるのでさらにおすすめです。

近くの無料スポットをチェック!

無料で利用できる場所は公園だけではありません。

・企業やメーカーが宣伝などを目的とした工業見学やショールーム
・夜景や展望を楽しめる場所
・地方自治体が運営している動物園や水族館
・地方自治体が運営している美術館や博物館

意外にいろいろ種類があるのです!

お住いの地域で、近くにこういったスポットがあるのかチェックしておけば、デートの費用をかなり浮かせられるでしょう。

そこでおすすめなのが、旅行ガイドブックでおなじみの「るるぶ」のサイトです。

全国の無料スポットを簡単に見つけることができます!

(参照:るるぶ.com

同棲生活で節約?

賃貸物件に住んでいる方なら、家賃がもっとも大きな支出ではないでしょうか?

楽しいデートを重ねてより親密になれば、一緒に暮らすことになるかもしれません。

お互いがお金を出し合って、同棲すれば1人あたりの家賃負担も軽くなるでしょう。

電気代やガス代、食費などの生活費も同様です。

総務省統計局のデータでも、世帯人員数が多いほうが1人あたりの負担が少ないというデータもあります。

好きな人と一緒に住んで、なおかつお金に余裕ができれば、これ以上楽しい節約方法はないでしょう。

まとめ

今回、できるだけ楽しく節約する方法について説明しましたが、それは「楽しい」というよりも、「今までの生活レベルを下げずに節約していく」ことと言えるかもしれません。

例えば、今まで御飯が1日3食だったのを2食にすれば、確実に食費を節約できるでしょう。

寒い冬の夜でも暖房や照明をつけなければ電気代の節約になるかもしれません。

しかしそういった無理のある節約方法では、大抵長くは続けられないのです。

「節約したい」となったら、慌てず、できるだけラクな方法をまず考えてみましょう!

スポンサーリンク