child-1073638_640

子供が産まれてから大きくなるにつれ、学費などでお金がかかります。幼稚園や保育園は、そのスタート地点と言えるでしょう。

先の事も考えれば、その費用はなるべく抑えたいところ。

今回は幼稚園や保育園の費用がいくらくらいになるのか、できるだけ費用を抑えるにはどうすれば良いかを説明していきます!

スポンサーリンク

私立は高い?幼稚園の費用の相場

幼稚園には私立と公立があり、費用は私立が高く、公立は安いと考えていいでしょう。

幼稚園費用、私立と公立の平均

平成26年度の文部科学省が調査した「幼稚園の学習費」のデータが以下なります。

・公立幼稚園の学費平均:13万8千円
・私立幼稚園の学費平均:35万7千円

(いずれも給食費込みの年間の費用)

(参照:文部科学省-平成26年度「子供の学習費調査」の結果について)

公立と私立では、費用が倍以上も違うので、費用を抑えるなら公立の方が良いのです。

初期費用も必要になる

上記に加え、幼稚園の場合「入園費」がありますし、制服やバッグなども園指定の物を揃えなければなりません。

春頃になると、ワイドショーなどで「有名人の子どもが一流私立幼稚園に入園」といった話題が、よく取り上げられます。

そういった話題の中で「園児用の制服は有名デザイナーブランド」とも紹介され、ちょっとびっくりすることはないでしょうか。

特に私立では、制服やバッグなどプラスアルファの出費もあらかじめ把握しておくべきでしょう。

幼稚園に補助金が出る?

各自治体で幼稚園の費用を補助する制度がありますが、私立幼稚園が対象の場合が多いです。

同じ幼稚園でも私立は公立よりもかなり割高になりますが、お住まいの地域によっては、私立しか選択肢がない場合もありえます。

幼稚園就園奨励費補助金制度

各自治体で入園料や保育料に補助金を支給する制度を「幼稚園就園奨励費補助金制度」といいます。

私立幼稚園が対象になっている場合が多いですが、私立幼稚園が無い地域などでは公立幼稚園を対象にしている場合もあり、各自治体によってルールが異なります。

いくら受給できるかは所得によって決まり、基本的には所得が少ないほど受給額が高額になります。

自動的に補助金が出るわけではないので、各地方自治体に確認し、申請をする必要があります。

幼稚園就園奨励費補助金制度の支給額例

具体的にどれくらい支給されるのか?東京都杉並区の場合を見てみましょう。

世帯年収(目安) 第1子 第2子 第3子以降
生活保護受給世帯 464,800円 462,800円 462,800円
年収約360万円以下 249,600円 365,800円 462,800円
年収約680万円以下 210,400円 332,600円 455,600円
年収約730万円以下 159,600円 214,000円 368,000円
年収約1,000万円以下 80,400円 154,000円 308,000円
年収約1,000万円超え 48,000円 154,000円 308,000円

(参照:杉並区-私立幼稚園等園児の保護者に対する補助金)

杉並区の場合、対象は私立幼稚園に限定されますが、上記のように補助金が支給されます。
実際は住民税の所得割額で区分されますが、分かりやすいようにおおよその年収で表にしました。

年収が高額な方も、補助額は少ないですが支給されます。私立幼稚園に通うお子さんがいるなら、ほぼすべての方が保育料補助の受給対象になるのです。
杉並区の場合、10月と3月に分けて保護者の銀行口座に振り込まれます。

補助金を受給できれば、基本的に高額な私立幼稚園でも少ない負担で済むのです。

保育園の費用は幼稚園より安い?

では次に、保育園の費用について見てみましょう。

平均的な保育料は2~3万円と言われていますが、以下の5点で金額に差が出ます。

①世帯所得
②地域
③保育時間
④子供の年齢、人数
⑤認可か無認可か

保育園の保育料は親の年収によって違う

幼稚園の場合、基本的な保育料は一律ですが(補助金制度を利用する場合は、所得によって受給額に差は出る)、保育園の場合、所得によって保育料が決まります

基本的には所得額が低いほど保育料は安くなりますが、正確な料金は各地方自治体のホームページなどで確認する必要があります。

保育料の一例、東京都杉並区の場合

保育園の保育料がいくらになるかは、住民補助の所得割額によって区分されます。

今回例として、東京都杉並区の保育料をご紹介します。

所得割額によってかなり細かく区分されているので、今回は一部を抜粋しました。

 

区民税所得割額 月額保育料
3歳児未満 3歳児 4歳児以上
5,000円未満 2,400円

(1,200円)

2,000円

(1,000円)

2,000円

(1,000円)

20,000円以上

33,000円未満

9,400円

(4,700円)

9,300円

(4,650円)

9,200円

(4,600円)

77,100円以上

102,500円未満

21,500円

(10,750円)

14,300円

(7,150円)

14,200円

(7,100円)

366,000円以上

398,800円未満

40,000円

(24,000円)

23,900円

(14,340円)

19,800円

(11,880円)

850,900円以上 68,500円

(47,950円)

29,000円

(20,300円)

24,500円

(17,150円)

※カッコ内は第2子の保育料。

(参照:杉並区-【保育料】認可保育園)

同じ保育園でも所得によって保育料が月2,400円の方もいれば、6万円以上になる方もいるということです。

また、年齢が低いほど保育料が高くなることもお分かりいただけると思います。

兄弟がいる方は2人目なら最大半額減額され、3人目以降は無料です。

お子さんの多い方の負担が、より軽くなるように設定されています。

平均的な収入では幼稚園より保育園が高額になる

実際の保育料は各地方自治体に問い合わせるのが確実ですが、年収から保育料をすぐに計算してくれるサイトもあります。

例えば東京にお住いの方なら、以下のサイトがおすすめです。

(参照:東京23区保育園マップ)

“東京23区保育園マップ”で夫の収入400万円、妻の年収200万円で標準的な保育時間の場合を見てみると、

・0~2歳の保育料:25,500円/月
・3歳児の保育料:17,000円/月
・4歳児以上の保育料:16,900円/月

となりました。

平均的なサラリーマン収入の方にとっては、幼稚園より保育園の方が高額になる可能性が高いです。

しかし預かってくれる時間は保育園の方が長いので、一概に費用だけで比較はできないでしょう。

「無認可」の保育園だと保育料は高額になる

上記までで説明したのは、自治体で認可を受けた認可保育園の料金です。

保育園には自治体の認可を受けずに運営している無認可保育園もあります。

保護者にとって、無認可保育園の最大のデメリットは高額な保育料

なぜ無認可保育園の方が高額になるかというと、その運営費の出処です。

・認可幼稚園の運営費:国や都道府県、市区町村からの補助金+保護者からの保育料
・無認可保育園の運営費:保護者からの保育料

無認可保育園の場合、国からの補助が無い分だけ利用者の負担が大きくなりますし、所得が低かろうが高かろうが保育料は一律です。

東京都内の無認可保育園であれば、月額保育料10万円以上などはよくあること。

収入が低い方にとっては大きな負担です。

無認可保育園しか選択肢がない場合も

無認可保育園の中には、独自の教育方針などで人気の園も存在します。

ただし、子供の人数に対して保育士が少ないなど、国が定めた基準をクリアしていないので料金面以外の不安要素があるのも事実です。

しかし最近は、待機児童問題がニュースなどでも話題なように、保育園の数が少ないので「とりあえず子供を預かってくれる場所」を見つけるだけでも大変なのです。

費用の面などを踏まえれば、認可保育園の方が人気が高いのは当然ですが、無認可保育園しか選択肢がない状況もありえるのです。

無認可→認可に転園させる手もある

保育園も一度入園させてから転園(学校で言う「転校」)は可能です。

「認可保育園が定員いっぱいでやむを得ず無認可保育園に入園させた」という方でも、通わせながら認可保育園に待機申請もできます。

諦めずに申請し続け、途中から認可保育園に転園できれば、かなり費用を抑えられます。

幼稚園と保育園、その他の違いは?

幼稚園と保育園の費用について説明してきましたが、改めて両者の違いについて説明します。

幼稚園 保育園
管轄 文部科学省 厚生労働省
年齢 3歳~小学校就学前 0歳~小学校就学前
預かり時間 4時間以上 8時間以上

細かい違いは上記のようにいろいろありますが、
・保育園は仕事で忙しい親に代わって子供を預かる場所
・幼稚園は小学校前に学習する場所
というのが根本的な違いになります。

学力の点で幼稚園のほうが有利?

小学校以降の学習能力を踏まえると、教育を前提とした幼稚園のほうが有利とも思えますが、そうとも限りません。

保育園も最近では英才教育に特化した園もありますし、全く教育をしないわけではありません。

そもそも幼稚園でも保育園でも、基本的に学ぶことは「集団生活」です。

どちらに通わせてもその後の学力に影響が出るとは考えにくいです。

幼稚園と保育園どちらを選ぶべき?

幼稚園と保育園どちらにすべきかは、何を重視するかである程度決まるでしょう。

・とにかく費用が安い方がいい
・なるべく長時間預かって欲しい
・家からもっとも近い園がいい
・充実した施設、教育方針の園がいい

長時間預かって欲しいということなら基本的に保育園の方がいいです。

施設の内容や立地にこだわるのであれば、施設内容紹介のホームページを持っている園も多いので、インターネットで近くの園を検索してみると良いでしょう。

まとめ

幼稚園と保育園で根本的な違いがありますし、公立か私立か、認可か無認可かなど費用面にも違いがあることがお分かりいただけたと思います。

少子化が進む現代ですが、働く女性が増えたということで、幼稚園や保育園は定員オーバーとなし、2016年現在、待機児童問題が多くの働く夫婦にとって問題になっています。

地域によっては高額な無認可保育園しか選べないような状況もありますので、保育料を抑えるなら、住む場所から考える必要があるかもしれません。

スポンサーリンク