f65dd762a7c58a0d7fd36e4f3dcf111c_s

結婚を決める前に、一定期間は一緒に生活して見極めたい…。とにかく好きだから一緒に居たい…。

カップルが同棲する理由もそれぞれかもしれませんが、今まで一人暮らしだった方が2人で生活を始めるとなると、お金の面での不安もあるでしょう。

ひょっとして今の月収で同棲は無理?一人のほうが楽?

今回は同棲する場合にどれくらいお金が必要か説明します!

スポンサーリンク

同棲に必要なお金をシミュレーション

では、同棲開始~日々の暮らしにどれくらいお金がかかるのか。

総務省の統計データなどを参考に、平均的な出費をシミュレーションしていきます。

初期費用がいくらか計算

一般的に同棲というと、親の実家ではなく、賃貸物件に住むケースの方が多いのではないでしょうか。

また、彼氏(もしくは彼女)がもともと住んでいる場所に同居するケースもあるかもしれませんが、今回は
新たに2人用の賃貸物件に引っ越すケースで考えてみましょう。

引越しにかかるお金

例として家賃8万円の物件に引越す場合で計算してみます。

家賃:8万円
敷金(1ヶ月分):8万円
礼金(1ヶ月分):8万円
仲介手数料(1ヶ月分):8万円
火災保険:1万円
不動産屋に支払うお金の合計:33万円

引越し代は近距離で1人あたり3万円~5万円なので、2人で6万円~10万円とします。

合わせて39万円~43万円となります。

家具・家電

家具や家電の出費はどうなるでしょうか?

お互いに親の実家から引越すなら話は別ですが、もともと一人暮らしの状況からの同棲であれば、今まで使っていたものをそのまま利用すればいいでしょう。

洗濯機や電子レンジ、テレビなどは、1人が2人になったからといって特に支障はありません。

しいて挙げるなら、一人暮らし用のミニ冷蔵庫やシングルベッドなど、2人用のサイズに買い換えたい物もあるかもしれません。

冷蔵庫(350リットル):8万円
セミダブルベッド:4万円

同棲の初期費用合計

上記までの費用をまとめると、約55万円になります。

しかし例えば、ベッドがシングルからセミダブルになれば、それ用のシーツや毛布なども必要になってきますし、何かとプラスの出費があるでしょう。

上記に少しプラスして約60万円~70万円くらいが初期費用の目安になるでしょう。

田舎から都心部へ引っ越せる?

同棲の1つの大きなメリットは、ひとりあたりの賃料を安くできることです。

カップルのそれぞれが1人暮らしをするよりも、一緒に2Kなどちょっと広めの物件で家賃を折半したほうがお得なのです。

…となると、同棲を機に家賃の安い田舎から家賃が高い東京都内に引っ越してもまだお得でしょうか?

各地の一人暮らし用の物件の相場をみてみましょう。

一人暮らし用物件の相場

 

1R/1K/1DKの家賃相場
北海道 3.8万円
秋田県 4.2万円
富山県 4.1万円
新潟県 4.2万円
福島県 4.2万円
群馬県 4.0万円
埼玉県 5.3万円
神奈川県 6.0万円
山梨県 3.8万円
三重県 4.0万円
大阪府 5.3万円
鳥取県 4.0万円
広島 4.7万円
福岡県 4.3万円
宮崎県 3.5万円
熊本 4.1万円
沖縄 4.8万円
東京都 7.9万円

(参照:HOME’S

いくつかの都道府県の相場をピックアップしてみましたが、東京都内、もしくは都内近郊や大阪以外であれば、だいたい4万円前後で1人用の物件が借りられます。東京はその2倍くらいが相場になります。

では次に東京23区内で2人用物件を借りるといくら位が相場でしょうか。

東京都内の2人用物件の相場

 

1LDK/2K/2DK相場
港区 21.2万円
渋谷区 19.4万円
新宿区 16.2万円
世田谷区 12.9万円
墨田区 12.1万円
大田区 11.3万円
荒川区 11.0万円
江戸川区 9.1万円
足立区 8.5万円
葛飾区 8.4万円

東京23区内のいくつかの区の家賃相場をピックアップしてみました。

同じ東京都内でも、区によってかなり家賃の相場に差があることが分かります。

港区や渋谷区といった山の手エリアの場合だと、2人で折半してもひとりあたり10万円くらいになってしまいます。

江戸川区、足立区、葛飾区といった下町エリアであれば、ちょうど地方の一人暮らし用物件の2倍くらいの家賃になります。

エリア次第では、東京23区内でもそれほど無理なく同棲生活ができるのです。

誰が何を払うのか。事前に分担を決めよう

基本的に一人暮らしであれば生活費は全部自分で払いますが、同棲生活を始めれば誰が何を払うかという問題が生じます。

生活していく中で、なんとなく自然に支払いの分担が決まってくるケースもあるかもしれません。

しかし、そうなるとどちらか一方が損をしているような状況になり、小さな不満がお互いの関係に悪影響を与える可能性もあります。

お互いの収入に合わせて支払いの割合を決める

支払いはお互いの収入も考慮し、できるだけ平等になるようあらかじめ分担を決めたほうが良いでしょう。

例えば彼氏の手取り月収が30万円、彼女の手取り月収が20万円であれば、生活費全体の3:2の割合で分担するといった方法です。

では、毎月支払わなければならない生活費の内容を確認してみましょう。

日常の生活費って具体的に何?

生活費の基本的な内訳を総務省の統計データなどからおおよその目安をつけてみました。

家賃:都内近郊の2K~2DK:8万円
上下水道代:4,000円
電気代:9,000円
ガス代:5,000円
食費:6万円
携帯電話(スマートフォン):1万4,000円(1人7,000円)
インターネット:3,000円
合計:17万5,000円

2人で上記の金額になるので、50:50で折半するのであれば、ひとりあたり約9万円が最低限の生活費になります。

この金額に加え、人によっては交際費や趣味などにお金が必要です。

おそらく、一人暮らしの時よりも負担が少なく済むのではないでしょうか。

これくらいの金額であれば、社会人カップルだけでなく、一方が学生でアルバイトでも同棲は可能でしょう。

初期費用のお金が足りない場合どうすれば?

毎月の生活費はともかく、同棲を始める際に賃貸契約などで初期費用が60万円くらいと、それなりにまとまった金額が必要です。

「結婚」であれば、親なども金銭的に協力してくれるかもしれませんが、「同棲」となると若干微妙かもしれません。

「貯金が無いと同棲は無理!」となりそうですが、お金が足りない状況で、どうしても同棲したいなら金融機関などから借りる手もあります。

以下の2つの借入れ方法について、それぞれのメリット・デメリットについて説明します。

・カードローン
・銀行の目的別ローン

カードローン

カードローンでキャッシングするメリットは、
・即日に借りられる可能性もある。どの方法よりもスピーディー
・必要な書類は運転免許証など本人確認書類だけあれば申し込みできる
・他のローン商品より審査が甘め

デメリットは、
・他のローン商品より金利が高い
・新規契約の場合あまり高額は借りられない(借りられる目安として30万円~50万円)
・ATMから気軽にキャッシングできるので、追加で借り過ぎてしまう可能性もある

テレビのコマーシャルでもおなじみのカードローンですが、消費者金融系や銀行系などいろいろ種類があるので、自分に合った会社を選べるのも特徴です。

ただし、「同棲資金目的」で借りたとしても利用限度額内で自由にキャッシングできるので、ついつい日常的に使ってしまう可能性もあり注意が必要です。

もちろん借り過ぎにさえ気をつければ、ATMから気軽にキャッシングできるのは便利です。

銀行の目的別ローン

銀行の目的別ローンでお金を借りるメリットは、
・カードローンより金利が低い
・一つの目的だけのために借りるので、追加で借り過ぎる心配がない

デメリットは、
・借りられるまでに時間がかかる(1週間程度が目安)
・契約書などの提示が必要でやや面倒
・審査が厳しい

目的別ローンはカードローンに比べて若干時間がかかったり、本人確認書類以外の書類も必要だったり、ちょっと面倒な印象があります。

しかし金利は低めですし、カードローンより高額な借り入れができる可能性もあるので、おすすめの方法です。

三菱東京UFJ銀行の場合で、カードローンと目的別ローンの利用条件の違いを見てみましょう。

銀行名 三菱東京UFJ銀行
種類 カードローン 目的別ローン
商品名 バンクイック ネットDE多目的ローン
金利 1.8%~14.6% 5.475%(変動)
融資額 10万円~500万円 50万円~300万円
審査の時間 最短即日 最短即日
借りられるまでの時間 最短即日 1週間程度
使途 自由(事業性資金以外) 申込時に申告
追加の借入れ 限度額内で自由 不可
必要書類 本人確認書類のみ

(限度額200万円超えで収入証明書が必要)

本人確認書類

見積書または契約書

(限度額200万円超えで収入証明書が必要)

(参照:三菱東京UFJ銀行

目的別ローンは50万円からの融資と、底が高めです。

カードローンのバンクイックの方は最低金利1.8%としていますが、これは限度額が500万円になればの話で、基本は高い方の14.6%と思っていいでしょう。

目的別ローンの方が基本的には低金利です。

低金利=審査は厳しくなるので、目的別ローンの利用にはある程度の社会的信用(正社員である、同じ勤務先に何年も務めているなど)が必要になるでしょう。

クレジットカードが利用できる物件もある

賃貸契約の費用を借金でもなく現金払いでもない方法として、クレジットカードで払う方法もあります。

残念ながら一部の大手賃貸住宅建設会社の物件に限定されますが、契約の際の費用や月々の家賃までもクレジットカードで支払うことができます。

メリットとしては、
・通常のショッピング利用のようにポイントが貯まる
・リボ払いにすれば毎月少しずつ支払っていける

といったことです。

しかしリボ払いにすれば、賃貸契約料を分割で支払うことにできますが、毎月の家賃までもリボ払いにしてしまうとちょっと危険です。

家賃は通常のショッピングに比べれば、それなりに高額です。

家賃が8万円なのに毎月のリボ払いが1万円や2万円なら、すぐにショッピング枠の上限に達しますし、利息手数料も高額になっていきます。

利息までは折半しにくい

カードローンでの借金やクレジットカードの利用は、最初の負担が軽く済むのでメリットですが、後々に返済(支払い)がきつくなる可能性があるのです。

特に同棲の場合、一方が30万円借金すれば、もう一方が15万円負担すればいいかというとそうではありません。

実際に借りている方は毎月、元金と併せて利息を支払っていく必要があるからです。

まとめ

単純に計算すれば「同棲生活に必要なお金」は、折半することによって一人暮らしよりも負担が軽くなるかもしれません。

しかし支払いの分担をあやふやにすれば、一方の不満は貯まりますし、途中からなかなか言い出しにくいもの。

同棲生活を始めれば、性格の面やライフスタイルなど、「思っていたのと違う!」といった想定外の問題にいろいろ直面するものです。

しかし、お金がいくら必要かは事前にある程度は分かります。

後々のトラブルを避けるためにも、同棲前にはお金について事前にキッチリ話し合ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク