毎月服を買っているのに「満たされない」「服が足りない」。
月末の家計がカツカツなのはいつものことで…。
反面、いつも質素なアノ子は余裕があって、センスもバツグン。

おしゃれに向ける情熱は人一倍なはずなのに、どうして差がついてしまうのでしょう?
そこには以外な落とし穴があるのです。

節約しながらおしゃれも楽しみたいあなたへ。
買い物上手になるための「洋服選びのポイント」をお伝えします!

スポンサーリンク

「衝動買い」は自分の服を知らない証拠?

お店で一目見た瞬間「ビビッ」と電撃。
今買わなくていつ買うんだ!とばかりに服を買ったことはありませんか。
そして勢いにまかせて買った服に限って、家で試着したとたん冷静になることは…?

衝動買いは運命の買物となることもありますが、多くは一時の感情によるもの。
ではどうして流されてしまうのかといえば、手持ちの服をよく理解していないからなのです。

今持っている服の傾向・デザイン・色合い。
そういったものがわかっていれば、心にブレーキがかかるはず。

「本当に着こなせる?」「コーディネートできる?」
お店での冷静な判断が、出費削減の近道です。

「コーデ買い」が失敗の種に

「家にある服とは合わないけれど、このお店のスカートでなら組み合わせられそう…」
こういった考えはセンスを下げるレッドカードです。

手持ちの服でコーディネートできないということは、普段の好みと違うということ。
合わせようとすればするほど、自分の好みが迷子になってしまいます!

手持ちの服を忘れない2つの方法

今持っている服の種類は覚えているようで以外と覚えていないのです。
新しい服を前に、気分が昂っている状態であればなおのこと。
「きっと合わせられるはず」と都合よく判断してしまうかもしれません。

そこで提案です!
ガックリ肩を落とさないために、こんなアイデアはいかがですか?

スマートフォンがクローゼットに大変身

自宅の服を1枚ずつ写真に収めて、スマートフォンに保存しましょう。
前後左右はもちろん、自分が着ている姿を写しておくと、より想像しやすくなりますね。
写真があればイメージ違いのストッパーになるだけでなく、コーディネートの参考にも役立ちます。

目的のないウィンドウショッピングは×

お店で服を眺めていると、つい欲しくなってしまいますよね。
我慢できず買ってしまうとどうでしょう。
買ったことに満足して、服の存在を忘れてしまうことがあるのです。

溜息混じりの「いつ買ったの!?」を無くすため、買う物を決めてからお店に足を運びましょう。

節約を呼ぶ「高価」な服

出費を抑えるならやっぱりプチプラ?
よく聞く話ですが、服の節約術で考えると首を縦には振れません。

高価な服は素材や縫製にこだわっているものが多くあります。
丁寧な作りということは、それだけ長持ちするということ。
数回の洗濯で伸びてしまうシャツよりも、繰り返し使えるシャツの方がコスパは優れていますよね。

また高価な服は、奮発したぶん大切に扱えます。
服1着に深い思い入れを持てたなら、これほど素晴らしいおしゃれ体験はないことでしょう。

「安価」な服で気をつけたいこと

もちろん安い服にもいい面があります。
気兼ねなくあれもこれもと買えますし、インナー類もサクッとそろえられたりします。

しかし気をつけたいのは、安いからといらないものまで選んでしまうこと。
一つひとつは小さくても、膨らめば無視できない出費となるはずです。

また、縫製の粗い服が多いこともお忘れなく。
購入前に隅々までチェックして、長く使える服を見極めましょう。

ハイブランドを”選ぶだけ”では節約ならず?

さて、高い服と安い服をご紹介してきましたが、高ければ良いというわけではありません。
良い服はブランドだけでなく、素材や縫製、自分に似合うのかも重要な要素です。

あらかじめ予算を決めて、その中で自分が納得できるものを探しましょう。
同じ金額でも服によって作りはさまざま。
1年後の自分が着られるのかという点も、大きな判断材料になり得ます。

買物時間が浪費に影響

人の体は複雑で、判断力が鈍るタイミングがあるのです。
例えば休日前や給料日。
「今日はパーッと楽しもう!」という気持ちになりますよね。

このタイミングで服を買いに行くのは注意!
気を付けているつもりでも、思わぬところで散財に陥るキケンがあります。
じっくり選べる休日の昼間などを利用して、お買い物に出かけてくださいね。

節約しながらおしゃれを楽しむポイント3つ

節約上手になるのなら、無駄な出費を抑えることが欠かせません。
ちょっとした視点の切り替えでできる、節約おしゃれ術をご覧あれ!

自分流のファッションを追及

おしゃれを外さないコツは、自分らしいスタイルを構築すること。
スタイルが決まれば、自然と服の系統が似てきます。
そうすると着回しの幅が広がり、手持ちの数以上に様々なアレンジが楽しめます。

帽子やアクセの小物使い

服はシンプルにまとめて、帽子やアクセサリーに個性を発揮。
使う、使わないのタイミングを自由に決められるのが嬉しいポイントです。
服よりも主張しすぎないので、個性的なグッズもセンス良く組み合わせられますよ。

断捨離でさらに節約上手へ

タンスの肥やしを放置したままではいけません。
「いつか着るから」という思いが、おしゃれに影を落とすのです。
以下のような服があったなら、思い切って断捨離しましょう!

  • 流行を過ぎた服
  • 何シーズンもタンスの奥に眠ったままの服
  • 着こなせなかった服

お気に入りの服を捨てるのは気が引けますが、ここは心を鬼にして。
袋にたっぷり入った服を見たなら、もう無駄遣いするものかと強く意識できるはず。
まだ着られそうな服であれば、リサイクルセンターに持っていくのもおすすめです。

低コストで服を買うなら

最後に、服を買うのに最適なタイミングをこっそりお伝えいたします。
上手に買えたなら出費をグンと抑えられるはず!

アウトレットモール

アウトレットだからと侮ってはいけません。
新品が半額なんてことは珍しくなく、場合によってはさらに値引きされていることも。
また運がよければ、当時買うのを我慢した服と奇跡の再会を果たせる可能性もありますよ。

サマーセール(7~8月)

7~8月は夏服を買うチャンスです。
前年の売れ残りがバーゲンセールとなっていることもあり、思わぬ収穫に巡り合えることでしょう。
セール中に必要な服を揃えておけば、シーズン中の出費を丸ごと抑えられます。

ウィンターセール(12~2月)

ちょうど肌寒くなってきたころにウィンターセールが開催されます。
高額なコートも、このタイミングであれば手が届きやすいはず。
素材の良いアウターは寒さをしっかり防ぐので、インナーの出費節約にも繋がります。

福袋

失敗するのではと考えて、購入しないのはもったいない。
福袋はお店の一大イベントで、普段では考えられないようなプライスのものがほとんどです。
ベーシックなスタイルのブランドであれば当たりはずれの差もわずか。

どうしても趣味の異なる服は、オークションやリサイクルセンターを活用しましょう!

古着屋

使用済みの服が集まる古着屋ですが、ハッとするようなブランド物が並んでいることも。
服屋の雰囲気に流されてしまう可能性も低く、ありのままの商品を見極められます。

なお、古着というのは、持ち主に手放された理由があります。
傷やほつれ、シミなどの有無を見て、許容できるものであれば購入しましょう。
新品を扱う服屋に比べて、値段が非常に抑えられている点も大きな特徴です。

ファッションを我慢しない節約生活

服やメイクなど、ファッションは存分に楽しみたいですよね。
一言に節約といっても視点を変えれば想像以上に自由なのです。

服を大切に、愛情を持って着ていると、それだけでセンスが磨かれるよう。
節約を味方へ変えて、ワンランク上のファッショニスタを目指しましょう!

スポンサーリンク