デートというのは、つきあい始めの頃はちょっと無理をしてでもお金をかけるかもしれません。

しかし、それが5回目…10回目…となってくると財布の中身も厳しくなってきます。

ふと「1人の時のほうが金銭的に余裕があった…」と、頭をよぎれば恋愛自体を楽しめなくなってしまうでしょう。

生活費などと同様に、デートも上手に節約する方法を考えるべきなのです。

節約デートの基本

まずは誰でもすぐにできそうな節約デートの基本とコツをご紹介します。

リラックスを楽しむ「公園デート」

公園といってもいろいろありますが、デートをするにはなるべく広めで緑のある公園が良いでしょう。

その方がリラックスできますし、プライベートな空間を確保できるからです。

たとえそこに行くまでに交通費が発生したとしても他のデートスポットに比べれば安く上がる可能性は高いです。

公園の最大のメリットは利用がタダということと、公園内にお金を使う誘惑が少ないことです。

とはいえ、単にそこに行くだけでは物足りなく感じてしまうでしょう。

食べ物持参で「プチピクニック」に

公園デートをちょっと特別なものにするために、ランチ用の食べ物とシートを持参してみてはいかがでしょうか?

食べ物もコンビニ弁当などではなく、できれば手作りサンドイッチやお弁当がよいでしょう。

ピクニック感が出るので、公園デートもより楽しいものになります。

さらに、お酒好きならワインボトルとグラスやプラスチックカップを持参するのもありです。

居酒屋やバーで飲むのより安いですし、より開放的でリラックスした雰囲気の中でお酒を楽しめます。

「スポーツ」を目的にする

普段運動をしていないカップルこそ、スポーツをするために公園に行くのもよいでしょう。

公園のルールにもよりますが、バドミントンやローラースケートなどは2人で気軽にできますし、知識があればマット持参でヨガをするのも良いでしょう。

園内をウォーキングするのもおすすめです。

継続的に行えば、デート代が節約できるだけなく、2人の健康にとってもプラスです。

東京都内、神奈川県、千葉県でデートにおすすめの公園

具体的にどういった公園がデートに使えるのでしょうか。

東京都、神奈川県、千葉県内のでおすすめの公園をご紹介します。

東京都
・上野公園
・代々木公園
・葛西臨海公園
・水元公園
・国営昭和記念公園

神奈川県
・海の公園
・新林公園
・四季の森公園
・茅ケ崎里山公園

千葉県
・昭和の森
・香澄公園
・幕張海浜公園
・里見公園

冬でも暖かい「お家デート」

デートのうちもっとも安上がりといえるのは、お家デートです。

屋内ですので夏の暑さや冬の寒さなど季節や天候にも影響されにくいのもメリットです。

また、主なデートスポットは休日は混んでるものですが、自宅ならいつでもリラックスできるのもポイントです。

料理を作って食べる

お家デートの場合も、それなりにやることがないとちょっと退屈になってしまいます。

そこでおすすめなのが、料理を作るって食べることです。

協力して一緒にごはんを作るのも楽しいですし、どちらか一方が腕を振るうのも良いでしょう。

いつも外でデートをしているカップルなら、なかなか手作り料理を味わう機会もないでしょう。

料理の上手い下手にかかわらず、普段とはちがう特別な時間を過ごせるはずです。

また、お家デート+料理の最大のメリットは食費も節約できるという点です。

ちょっと高めの食材を使ったとしても、レストランなどの外食よりは安価に抑えられるでしょう。

DVDやネット動画を鑑賞

恋人同士の定番デートというと映画鑑賞ですが、チケット代+交通費+前後の食事代などを合わせると、大きな出費になります。

自宅でDVDやネット動画を鑑賞すれば、かなり節約できます。

自宅の場合、映画館のような大画面や音響設備はありませんし、基本的に最新の映画は観れないのが欠点です。

しかし古い作品のほうが選択肢は豊富ですし、お互いの趣味にバッチリ合う作品を選べるのがメリットです。

地域別、節約デートスポットの選び方

自宅や公園でのデートは安上がりですが、毎回それでは飽きてしまうでしょう。

地域別に具体例をあげながら、節約デートスポットの選び方を説明していきます!

北海道地方でおすすめの節約デートスポット

工場見学は無料で楽しめるデートスポットとしておすすめです。

大手メーカーの工場などは、自社製品のアピールも兼ねて見学用に開放している場合があります。

興味のある製品なら、カップルでも十分楽しめますし、見学料はもちろん、試飲・試食が無料の場合も多く、節約デートにぴったりなのです!

北海道は、ビールや牛乳などの生産で有名です。

まずは地域特産品の工場をチェックしてみましょう。

アサヒビール北海道工場で「工場見学」

(参照:アサヒビール

アサヒビールのビール工場は北海道札幌市内にあり、道内の他社ビール工場と比べてアクセスが良いのが魅力です。

工場見学の流れは、まず映像でビール作りの基礎を学んだ後、実際の工場見学、そして試飲(20分間に3杯まで!)となります。

トータル約90分間で、料金は無料です。

ギフトショップやレストラン(3店舗)も併設されているので、見学後もゆっくり時間を過ごせます。

しかしそういったお店でお金を使ってしまうと、無料の工場見学に来た意味があまり無くなってしまうので要注意です。

東北地方でおすすめの節約デートスポット

「タダでロマンチックな雰囲気を味わえる」ということで地元の夜景スポットは抑えておくべきでしょう。

仙台城址(青葉城址)で「夜景」を楽しむ

(参照:トリップアドバイザー

仙台城は伊達政宗が築いたことで知られるお城ですが、東北地方の代表的な観光スポットでもあり、地元で人気の夜景スポットでもあります。

有名な観光スポットでありながら、年中無休で24時間オープンなのも魅力です。

資料展示館などに入らなければ料金は無料です。

明るいうちは仙台城を観光し、日が暮れたら仙台の美しい夜景を楽しむ…と、同じ場所で2つの楽しみがあり、しかも無料なのです!

関東地方でおすすめの節約デートスポット

関東の中心でもある東京近郊は「物価が高い」、「何をするにもお金がかかる」といったイメージがあるかもしれません。

実際に油断すればお金がどんどん逃げていく地域でもあるでしょう。

特にこういった都市部での節約デートには、地方自治体の施設を活用するのがおすすめです!

東京都庁からの「展望」

(参照:東京都庁

東京都庁の45階(地上202メートル)には周辺を一望できる展望室がありますが、無料で利用できます!

9時30分~23時まで開放しており、晴れた冬の朝なら富士山が、そして夜なら美しい東京の夜景が楽しめます。

ほかの高層ビルであれば、こういった展望台は有料の場合も多いですが、そこはやはり都が運営しているからこそ無料なのです。

ちなみに東京都民以外の方でも無料で利用できるので、多少交通費をかけてでも来る価値はあるでしょう。

東京は代々木公園や上野公園など、比較的大きな公園も多いので、無料でも楽しめるスポットは意外に多いのです。

野毛山動物園で「動物に癒される」

(参照:野毛山動物園

一般的に動物園は、それほど高くはないにしても料金を払って楽しむものです。

しかし、横浜市の野毛山動物園は市立であるため入場料は無料です!

「入場料無料の動物園」ですが、さまざまな動物が約100種類もいますので、有料の動物園と比べて物足りないといったこともありません。

また、園内では軽食を販売していますが、食べ物の持込みは自由ですし、座って食べることができるベンチやテーブルもあります。

入場料無料で、園内でもお金を使う必要のない動物園なのです!

JR桜木町駅から徒歩やバスで行けるアクセスの良さも魅力です。

中部地方でおすすめの節約デートスポット

一般的に大きな商業施設というのは、来場者にお店などでお金を使わせる場所です。

しかしそういった施設に無料で楽しめるものが含まれている場合もあります。

無料のものだけチョイスして楽しみ、あとは財布の紐をしっかりしめておけば、節約デートとして活用できるのです!

オアシス21で「空中散歩」

(参照:オアシス21

オアシス21は愛知県名古屋市にある、公共施設と商業施設の複合施設です。

バスターミナルやさまざま店舗がある施設ですが、「緑の大地」という大きな公園もあり、カップルや家族連れがのんびり楽しむこともできます。

オアシス21の目玉は、「空中散歩」ができる水の宇宙船です。

水の宇宙船とは施設のシンボルでもある地上14mのガラス製の大きな屋根のことですが、この屋根の上を歩くことができるのです。

屋根の床は透明で浅い水に覆われており、周囲を歩けば、まるで空中を歩いているような不思議体験ができるのです!

また夜になるとライトアップされ、昼間とは違う幻想的でロマンチックな雰囲気を楽しめます!

この水の宇宙船や公園(緑の大地)の利用は無料です!

近畿地方(関西)でおすすめの節約デートスポット

一般的にアミューズメント施設というと、入場料や施設利用に高いお金を払うものです。

しかし、企業が自社製品の宣伝を兼ねている施設なら入場無料で楽しめる場合も多いのです!

インスタントラーメン発明記念館で「学ぶ・作る・味わう」

(参照:インスタントラーメン発明記念館

大阪府池田市にあるのが「インスタントラーメン発明記念館」です。

今や世界中で愛されている日本のインスタントラーメンですが、その歴史や魅力を数々の展示物を通じて学べるアトラクション施設です。

入場料が無料なのは日清食品が運営しており、日清食品の製品の宣伝も兼ねているからでしょう。

「見るだけじゃ退屈」という場合は有料のアトラクションに参加するのもよいでしょう。
・チキンラーメンファクトリー:大人500円(小中学生300円)
チキンラーメンを小麦粉から作る体験ができる。
・マイカップヌードルファクトリー:300円
スープやトッピングを自分で選び、オリジナルのカップヌードルを作る。

また、テイスティングルームがあり、地域限定の珍しいカップラーメンなどを自販機で購入し食べられますが、値段は200円前後のものが多いです。

食事代まで安く済んでしまうアトラクション施設なのです!

中国地方でおすすめの節約デートスポット

歴史を感じさせる古い町並みは、歩いているだけでいつもとは違った気分にさせてくれるものです。

全国各地にそういったおすすめスポットはありますが、散策するだけならタダです。

とくに目的を持たないノープランデートにもおすすめです!

倉敷美観地区を「散策」

(参照:倉敷観光WEB

岡山県倉敷市にある「美観地区」は市の条例で江戸・明治時代の建造物が保存されている地区です。

地区内に入れば、ほとんど「歴史のテーマパーク」といった雰囲気ですが、歩くだけならタダです。

おしゃれなカフェや雑貨屋、博物館や美術館、さらに季節ごとのイベントなどもありますが、多少費用がかかったとしても、一般的なテーマパークよりは安く済むでしょう。

四国地方でおすすめの節約デートスポット

自然の風景を楽しむだけなら、料金がかからない場合がほとんどです。

近くに海や山、川などがあればデートで訪れてみてはいかがでしょうか?

自然の風景は見ているだけでも十分癒され、普段とは違う気分にしてくれるでしょう。

四国カルストで「自然を満喫」

(参照:愛媛県庁

日本三大カルストとして知られる四国カルストは、愛媛県と高知県の県境にあるカルスト台地です。

海抜1,485mの山頂からは周辺の山々や、晴れていれば太平洋まで見渡せる絶景が広がっています。

また、乳牛が放牧されている地帯でもあるので、草を食べている牛たちを見ているだけでも癒やされます。

松山ICから車で95分と、ガソリン代などの出費は必要ですが、カルスト台地へ入るのに料金はかかりません。

ドライブデートの目的地、日帰り旅行におすすめです!

九州地方でおすすめの節約デートスポット

市町村が運営している無料の公共施設というと、図書館や公園が一般的ですが、なかにはオリジナリティあふれる施設も存在します。

お住いの地域にどういった無料施設があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか?

中には非常にクオリティの高い施設もあるので節約デートに活用できます!

ロボスクエアで「最新技術に触れる」

(参照:ロボスクエア

福岡市ではロボット関連産業に力を入れており、市民がロボットやそれに関連する最新技術にもっと身近に触れられるようにと「ロボスクエア」を設立しました。

「AIBO」などおなじみのロボットから、お掃除ロボットや音楽ロボット、レスキューロボットなど、さまざまなタイプのロボットが展示紹介されています。

入場料は無料です。

ロボットたちを見ているだけでも十分楽しめますが、ロボット工作教室やプログラミング教室など、制作にチャレンジすることで、より深い知識を得ることもできます。

まとめ

限りなく予算ゼロに近いような節約デートは公園や自宅だけではなく、いろいろ種類があることがお分かり頂けたと思います。

種類はいろいろですが、共通するのは「日常とは違う雰囲気を味わえる」、「男性でも女性でも楽しめる」という点でしょう。

つまり、そういった点さえ押さえておけば、意外な場所もデートスポットになるかもしれないのです。

ネットや雑誌の情報に頼らず、お住いの地域でそういったデートスポットの穴場を探してみてはいかがでしょうか?

普通のデートスポットよりも、むしろ思い出深いデートになるかもしれません!

スポンサーリンク