water-kitchen-black-design

お風呂や洗濯、トイレなどの下水道代など、日々の生活のいたるところで重なる水道代。
2カ月に一度請求されるため、ついつい使いすぎてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかしその料金は、基本料金と逓増制の水道使用量で決まっています。
つまり使えば使うほど、費用は加速度的に増えていくのです。

そのため、水道代は少しでも抑えるに越したことはありません。

節約方法も使用場所によってさまざまありますが、節水グッズは数も多く出ていて、節約方法もたくさんあるんです。

たくさんあるからこそ、どこで水が使われ、どう節水すればいいのかを改めて知ることが必要になります。

水道が使われている場所を確認しつつ、それぞれにあった節水法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

水道が使われている場所は?

水道代を節約する前に、どこでどれくらいの水が使われているかを確認しましょう。
一般的な家庭での使用量は、以下の通りです。

1位 お風呂 40%
2位 トイレ 22%
3位 炊事 17%
4位 洗濯 15%
5位 その他(洗面所など) 6%

以前はトイレの使用量が1位でしたが、節水型トイレの登場によりお風呂の使用量が1位になりました。

このように生活のあらゆる場面で使われる水。
その利用量も場所のよって違うのです。

水道代を節約しよう

場所によって使用量も目的も異なる水道代は、どのように節約すればよいのでしょうか。
場所別にその節水方法をまとめてみました。

お風呂は○○を使って水道代を節約

どの家庭でも一番使用されるお風呂。
ほとんどの場面でガスも併用されるので、上手に節約すれば水道代とガス代、両方の節約につながります。

水道代の節約は、お風呂から始めると効果を感じやすいでしょう。

節水シャワーヘッドに切り替える

水の出る穴を少なくし、水の使用量を抑える節水シャワーヘッド。
排出する穴は減りますが、その分ホースをつまむ原理で水の勢いも増すことが特徴です。

そのため、節約するだけでなく水圧が弱いと感じている人にもおすすめ。

さらに、シャワーの手元には水を止めるスイッチもついているため、水をすぐに止められます。
無駄な使用を抑えつつ、お湯と水で温度を調整するタイプのシャワーを使っている人には、とても便利な商品です。

SUPERアカパックンで水をきれいに

お風呂の汚れを軽減するための商品・SUPERアカパックン。
浴槽に浮かべるだけで、湯垢を除去し、浴槽の内側に付着する皮脂汚れ吸着してくれます。

水をきれいに保ってくれるので、お風呂掃除の手間を省きつつ、残り湯もきれいな状態で利用できます。

お風呂で浸かった水は、洗濯で使用したくないという人も、SUPERアカパックンを利用すれば残り湯を有効活用できるのではないでしょうか。

お風呂のあとは残り湯を有効活用

お風呂の残り湯はそのまま捨ててしまうと、1回で250リットルの水を捨てることになります。
1リットルあたり0.1~0.2円となりますので、約50円を捨てていることに。
毎日お風呂に浸かる人なら、年間で18250円にもなるんです!

それを考えると、できる限りお風呂の残り湯を使いまわしたいところ。
ではどのような使い方があるのでしょうか。

①掃除に利用する
バケツに残り湯を組んで、ベランダや床を掃除するときの水として利用するのも一つの方法です。
または、そのままお風呂掃除に使うのもありですね。
床を掃除して残り湯で流したあとに、浴槽を洗えば節水効果につながります。

②エアコン・換気扇のフィルターを洗う
エアコンなどのフィルターの汚れがひどいとき、中性の台所用合成洗剤を薄めてつけ置きするとキレイになります。
ただ、つけ置き用で水を貯めるのは水道代がもったいないですね。

そこでお風呂の残り湯を活用して、フィルターつけ置き用の水として利用すると◎。
無駄なく掃除することができますので、ぜひ活用してください。

③洗濯用の水として利用する
残り湯の使い方の定番。
洗濯用の水として利用する。

ただ、お風呂に浸かったときに出てきた油分が気になる人も、なかにはいると思います。

その場合は、先ほど消化したSUPERアカパックンを使えば、油分を気にせず洗濯用として利用できますよ。

家族が多く頻繁に洗濯する人は、残り湯で上手に節約したいですね。

シャワーだけがNGな場合も

浴槽の水は、1回の入浴で平均200~250リットル使用しています。
これはシャワーの水を15分出した場合と、ほぼ同じ量になります。

お風呂を利用する人が多ければ多いほど、シャワーだけの利用の方が水道代を圧迫していることになります。
その場合は浴槽にお湯を貯め、浴槽の水も使いながらお風呂に入ったほうがお得なんです。

使用する人数に応じて、浴槽に水を貯めるかどうか決めるとよいでしょう。

浴槽にお水を貯めすぎない

自動で止まるシステムなら問題ありませんが、手動でお湯を止める場合にやりがちなのが、ついつい必要以上に貯めてしまうこと。
お風呂に浸かったとき、貯めすぎたせいでお湯があふれるとかなりもったいないですね。

それを防ぐためにおすすめなのが、風呂っピーという商品です。
この商品は、温度や水位を設定すれば、それに到達したときにブザーを鳴らして教えてくれます。

お風呂を貯めすぎてしまうという方は、風呂っピーで貯めすぎないようにしてはいかがでしょうか。

浴槽に必要な水の量を減らす

浴槽のお湯を使うとき、水だけで貯めても、身体が接する箇所はほんの一部となります。
つまり水だけで浴槽を満たす必要はないんです。

例えば、ペットボトルを数本入れることで、必要な水の量を減らすことができます。
ペットボトルは手軽に用意できるので、浴槽に毎日浸かる人にとってもおすすめです。

トイレの使い方で水道代を節約

毎日必ず利用するトイレ。
水は流すだけにしか使用しませんが、それでも節水できるポイントはたくさんあります。
トイレでの節水術をご紹介します!

流すときは大・小を使い分ける

流すときに大しか利用しない人は、意外と多くいるんです。
あまり気にしないかと思いますが、実は大と小を使い分けると、毎回4~5リットルの節水になります。

10年以上前の旧型トイレを使っている場合、大:約13リットル、小:約8リットルの水を1回につき使用。
1日3回トイレを利用すると、年間で2190円の節約になるんです。

トイレを流す場合は、大・小を使い分けて流しましょう。

節水型トイレに切り替える

最新のトイレでは、4.8リットルタンクの節水型タイプが登場しています。
旧型トイレは13リットルタンクのものが主流だったので、水の量が従来の約1/3に変更。
切り替えるだけでかなりの節約になります。

また、旧式のトイレは水を止めるとき、ポールタップという装置が働きます。
こちらが弱まり水の止まりが悪くなると、ずっと水が少しずつ流れている状態に。
そうなると、その分の水道代もかさんでしまいます。

初期費用は掛かりますが、できれば最新型の節水トイレに切り替えたいところ。
ただし賃貸物件の場合、簡単にトイレを変えることができないので、戸建てに住んでいる人向けの節水法といえます。

ロスカットで排水量をカット

タンクに取り付けるだけで、トイレの排水量を30%以上セーブできるという節約グッズ。
約5リットルの水をカットすることができます。

取り付けたあとはメンテナンスも必要ないので、一度の設置でずっと節約できます。

カットするのは、最後にちょろちょろと流れる水ですので、排水は問題なく行うことが可能です。

トイレットペーパーは使いすぎない

トイレットペーパーの使用量を抑えることも一つの方法です。

お子さんのいる家庭では、トイレットペーパーを使いすぎてしまうことがあります。
そうすると水の流れの妨げになり、必要以上に排水量が増えてしまいます。

トイレットペーパーを使いすぎないことは、紙代だけでなく節水にもつながりますので注意することも大切です。

やってはいけない節水法

タンクの中にペットボトルやビール瓶などを入れて節水する方法がありますが、このやり方はおすすめできません。

トイレの排水は、汚物を流すために決められた水の量があります。
ペットボトルなどで水の量自体を減らすと、しっかりと流しきれない可能性があるので注意しましょう。

食器の洗い方を変えて水道代を節約

キッチンで一番水を使うタイミングは、食器を洗う時なんです。
食器の洗い方を変えたり、使用する水の量を減らすことで節水につながります。

節水コマで水量を抑える

節水コマとは、蛇口から出てくる水の量を調整できコマです。
水道局営業所から無料でもらうことができます。

通常のコマよりもゴム部分が厚くなっているため、水の流れを半分にしてくれます。
その効果は、1分で最大6リットルの節約に。
取り付けも簡単なので、ぜひおすすめです。

営業所によっては配布をしていない可能性があります。
その場合は、ホームセンターやネットで購入できますのでご安心ください。

ただ、レバー式の蛇口にとりつけられないのが、節水コマの難点。
レバー式の蛇口でない人は、節水タイプのヘッドを蛇口に取り付けましょう。

節水アダプター(泡沫タイプ)を設置

蛇口に節水アダプターを取り付けることも、水量の節約につながります。

おすすめは泡沫タイプ。
細かな粒子で水が出るようになるので、水が跳ねるのも抑制。
そのため、食器をすすぐときの水を約50%ほど節約できます。

更に水流音を弱めてくれるので、静かに水道を使えるようになります。

ため洗いで節水に

洗剤を流すとき、一回一回水を流すと水道代も高くなります。
そこで水を貯める桶を用意し、すすぎはそこで行う方法も節水になります。

水を流しっぱなしにした場合、5分間で30リットルの水を使用することになるので、流す量を減らす工夫が大切です。

洗う順番でも節水できる

洗う順番一つでも、水を節約できます。
汚れの少ないお箸・フォークを最初に洗い、コップ、お椀・お皿、最後にフライパンなどを洗う。

洗剤の着けたしも必要なく、水を使う量も減らせるので、汚れの少ない小物から洗うようにしてみましょう。

スポンジ変えるなど洗い方の効率アップ

激落ちくんなどのスポンジに変えることで、すすぎに使う水の量を減らせます。
汚れを簡単に落とせるので、使う水が必要最低限で済むためです。

他にも、洗う前につけ置きして汚れを落としやすくしたり、フライパンの油などを料理の途中で使ったキッチンペーパーでふき取ったりしておくと、洗剤・水の両方を節約。

洗う効率をアップさせることが節約のポイントです。

水道代を節約できる洗濯方法

水をたくさん使う洗濯は、できる限り節水したいところ。
ただ、やり方次第では汚れを落としきれなくなるので、正しい節水方法を行うことが大切です。

洗濯機8割程度をまとめて洗う

洗濯時の水の量を減らすためには、回数を少なくすることが効果的。
できる限りまとめて洗うようにしたいところですが、洗濯機パンパンにものを詰めてしまうと逆効果になります。

洗濯機の8割程度をまとめて洗うようにすると、汚れが残らず回数を減らすことができます。

お風呂の残り湯で洗濯

お風呂の項目でも説明しましたが、残り湯を利用するのは節水に大きく役立ちます。

ただ、残り湯を洗濯機に移動させるのが大変だという人もいるかと思います。
そんな時はバスポンプを利用すると便利です。

安物は1000円程度で購入できるので、すぐに元を取ることができます。

洗面所でも水道代を節約できます

朝の支度や夜は寝る前に使用する洗面所。
意外と水を無駄使いしている人も多数いるようです。

洗面所で気を付けたい節水ポイントをまとめましたので、こちらを参考にしてください。

歯磨きはコップ一杯の水で

歯磨きをする際は、事前にコップへ水をためておくことがおすすめです。
手で水をすくって口をゆすぐ際、多くの人が水を出しっぱなしにしています。

その場合、水が無駄に流れ続けてしまうので、コップにあらかじめ必要な水を取っておくとよいでしょう。

また、歯磨きのあとは口をゆすぎ過ぎると逆効果となりますので、使用する水を一杯分に収めるようにしましょう。

ため洗いで洗顔する

歯磨き同様、洗っているときに水を流しっぱなしにする人が多くるようです。

水を無駄に流さないためにも、ため洗いをして使用する水の量を減らしましょう。

節水は普段からの意識が大切

毎日使う機会の多い水は、できる限り使用量を抑えたいところ。

東京水道局でも、
・歯みがきするときは、水を出したままにしない
・お風呂の水は再利用する
といった節約方法を推奨しています。

天候によっては不足する可能性のある水だからこそ、普段から節水を意識したいところです。

少しでも興味をお持ちの人は、ぜひ節水してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク