CH001
インターネット上でも比較的情報の少ない「りそな銀行」のカードローンですが、りそな銀行では利用限度額が100万円と低い設定の「りそなクイックカードローン」と上限800万円の「りそなプレミアムカードローン」という2種類のカードローンを展開しています。

いずれも金利の低さが特徴のカードローンですので、条件が合えば持っていて非常にお得なカードローンになりえます。ここでは「りそなプレミアムカードローン」の説明をします。

スポンサーリンク

申し込み条件が厳しめの「りそなプレミアムカードローン」

http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/kariru/cardloan/
りそな銀行が展開する2種類のうちの条件が厳しいほうがこの「りそなプレミアムカードローン」になります。
通常カードローンではその申し込み時の審査で「職業」や「勤続年数」、「年収」など個人的なスペックで利用の可否を判断するのが通例ですが、
「りそなプレミアムカードローン」では「年収400万円以上の方が対象」とカードローンのホームページトップでいきなり謳っています。

当然のことながら年収が400万円に満たなければ審査で落ちるでしょうし、逆に400万円の年収さえあれば審査に通るというものでもありません。
もともと「銀行系」であることや2種類のカードローンがあり一方は「年収・勤続年数不問」と条件の厳しさで差別化をしていることなどから、
どこに申し込んでも審査に通るような人が対象となっているということは明らかです。

しかし、金利の低さは実店舗型の大手銀行系カードローンではトップクラスというメリットがあります。

「りそなプレミアムカードローン」申し込み方法

「りそなプレミアムカードローン」を申し込む際には、まずインターネットで申し込み→審査結果(最短当日中)→契約書が送られてくる→契約書を送ってから1週間ほどですでに持っているりそな銀行のキャッシュカードにてATMで借り入れができる。という流れになります。郵送のやり取りが発生するというアナログな作業が必要になるので、実際的に申し込みをしてから利用できるまでに10日以上はかかるかもしれません。

スピードという面では他のカードローンに大きく劣ってしまうサービスといえるでしょう。また、りそな銀行の口座を持っていないという場合は、審査に通過後に作る必要がありますので、その場合さらに時間がかかるということが想定できます。

「りそなプレミアムカードローン」の利用方法

借り入れはりそな銀行のATMであれば、無料。それ以外の提携ATMでは「所定の手数料」が発生します。
無料で利用できるATMの数が少ないということが想定できるので、「いつでもどこでも気軽に」という利用方法では手数料が負担になってくる可能性もあります。
また、返済はWEB上の専用サイトでの追加返済ができますが、借り入れをインターネットでできるサービスは現時点でありません。

公共料金などが引き落とされる際に、口座に残高が不足している場合に自動で融資をする「オートチャージ」の機能があります。

「りそなプレミアムカードローン」の金利、利用限度額上限

「りそなプレミアムカードローン」の金利は年3.5%~12.475%と実店舗型の大手銀行系のカードローンとしてはトップクラスの低金利です。これよりも低金利となると「住信SBIネット銀行Mr.カードローンのプレミアムコース」などの「ネット銀行系のカードローン」くらいしかないのではないでしょうか。

また、利用限度額の最高は800万円と十分な金額もまた魅力のひとつといえるでしょう。

また、金利に関してはりそなの住宅ローンを利用であればさらに年率マイナス0.5%金利が低くなるというサービスもあり、併用の場合はさらにお得になるというものです。

利用限度額 金利

800万円 年3.5%
700万円 年4.0%
600万円 年4.5%
500万円 年4.9%
400万円 年5.5%
300万円 年7.0%
200万円 年9.0%
150万円 年11.5%
100万円 年11.5%
50万円 年12.475%
(引用サイト:http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/kariru/loan_viewer.html#kinri4

「りそなプレミアムカードローン」まとめ

「りそなプレミアムカードローン」の特徴を端的に言えば、「金利が低い」、「申し込みや使い勝手がイマイチ」ということになるのではないでしょうか。
申し込み時の手間や時間が他の銀行系カードローンに劣るひとつの理由として、「消費者金融と手を組んでいない」ということがあげられます。

他の銀行であれば例えば、三菱東京UFJ銀行なら「アコム」、三井住友銀行なら「プロミス」と業務提携関係であったり子会社であったり、なにかしらのかたちで消費者金融と関係を持っています。
しかしりそな銀行は保障会社も「オリックス・クレジット」という信販会社で、消費者金融とまったく関係がないのです。

そういったことが他のカードローンのような「至れり尽くせり」のサービスが実現できない理由という可能性はあります。

しかし、逆に言えば上記のような「申し込みや使い勝手がイマイチ」といった追加価値的な部分が無い分、カードローンにとって本質的な重要課題である「低金利」を実現できるといえるのかもしれません。
「金利」をもっとも重要視し、さらに「実店舗のある大手の銀行」のカードローンを希望ということであれば「りそなプレミアムカードローン」はおすすめのカードローンといえます。

スポンサーリンク