身近な人などが亡くなり、お通夜に参列することになれば、基本的に手ぶら

ではなく「香典」を持参します。

しかし香典も「ただお金を袋に包んで渡せばいい」というものではありません。

失礼が無いよう、マナーや金額の相場などをきっちり理解してからお通夜に参列したいものです。

スポンサーリンク

香典とは

香典は亡くなった人へ「お香を供える」や「供養」といった意味がありますが、金銭を渡すことで突然の不幸に見舞われた遺族への援助の意味もあります。

香典を渡すタイミング

香典はいつ渡すものでしょうか。

お通夜とお葬式の両方に参列するのであれば、お葬式に渡すのが基本と考えていいでしょう。

しかし、特に都心部では仕事の関係などで夜行われるお通夜にしか参列できない方が多いのが実情です。

参列するのがお通夜のみの場合、香典はお通夜に渡します。

誰に渡せばいいのか

お通夜では通常「受付」がありますので、まずはそこに行き香典を渡すことになります。

受付では「このたびはご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」といった形式的な挨拶をし、ふくさから香典を取り出し、受付の方に渡します。

受付では芳名帳があるので、そこに自分の名前を記載します。

代理の人が渡すことも

遠方で行けない場合など、代理の人が香典を渡すこともできます。

代理の人は受付で香典を渡す際に、芳名帳に自分の名前と実際に来ることができなかった方両方の名前を記載します。

郵送で送ってもOK

代理人がいないようなら郵送で送ることも可能です。

その場合、現金書留封筒に香典袋とお悔やみの手紙を同封します。

香典袋のルール

香典袋は渡す相手によって違いがあるので注意が必要です。

宗教によって表書きが違う

まず注意しなければいけないのは、故人の宗教によって表書きの表記が違うことです。

仏教:御霊前、御香典、御香料
神道:御霊前、御神前、供神前、御玉串料
キリスト教:御霊前、御花輪料、御花料、御ミサ料、弔慰料
無宗教:御霊前

見慣れない文字が並んでいて区別が難しいですが、各宗教で共通して利用でき、香典袋としてもっとも一般的なのが「御霊前」です。

香典袋はあらかじめ表書きが印刷された状態で売っている場合が多いですが、とりあえず御霊前と書かれた香典袋を購入すれば問題ないと言っていいかもしれません。

ただし、浄土真宗は「御霊前」より「御仏前」が基本であったり、宗派によっては例外もあるので、あらかじめ確認できればベターです。

宗教はいろいろあるのでちょっと気を使う部分ですが、日本の通夜や葬式なら袋の表記は違えど香典の習慣自体は宗教問わず共通なのです。

表に自分の名前を書く

香典袋の御霊前などの表記の真下に自分の名前を書くのですが、基本としては薄墨(薄い黒)の毛筆で書くとされています。

しかし、実際のところ通常の黒い筆ペンで書く方も多いので、薄墨でなくてもマナー違反というわけでもありません。

ちなみに表に書く名前は連名なら右から目上の順に3名まで。

グループでまとめて渡す場合なら「株式会社○○一同」などと書きます。

中包み

香典袋の中にはさらに「中包み(中袋)」があるのが一般的で、この中にお札を入れます。

中包みの外側には住所・氏名・香典の金額を記入しますが、市販の香典袋であれば、何を書けばいいか分かるように記入欄が印刷されている場合が多いです。

香典袋の表書き同様に筆ペンで書ければベターですが、お住いの住所によっては文字数が多い場合もあるでしょう。

何が書いてあるか解読できないとなると、相手が香典返しやお礼に困ってしまう可能性もあります。

ここは無理をして筆ペンで読めない文字を記入するよりは、ボールペンやマジックで書いたほうが良いでしょう。

中包みは筆以外で記入しても特にマナー違反ではありません。

香典袋のランク

b0a2782999633dc7a2b05d35ef561e62
(参照:アスクル

香典袋の表の帯の部分を「水引」といいますが、安価な香典袋の場合これが単に印刷されているだけになります。

逆に高価なものになると、水引の本数が多かったり、袋の紙質が上質だったりします。

香典袋にもそれなりに価格の幅があるのですが、どの程度の香典袋を選ぶべきかの目安としては以下のよう考えていいでしょう。
・中に包む金額が1万円未満であれば、水引が印刷のもので十分
・参列者が100人以上になるような大規模なものであれば、水引が印刷のもので十分

中の金額が少ない割に香典袋が豪華だと不自然ですし、参列者が多いと会計専門の係の人が開封するので袋自体はあまり重視されないといった理由です。

ちなみに香典袋はコンビニで購入できますし、種類も2~3種類くらい扱っている場合も多いです。

ふくさ

香典袋はバッグなどから直に取り出すのではなく、ふくさに包んである状態から渡すのがマナーです。

香典袋はコンビニでも売っている場合が多いですが、残念ながらふくさはコンビニでは滅多に売っていません。

「急なお通夜でふくさが無い!」という場合は、ハンカチで代用してもOKです。

ただし、赤やオレンジ、ピンクといった派手な色は避け、グレーや紺、濃い緑などを選んだほうがいいでしょう。

ちなみにふくさはどこで買えるかというと、スーパーや百貨店、文房具店、キオスクなどで扱っている場合が多いです。

香典の金額の相場はいくら?

香典袋の中に入れる金額の目安について説明していきます。

少なすぎても失礼ですし、多すぎても相手に気を使わせてしまうので、相場は知っておいたほうが良いでしょう。

香典金額のアンケート結果

香典の金額の相場は故人が誰なのかによって異なります。

また、渡す側の世代によっても微妙に違いがあります。

香典の相場として、全日本冠婚葬祭互助協会のアンケート結果をご紹介します。

故人との関係 20代 30代 40代 50代 60代以上
祖父母 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
100,000 100,000 50,000 100,000 100,000
兄弟姉妹 集計なし 50,000 50,000 50,000 50,000
叔父叔母 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
上記以外の親戚 5,000 5,000 10,000 10,000 10,000
職場関係 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000
勤務先社員の家族 3,000 5,000 5,000 5,000 5,000
取引先関係 5,000 5,000 5,000 5,000 10,000
友人・その家族 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000
隣人・近所 3,000 5,000 5,000 5,000 5,000
その他 3,000 5,000 5,000 5,000 5,000

※単位:円。平均ではなく最多回答の金額。平成24年に約5千人が回答。

(参照:全日本冠婚葬祭互助協会

親族への香典の相場

両親(義理の親)への香典が最も高く、10万円が一般的です。

兄弟姉妹が5万円、祖父母、叔父叔母が1万円が相場です。

それ以外の親戚なら5千円~1万円が相場です。

親や兄弟などの近い親族の葬儀の場合、喪主やその妻、また兄弟で葬儀費用を折半しているといった状況なら香典を出す必要はありません。

会社の人や友人、隣人への相場

親族以外であれば、5千円が香典の相場と考えていいでしょう。

若い世代なら3千円でもいいですし、ある程度年代が高ければ1万円を上限に増やしてもいいでしょう。

連名の場合

渡す相手が職場の方などの場合、連名で渡すケースも多いでしょう。

大人数で一つにまとめる場合は、上記の相場は気にしなくても大丈夫です。

香典は受け取る側は香典返しをしなくてはならないので、例えばあえて一人あたり千円未満にし、「お返しは不要」として渡せば相手にとっても楽です。

連名の場合は有志で話し合って金額を決めることになります。

香典に入れるお金で注意したいこと

中に入れるお金にもマナーや注意点があります。

新札はNG

香典として中に入れるお札は新札ではなく、ある程度使用されたお札にするのがマナーです。

新札だと「故人が亡くなるのを前提として準備していた」と受け止められ、失礼にあたるからです。

たまたま新札しかない場合は、折り目をつければ大丈夫です。

新札が良くないとはいえ、破れていたり、あまりにも汚れていれば印象は良くありません。

避けるべき数字

香典としてタブーな数字があるので注意が必要です。

偶数は良くない

「割り切れるので、故人との関係を断ち切る」、「偶数は陰数なので縁起が悪い」といったことで偶数の金額は香典で避けるべきといわれています。

そういったことで、香典としては3千円、5千円、1万円、3万円、5万円、10万円が一般的です。

ただ最近では、2万円は良しとする傾向もあるようです。
また、「10万円は偶数では?」と思うかもしれませんが、頭が1なので奇数という解釈になります。

連名での香典で合計4万円になった場合

4は偶数の中でも「死」を意味するので、4千円や4万円は最も避けたほうがいい金額といえます。

しかし個人ではなく連名で香典を集めた場合に、たまたま合計が4万円になってしまう状況はありえます。

一人あたりの金額を改めて検討するのも一つの方法ですが、1万円札と5千円札を組み合わせて枚数を奇数にするなどでも問題ありません。

9は「苦」を意味するのでNG

9は奇数ですが「苦」を意味するので、9千円や9万円は避けるべき金額とされています。

香典なしのケースも

最近では通夜やお葬式の際に相手が「香典を辞退する」ケースも珍しくなくなってきました。

・仮に香典を貰っても赤字になるので、なるべく親族だけなどの最小限で葬儀を行いたい
・香典返しなどの手間がかかる
・参列者の負担軽減
といった理由です。

訃報の連絡の際にその旨も記載されているのが一般的なので、相手が辞退している時は香典を持参しないのがむしろマナーです。

まとめ

今までお通夜やお葬式に参列したことがなく、香典を渡したこともない方でもいずれはそういった機会もでてくるでしょう。

もちろん、受け取る側になることもありえます。

いざという時のために、あらかじめ基本的なマナーは知っておくべきかもしれません。

スポンサーリンク