「生活の質はできるだけ落とさずに、楽しく毎日節約したい」
この願い、びっくりするほど簡単に実現できることをご存知ですか。
成功に必要なのはアイデア&根気だけ。

日々奮闘する頑張り屋さんのパパ・ママへ。
家族の絆をさらに深める、とっておきの節約術をご紹介します。

スポンサーリンク

削るならまず食費から

住居費、通信費など、節約できない出費があります。
反面、生活費の中でもっとも見直しやすく、形として現れやすいのが食費です。

4人家族の場合、月の食費は平均6~8万円といわれています。
まずはここをザクッと削っていきましょう。

お金の管理

お財布にお金がたくさん入っていると、紐がゆるんでしまいますよね。
そこで食費の予算を手にしたら、個別に分けることをおすすめします。

例えば1週間で食費を1万円に抑えるのなら、1日に使えるのは約1,400円。
あとは袋の中に1,400円ずつ忍ばせて「これでやりくりするぞ」と固い決意を!

一週間分の献立を作成

予算が決まったら、その中で作れるレシピを考えます。
白菜やキャベツ、もやしなどの食材はボリュームが出るので◎。

その他、まとめ買いできる玉ねぎ、にんじん、ナス。
お腹にたまるイモ類も節約レシピの味方ですね。
頭で考えるだけでなく、家計簿と同じようにメモとして残すことが成功に導く秘訣です。

ネットスーパーや生協の活用も

共働きで時間が取れないときは、ネットスーパーや生協の配送を頼ってみましょう。
献立表を眺めながらその場で注文できるので、予定外の買い物に走ってしまう心配がありません。

献立作りが苦手な方は「食材宅配サービス」の利用もおすすめです。
このサービスはあらかじめ献立が決まっており、必要な食材が届けられるというもの。
買い物の手間を省きつつ、一から手料理を振舞えます。

少量でも満足できる食事の順番

食欲旺盛な育ち盛りの子どもたちに、日々仕事を頑張っているご主人。
「もっと食べたい」とせがむのを、ダメの一言で終わらせてしまうのは心苦しいですよね。

そこで節約上手な献立作りのアドバイス。
食べる順番を決めてみましょう。

レストランのコース料理を思い出してみてください。
はじめにスープが提供されて、サラダ、メイン、ライス、デザートの順でやってきます。
そしてデザートを食べ終わる頃には、量を食べていなくても満足感があったはずです。

食べる順番は満腹感と密接に関係しています。
食物繊維の多いスープやサラダを先に食べると、血糖値の上昇が穏やかに。
その後、消化に時間のかかるタンパク質を食べると満腹感がアップします。

この順番を応用すると、少量で満足できる食事を並べられますよ。

鶏胸肉が救世主!部位で変わるお肉の値段

メインディッシュといえばやっぱりお肉。
「ある」と「ない」では食事の楽しみが段違いですよね。
しかし野菜と比べると、どうしても割高になりがちです。

そこで注目したいのは、部位による値段の違い。
例えば節約レシピのトップに君臨している鶏胸肉は、100gわずか50円で売られていることも。
パサパサ感が気になるお肉ですが、調理方法次第でジューシーに仕上げられるのです。

鶏胸肉をジューシーに仕上げる調理方法

鶏胸肉は脂肪が少なく、水分の多い部位です。
そのため、うまく水分を残せないとパサパサする原因に。

調理前は下処理として、塩や砂糖を塗り込みましょう。
小麦粉や片栗粉をまぶしておく方法でも、水分をギュッと閉じ込められます。
その他、綿棒で軽くたたき、繊維を壊しておくのもおすすめです。

そして調理の際のポイントは「加熱しすぎない」こと。
表面に火を通し、余熱でじっくり中まで調理すると、美味しさがいっそう引き立ちます。

満腹でスーパーへGO

予算と献立を決めたらいざ買い出しへ。
けれどもその前に気を付けることがあります。

スーパーにはお腹を空かせて行かないこと。

お菓子や総菜など、お店の中にはたくさんの誘惑があります。
もしお腹が空いてるときにジューッと焼けるソーセージの音が聞こえ、試食を勧められたなら…。
予定外の出費を避けるコツは、お腹を満たしておくことなのです。

買いだめはNG

たとえ安く売っていても、まとめ買いは避けましょう。
1つ買い足すだけで、せっかく考えた献立が狂ってしまいます。
週の終わりには冷蔵庫や冷凍庫が空っぽになっていることが理想です。

お会計時はポイントカードを忘れずに

Tカードや楽天カード、イオンカードなどは金額に応じてポイントが還元されます。
毎週、毎月と買い物を続けていると、思った以上のポイントが貯まることに。
「貯まったポイント分はご褒美を買ってOK」などのルールを作っても良いですね。

なお、カードの種類によっては水光熱費の引き落としに利用できるものもあります。
サービスをどれだけ使いこなせるか、これも腕の見せどころです!

プチ家庭菜園でさらに節約

食べた後もう一度育てられる「リボーン・ベジタブル」と呼ばれる野菜があります。
「リボベジ」と略して呼ばれるのが一般的ですね。

よく使われるのは豆苗、ネギ、三つ葉、ハーブなど。
野菜の切れ端や根の部分を、清潔な水に浸けるだけでOKという手軽さです。
サラダのチョイ足し、薬味など、あれば何かと大助かり。

慣れてきたらプチトマト、イチゴ、ラディッシュなどのベランダ菜園に挑戦してみてはいかがでしょう。
食費を抑えて献立の幅も一気に広がる、一石二鳥のアイテムです。

光熱費を節約するなら「使うときしか使わない」

食費を削減したあとは、光熱費も見直しましょう。
電気は生活と密着している面が多く、クセなどが相まってムダを見落としがちです。
厳しい目でチェックしてくださいね。

契約アンペアの見直しを

電気代の額面を見て「こんなに使っていたの?」と疑問が湧く場合。
思い切って契約アンペアを下げてしまいましょう。
上限を上回るとブレーカーが落ちるので、最低限の使用に抑えられます。

方法としてはやや荒業。
しかし電気への意識が変わるメリットは、想像以上に大きいはずです。

家族みんなで部屋に集合

家族が1つの部屋に集まると、密度が上がってそれだけでポカポカ。
ひざ掛けを共有すれば、暖房をつけずとも冬の寒さを乗り切る支えとなってくれます。

また暑い日も、1部屋だけの冷房であれば、家計の負担が最小限に。
家族が集まると家の中がパッと明るくなりますし、貴重な団らんの時間を過ごせます。
みんなでワイワイ話していたなら、退屈感や孤独感に苛まれることもありませんよね。

家族の絆がより深まって、テレビをつける頻度はDOWN。
節約しながら有意義な時間を過ごせます。

電力を抑えるエアコンの使い方

冷暖房を使わないことは究極の電力削減です。
とはいえムリをしていたら、せっかくの節約生活を楽しめません。
出費は抑えて快適な生活を送るため、エアコンを使用する際は下記のポイントを要チェック。

  • 室外機に日よけをセット
  • フィルター掃除はお忘れなく
  • エアコンの設定は「自動」
  • 気温によって設定温度の変更を
室外機に日よけをセット

室外機は部屋の温度を外に捨てる役割を担っています。
もし室外機が直射日光に晒されていると、その分余計な電力を使ってしまい効率低下の原因に。

夏場は冷房を付ける機会が多いですよね。
部屋の温度を効率的に下げつつ電力は上げないために、日よけを設置してみませんか。

節電を妨げる室外機のNGポイント
吹き出し口周辺に物を置いてはいませんか。
風通しが悪い状態では、吸い込んだ熱をスムーズに吐き出せません。
ファンの周りはできるだけ広く開けてください。

また、室外機の掃除も効率を上げるためには欠かせません。
洗濯物の繊維や砂埃が裏側にびっしりこびりついているというのはよくある話。
こういった汚れが熱交換に支障をきたしているかもしれません。

室内機と比べて目が届かない物ですので、気を配ってあげてくださいね。

フィルター掃除はお忘れなく

エアコンのフィルターは、ほうっておくとあっという間に埃が詰まってしまいます。
埃の放置はカビにつながるだけでなく、冷暖房の効率低下に。
掃除機で埃を吸い取って、水洗いした後しっかり干しましょう。

この際、エアコンの中に入り込んでいる埃も掃除することをおすすめします。
掃除の目安は2週間に1回です。

エアコンの設定は「自動」

「弱」と「自動」で悩むところですが、ここは「自動」を選びましょう。
設定温度に達すると「微風」に変わるので、「弱」よりもさらに節電できます。

気温によって設定温度の変更を

外気が28℃の日と30℃の日。
同じ設定で冷房を使うのはもったいない。
天気予報を参考に、外気に応じて設定温度の変更を。

冷房の場合、設定温度を1℃上げるだけで約10%の節約になると言われています。
また暖房の場合は2℃低く設定すると約10%の節約になるとも。
日々の心がけで節約上手を目指しましょう!

侮れない消費待機電力

コンセントをさしっぱなしにしていると、使っていなくても電気が消費されてしまいます。
省エネタップを家電ごとに設置して、使わない時はOFFにチェンジ。
使わない部屋があるときや、旅行に出かけるときはブレーカーを落としてしまうのも手です。

すぐに捨てない節水テクニック

さて、最後は水道代にスポットを当ててみましょう。
使うタイミングが限られているので、使用量を把握することがカギとなります。
余談ですが海外の方が日本に来ると、水を使いすぎていることに驚かれるそうですよ。

使用量は風呂>トイレ>キッチン

水を最も使う場所は風呂です。
続いてトイレ、キッチンの順。

全体の使用量で見ると、風呂が約40%でトイレが約22%。
風呂とトイレだけで実に60%以上もの使用量になります。

15分以上シャワーするなら湯船に浸かろう

水を最も多く使う風呂。
シャワーと湯船なら、どちらの頻度が高いでしょうか?

約15分のシャワーは湯船1回分と同等の水を使うといいます。
長風呂がお好きな方でしたら特に、湯船を利用して体や髪を洗う方がオトクということに。
後述しますが、湯船に水を張るとメリットも得られます。

洗濯は風呂の残り湯で

湯船にせっかく溜めたお湯を、そのまま流してしまうのはもったいないですよね。
そこで活用したいのが洗濯の水を風呂の残り湯にするという方法。

洗濯の水消費量は約15%と言われています。
これを節水できたなら、節約がさらに前進します。

残り湯使用の注意点
日にちをまたいだ残り湯は雑菌が繁殖してしまいます。
できればその日のうちにお湯を洗濯へ回しましょう。

色付きの入浴剤を使った場合は、衣類に色がつかないよう、パッケージをよく確認してくださいね。
また、洗うのは残り湯で問題ありませんが、すすぎは清水のご使用を。
残り湯には皮脂や汚れが混ざっており、すすぎに使うとイヤな臭いの原因になりかねません。

風呂の温度は気温と相談

冷暖房と同じように、風呂やシャワーの温度もその日の気温に応じて調整を。
寒い日にぬるいお湯では、体を温めるために水を使いすぎてしまいます。
また暑い日に熱いお湯を使うのも避けたいところですよね。

水道代とガス代を上手に節約するため、バランスの取れた温度の切り替えを心がけましょう。

水圧変えずに節水できる「節水シャワーヘッド」

インターネット販売でも手に入る「節水シャワーヘッド」は心強い味方です。
最近の物は水圧を落とすことなく節水を叶えてくれるタイプが多くなりました。

中には手元に止水ボタンを付けたモデルや、マイクロバブルを発生させるモデルも。
切り詰めるはずが「使い勝手がさらに良くなる」なんていう、嬉しい誤算があるかもしれません。
なお賃貸にお住まいの場合は、変えたシャワーヘッドを保管しておく方が安心です。

トイレの流水量は【大】と【小】で使い分け

家庭で2番目に水を使う場所であるトイレ。
工夫できることはちゃんとあります。

種類にもよりますが、1990年頃のトイレは【大】で流すと約13L。
最近のトイレは【大】で約6L、【小】で約5L以下の流水量です。

意識していないと【大】で流すことが当たり前になってしまいますよね。
状況に応じて【小】を使うよう心がけると、それだけで節水に繋がります。

節約名人になるための豆知識

以上が生活の中で欠かせない食費・水光熱費についてのご案内です。
お役に立ちましたでしょうか?

これらは基本となる方法ですが、それ以外にも節約術はたくさん眠っているのです。
知っているとそれだけで嬉しい、日用品の再利用方法をいくつかご紹介いたします。

使い古した衣類を雑巾へ

毛羽立ったセーター、破けたスカート。
そのままゴミに出すのもアリですが、せっかくなら最後まで使ってみませんか?
ほどよいサイズにカットして、濡らせばそのまま雑巾に。

床、窓、風呂場など、さまざまな場所で活用できます。
衣類の繊細な繊維は汚れをキャッチしやすく、短時間で理想的な掃除が叶います。

やぶれたストッキングは三角コーナーに

女性であれば1枚は持っているストッキング。
破れてしまったら、三角コーナーに応用しましょう。
キメ細やかな目は小さなゴミも逃しません。

また繊維が柔らかいので、革靴やブーツなど、デリケートな素材の掃除グッズにも向いています。

使い古した歯ブラシが便利なタワシに大変身

使わなくなった歯ブラシは、あらゆる場所に使える万能アイテムです。
蛇口や排水溝など汚れがこびりつきやすい場所も、歯ブラシなら簡単に掃除可能。
またカーテンレールなど、細くて普通のタワシでは掃除しづらい場所も小回りよく使えます。

【番外編】外食をやめて手作りへ

職場のランチ、付き合いの外食。
少しでも気を抜けば1,000~2,000円が当たり前のように飛んで行ってしまいます。
丸1日分の食費がたった1食で消えていると考えると、見過ごすわけにはいきませんよね。

できるだけお弁当を作り、外食する回数は「月に何回まで」とあらかじめ決めておきましょう。
理想は外食0回です。

【番外編】衣類を買うならアウトレットモール&リサイクルショップ

お子様の身長や好みは、成長によってあっという間に変わってしまいます。
都度新品の服を揃えていると、被服費はかさむ一方。
そこで衣類の購入は、アウトレットモールやリサイクルショップを利用してみましょう。

思わぬ掘り出し物のほか、時には新品同様の商品が半額近く値引きされていることも。
宝探し感覚で気楽に服を選べます。
雰囲気に左右されないので、自然とセンスが磨かれる点も嬉しいですね。

浮いたお金を貯金して、家族の豊かな将来へ

家族がこれから歩む人生はとても長く、今後様々な選択があります。
お子様が学校に通えば教育費、塾、習い事。
成人すれば結婚、妊娠、出産という一大イベントが控えることになるでしょう。

またご夫婦にとっても、いざというときの保険料、住宅ローンなど出費を考えるシーンは多々。
必要な場所でためらわないための備えは、毎日の生活から始められます。

上手にやりくりするコツは、切り詰めるだけでなくご褒美もちゃんと用意すること。
節約の意味が分かれば、お子様もきっと進んで協力してくれるはずです。
「まだ使えるかも?」を合言葉に、ゲームのように楽しみながら節約生活に取り組みましょう!

スポンサーリンク