ヤミ金とは

テレビなどのメディアで聞いたことはあるかもしれませんが、ほとんどの人が日常生活の中で触れる機会がないのが「ヤミ金」です。ヤミ金とは一言でいえば「違法な金融業者」ということになります。

主な特徴としてはその貸したお金に対する金利が出資法を無視した20%以上であったり、返済が滞ってしまった場合に利用者の家族や勤務先に対してまでも嫌がらせ行為を働いたりなどの貸金業規制法に違反する取り立て方法を行ったり、または、そもそも貸金業として登録をしていなかったりと、基本的な法律を無視した営業をしており、その存在自体が犯罪行為なのです。

スポンサーリンク

なぜヤミ金を利用してしまうのか

ヤミ金の需要があるのは他の正規に運営しているカードローンなどの貸金業者が「審査」というものを行っている以上、どこからも借りることができないという状況の人が必ず存在するからです。

しかし、ヤミ金を利用する人でもヤミ金と認識していれば利用しないという人がほとんどではないでしょうか。

それはヤミ金の多くが信頼できる知名度の高い企業のグループ会社と見せかけたり、当初は低金利を謳ったりなど、詐欺的な行為で利用者を募っているという現実があるからです。

ヤミ金とは限らない場合も

自己破産暦があったり、ブラックリストに載ってしまったなどの理由で大手の金融業者からの融資が受けられないという場合に、中小の金融業者を利用せざるを得ないという場合もあります。

中小の金融業者とはテレビコマーシャルを放映しているわけでもなく、都心の駅前に大きな看板を掲げているということもほとんどないので、結果的に名前を聞いたこともない会社ということになります。

審査のゆるさを特徴として大手にはできないサービスを展開している合法的な金融業者は存在するのです。

そういった金融業者を利用する場合に、このヤミ金との区別が難しいという状況になりがちなのです。

ヤミ金業者の見分け方

電話での勧誘

本当にお金に困っているというなんとも都合の良いタイミングで電話の勧誘があれば、まず怪しんだほうがいいでしょう。

ヤミ金の業者は自己破産をした人などの個人情報データを違法に入手し、その上でターゲットを絞って勧誘の電話をしてくる場合があります。

基本的な情報を確認

貸金業者が広告を載せる場合に必ず掲示しなければならない内容としてまず登録番号があります。

「都(2)******号」などの表記になりますが、国や都道府県に貸金業の登録をしてあればこういった番号があり、またそれを明示しなければならない義務があります。

インターネットでヤミ金業者を確認

実際のところ、現代のヤミ金はそれなりのホームページを持っていたり、上記の登録番号も架空のものながら明示していたり、社名がどこかで聞いたことがあるような社名であったりと、極力「怪しい要素」を排除した状態で営業をしています。

実際に大手以外の金融機関で融資を受ける必要があるという場合で不安なときは下記のホームページなどでヤミ金かどうかの確認ができます。さらに実際の利用者のネット上でのカキコミなども参考になるでしょう。

【ヤミ金を利用してしまったら】

もしヤミ金で借入れをしてしまった場合、法外な金利を要求するので返済が困難な状況になり、嫌がらせや暴力的な取立てに遭うかもしれません。

しかし、ヤミ金はその存在自体が法にのっとったものではありませんので、返済する法的な義務もないのです。「借りた自分が悪い」といった考え方をせずに弁護士などの法律の専門家に相談し、法的に解決に導くのが最善です。

ヤミ金の被害に実際に遭ってしまったときの対策」という記事もありますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク