pexels-photo

学生時代に女性にモテる男性というのは、
・カッコいい
・スポーツができる
・一緒にいて楽しい

といった条件になるかもしれませんが、結婚適齢期になると、女性が男性に求めるものは変わってきます。

「経済力」が何よりも重要になってくるでしょう。

結婚相談所などに行けば、女性がまずチェックする男性のポイントは容姿よりも年収というのが現実です。

スポンサーリンク

女性が男性に経済力を求める理由

メディアでセレブがもてはやされる時代なので、お金持ちがモテるのはなんとなく理解できます。

しかし、最近は女性もバリバリ働いている時代なので、男性側からすれば、「女性自ら稼げば経済的に困らないのでは?」という気もします。

女性は妊娠、出産などで働けない時期がある

「彼女の年収が自分の年収より高い」という男性も、今はそれほど珍しくないでしょう。

しかし、どんなに社会環境が変わっても、女性が子供を産むことは変わりません。

たとえ男性が家事や子育てを担当する「専業主夫」になったとしても、女性は出産前後に仕事をするのは困難です。

あえて子供は作らないと決めている女性は別ですが、子供のことを考えると、経済力の無い男性を選ぶことは非常に不安なのです。

同棲中の彼氏がいても結婚に踏み切れない女性も

結婚する前に相手のことをよく理解したいのであれば、「ある程度の期間は同棲するべき」という考えの方も多いでしょう。

デート中には見えなかった、良い部分や悪い部分が見えてくるからです。

今好きな人でも「後で後悔するかも」という不安が

しかし、例えば数年同棲し、お互いの関係になんら問題が無かったとしても、男性の収入が低ければ結婚を躊躇する女性も多いです。

「20代の今は一緒にいて本当に幸せ。でも、子供ができて30代、40代…となり、このまま幸せな状態が続くのかな?」

だれでも時間の経過や環境の変化で、気持ちが変わることは分かっています。

「お金がないことで、将来的に関係が悪化するかも」という不安がよぎれば、「最初からお金がある人を選ぶべき」となるのは当然です。

彼女の親が許さない場合も

当人同士は結婚する気まんまんでも、親が結婚を許さないケースもあります。

親は当人と違い恋愛感情がないので、相手の男性のスペックで冷静に判断します。

「職種」、「学歴」、「年収」、「家族」などなど、いろいろ判断基準はあると思いますが、将来的に安定した収入が得られないと判断されれば、結婚に賛成しないでしょう。

「結婚できないくらいお金がない」の年収は?

「お金がないから結婚を諦めている」、「お金がないから彼女を作る気にもなれない」といった話をよくに耳にしますが、結婚するのに十分な年収は具体的にいくらなのでしょうか?

d5a6eac6c53d40d446ad2405c487b2c1
(参照: PRESIDENT Online

※内閣府「結婚・家族形成に関する調査(2011年3月)

上の表をご覧になるとわかると思いますが、年収300万円未満になると、10人中1人以下しか結婚しておらず、300万円以上(4人に1人以上が既婚)に比べるとグッと既婚率が下がります。

年収300万円が「結婚できる・できない」のボーダーラインといえそうです。

お金がなくても幸せな結婚生活を送る方法

年収300万円未満になると、極端に既婚率が下がりますが、結婚している人がゼロではありません

年収300万円未満でも結婚して実際に幸せに暮らしている方もいるのです。

結婚後は、さまざまなシーンでお金が必要になりますが、なるべくお金を使わない工夫さえすれば、お金がなくてもそれほど困らないかもしれません。

さまざまな状況での節約方法をみていきましょう。

お金がないと結婚式できない?

結婚というのは人生の中でも特別なイベントですので、その前後のタイミングでいろいろお金がかかります。

プロポーズに婚約指輪は必要?

映画やドラマで男性が女性にプロポーズの際に、婚約指輪をサプライズで渡すのは定番のシーンですし、結婚の意志を明確にするには分かりやすいアイテムです。

しかし、結婚指輪と違い、滅多に付ける機会がないものですし、「必要ない」と考える方は多いです。

実際に「婚約指輪は渡していない」方も少なくありません。

比較的優先度は低いので、無しでも大丈夫です。

結婚指輪は必要?

結婚指輪は「結婚したんだ」、「夫婦になったんだ」と目で実感できるものですし、夫婦仲に問題があった時は、指輪の存在が助けになってくれるといったメリットもあるかもしれません。

そういったことから「“婚約”指輪が無くても、“結婚”指輪は最低限必要」と思うかもしれませんが、結婚指輪を購入せずに結婚したカップルも、少数派ですが一定数います。

また、購入しても付けない方も珍しくありませんので、絶対に買わなければならないという概念は捨てるべきでしょう。

結婚指輪のお金を節約したい場合、

・結婚指輪は絶対に買わなければならないものではない
・結婚後、余裕がある時に買ってもいい
・女性(嫁)の指輪だけ購入するのもアリ

といったことは知っておくべきです。

結婚式は節約できる?

結婚式は平均的に300万円~400万円くらいかかるといわれますので、お金がない状況だと、かなりハードルの高いものになります。

節約方法としてベストな方法は「結婚式をしない」という方法です。

結婚式は義務ではありませんし、しないカップルも珍しくありません。

結婚において最低限必要なことは、婚姻届を役所に届けることくらいです。

「せめて結婚式くらいは挙げたい」方に必要な節約のポイントは、以下になります。

・ホテルや結婚式場よりもレストランで行う
・大安や土日など人気の日を避ける
・引き出物、衣装、必要なものそれぞれを自分で選ぶ
・親族だけにするなど、ゲストの人数を抑える
・ウェルカムボードは業者に頼まず自作する
・カメラマンはプロに依頼せず家族や友人に頼む

逆に結婚式の費用が高くなる方法は、「結婚式場などに全てお任せする」という方法です。

できる限り自分たちで準備することによって、費用を大幅に減らせるのです。

また、結婚式は入籍から数年経過してから挙げる方もいます。

例えば、「結婚10年目」などの節目にアニバーサリー的に式を挙げれば全く不自然ではありませんし、夫婦関係に新鮮さを与えるなどのメリットもあります。

結婚式を挙げることで生活に支障が出るなら、「挙げない」「後回しにする」といった選択肢もあるということです。

新婚旅行は行かなきゃだめ?

新婚旅行は行くのが常識なのでしょうか?

リクルートの調べによると、約1年以内に結婚した方で、新婚旅行に行った(もしくは申し込みはしてある)カップルは、全体の74%となっています。

(参照:結婚トレンド調査2015 報告書(首都圏)

残りの26%は、「いつか行く予定」や「行く予定もない」という方々です。

新婚旅行に行かない理由はさまざまかもしれませんが、4人に1人は結婚直後に新婚旅行に行っていないのです。

新婚旅行にかかる費用は旅費だけではありません。バッグなどの旅行グッズ、おみやげ代なども必要になります。

新婚旅行も「絶対に行かなければならない」ものではないので、お金がないなら無理して行く必要はありません。

結婚後の生活は工夫して節約

生活費の中で大きな割合を占めるのが「家賃」ではないでしょうか?

今まではワンルームのひとり暮らしだったとしても、結婚して二人で住むようになれば、もう少し広めの物件に引っ越す必要があるかもしれません。

共働きであれば家賃を折半できるので、一人あたりの負担はむしろ軽くなるかもしれませんが、一方が突然働けなくなれば、大きな負担になります。

万が一のことも考えると、家賃はできるだけ抑えたほうが安全です。

公営住宅の家賃が最も安い!

公営住宅というのは県営住宅、市営住宅、都営住宅などのことで、俗にいう「団地」です。

最大の特徴は家賃の安さ

同じくらいの間取りで民間の賃貸物件と比べれば、半分以下の賃料で住める場合もあります。

家賃は所得金額に応じて決まるのが特徴で、隣に住んでいる人と自分が払っている家賃が違うこともありえます。

公営住宅には所得の上限がある

公営住宅は所得が高い人は住めません。

例えば、東京都の場合、家族数2人で給与所得のある人が1人だけの場合、年間所得227万円が上限になります。

公営住宅に住むには

一般の賃貸物件検索サイトなどには情報がないので、公営住宅の物件を見つけるなら、地方自治体が発行する広報をチェックする必要があります。

抽選なので、必ず住めるとは限らない点がネックです。

ある程度収入があれば「UR賃貸」や「特優賃」がおすすめ

優良物件で家賃がお得なのが、UR賃貸や特優賃です。

UR賃貸や特優賃は一般の賃貸物件に比べて、「礼金」、「更新料」、「仲介手数料」がなく、しかも家賃の補助があることで大変お得です。

収入の条件としては、以下のようになります。
・UR賃貸の条件:平均月収が家賃の4倍以上または33万円以上
・特優賃の条件:地域にもよりますが、年収300万円以上など

公営住宅の入居資格外になってしまった方が、次に検討する物件としておすすめです。

(参照:【一年間で30万円貯金する方法まとめ】お金を貯めるコツは節約

子供ができたら育てられるか

「夫婦ふたりなら、なんとか節約しながらやっていける」という状況でも、「子供ができたら…」を考えると結婚自体を躊躇してしまうかもしれません。

若い世代であれば、「収入が安定してから子供をつくろう」といった計画をたてることも可能でしょう。

しかし、ある程度年齢が高めの世代であれば、「子供を作らない」という選択肢もあります。

お金が有る無しにかかわらず、あえて子供をつくらない夫婦も現代では特に珍しくありません。

しかし、お金がない状況で「子供ができてしまったら」どうすればいいでしょうか?

実家で親と同居するのがベスト

交際中に子供ができれば、一般的には結婚という流れになります。

金銭的に不安であれば、ある程度の期間は奥さんかご主人の実家で同居する方向を検討してはいかがでしょうか。

親と同郷するメリットは

・食費や光熱費を折半できる
・子供の面倒を見てくれるので、夫婦共に仕事ができる
・国や地方自治体からの補助金などの知識がある

といったことが挙げられます。

「嫁姑の問題」なども考えられますが、金銭的にはかなり多くのメリットがあります。

ヤフー知恵袋を活用!

基本的にお金があれば、世の中のだいたいの問題を解決できます。

逆に言えばお金がないと解決できない問題がほとんどなので、お金がない方にとって、今まで経験したことのない結婚は不安だらけ

親や友人、知人など身近な人にアドバイスを求めようとしても、同じような境遇や悩みでないと、的確なアドバイスが得られない可能性が高いです。

そういった場合に、不特定多数に質問ができる「ヤフー知恵袋」などが最適です。

匿名でなんでも質問できる

ヤフー知恵袋はニックネームで質問すると、質問を見てくれた人が回答してくれます。

質問によっては何十人も回答してくれるので、リアルで身近な人に聞くより多数の回答を得られることも多いです。

匿名で質問ができるので、「ある女性と結婚を考えているが、彼女の家族に問題があって…」といった、当人に聞きづらい内容を質問できるのもメリットです。

お金がない+別の問題があるケース

「お金がない人」にもいろいろあります。

お金がない以外にも欠点のある方が結婚するには?…という角度でも考えていきましょう。

40代でお金が無いと結婚は厳しい?

「40代の中年男性が20代の女性にモテる時代!」という記事を、ネット上で目にすることもあります。

嘘か本当かは分かりませんが、仮に事実だとしても、あくまで「おカネのある40代」のことでしょう。

「月収20万円の20代より、月収40万円の40代の方が良い」という考えの女性もいるという話で、そういう女性にとって「月収20万円の40代」は対象外なのです。

厳しい現実を直視するべき

40代の中年男性で、若い世代より収入が少ないとなると基本的にはモテません。

賃貸物件で例えるなら、「駅から遠く築年数が古いのに、駅近の新築と同じ家賃」といった感じでしょう。

当然ですが、だれもそんな物件を借りよう(結婚しよう)とは思わないのです。

長いスパンで収入アップを検討すべき

40代で独身の方は、50代になってもまだ独身かもしれません。

であれば今、資格などを取り、10年計画で現状よりも収入を増やす方法も検討すべきでしょう。

焦るあまり、「ギャンブルなどで一発当てよう」などと考え、状況が悪化するよりはよっぽど近道です。

「理想の奥さん」について改めて考えよう

有名芸能人などがかなり年下の女性と結婚したりすると、「俺もいけるかも」などと勝手に励みにする男性も多いです。

また、「理想の結婚相手」のイメージが20代の頃から全く変わっていない方も実際多いです。

・30歳以上はNG
・子持ちやバツイチは嫌だ
・美人以外はダメ

など、身勝手な理想は一旦リセットし、改めて自分が本当に幸せになれるパートナーについて考えてみるべきなのです。

友達の多くはすでに大きな子供がいる世代

40代にもなると、20代で結婚した友人にすでに子供がいて、その子供がお酒まで飲める年齢に達していることも珍しくありません。

40代であろうが、20代であろうが、結婚は焦ってできるものではありません。

まずは、収入アップのための努力、そして自分に見合う相手について考えるべきでしょう。

バツイチでお金が無くても結婚できる?

バツイチの男性との結婚で問題になってくるのは、離婚歴そのものよりも、前妻との間に子供が居た場合の「養育費」でしょう。

裕福な方ならまだしも、自分が生きるのにギリギリの収入しかないのに、毎月養育費の出費があるなら再婚しようとも思わないかもしれません。

しかし、共働き前提で養育費のことも理解してくれる相手であれば、結婚できる可能性はあります。

養育費の条件は明確に

新たに結婚する女性にとって、バツイチ男性の養育費がどういう条件になっているのかは気になるところです。

そういった部分はごまかしたりせず、正直に、明確に説明することが相手への信頼につながります。

またたとえ家計が苦しくても、約束通りに前妻へは養育費を支払うべきでしょう。

新たな結婚相手からしてみれば、「責任感がある人」ということになり、むしろ安心して共に生活できるのです。

一度失敗しているが経験者の強みも

「バツイチ」というと、若干恥ずかしい気がする方もいるかもしれませんが、「結婚経験者」というのは、相手からすれば非常に頼れる存在でもあります。

結婚の段取りや流れも把握していますし、何よりパートナーとの付き合い方を分かっています。

相手もそういった部分を理解した上で、あえてバツイチの方を選ぶこともありえます。

退職して年金生活。結婚できる?

年金で生活している高齢者の方でも「妻に先立たれた」「離婚した」ことで、新たなパートナーが欲しい方も多いでしょう。

高齢者で結婚したい人は増えてきている

一昔前であれば、高齢で結婚することは若干珍しいことであり、人によっては「恥ずかしくてできない」という考えの方もいるかもしれません。

しかし、最近では高齢者の再婚は決して珍しいことではありません。

離婚経験者も珍しくない

高齢者の結婚が増えてきた理由の1つとして、離婚をする人が増えてきたことがあります。

いわゆる「熟年離婚」です。

世間的に離婚自体が珍しくなくなってきたので、子供に手がかからなくなったタイミングで第二の人生を歩もうということです。

結婚は若者だけの特権ではない

高齢者でも結婚願望があるのなら、積極的に行動すべきでしょう。

高齢者の場合、わざわざ結婚式を挙げる必要もないですし、若い世代に比べて結婚自体にお金をかけずに済むでしょう。

年の差カップルなら意外なメリットが

65歳を過ぎた年金受給者の方が、65歳未満の配偶者がいる場合、「配偶者加給金」が年金に加えて支給されます。

家族手当のようなものですが、配偶者が65歳になるまで、毎年最大で約39万円が年金に加算されます。

つまり、35歳の配偶者なら最長30年間も年金が上乗せされ続けるのです!

さらに、高校3年生以下の子供がいれば2人までは1人あたり年22万円、3人目からは1人あたり7万円が加算されます。

「年金生活だけど若い奥さんが欲しい!」と思っている方は、この制度を一応知っておいたほうが良いでしょう。

ただし、厚生年金加入期間が20年以上などの条件はあります。

貯金なし。借金ありなら結婚はムリ?

貯金がゼロならまだしも、借金があるという方なら、なおさら結婚は厳しいものになります。

一定の収入の中から利息を含めた返済額を毎月支払っていかなければなりませんので、自分が生活するのがギリギリの状況かもしれません。

思い切って債務整理をするのもひとつの方法

額にもよりますが、借金は離婚の原因にもなり得るので、結婚前のパートナーにも内緒にしたいものでしょう。

債務整理をしても、それ自体は第三者にバレることはありません。

しかし、ブラックになるので、クレジットカードなどが利用できなくなります。

いい大人がクレジットカード1枚持っていないというのは、かなり不自然です。

(参照:ブラックって何?意外な理由にも要注意

理解を得られれば債務整理をした方がいい

結婚を考えている相手がいるのであれば思い切って相談し、債務整理をして身軽になってから結婚した方が、お互いのためでしょう。

例えば夫が債務整理をしてクレジットカードが持てなくても、妻がクレジットカードで支払うなど協力することができれば、思ったほど困らないかもしれません。

このまま借金を抱え続けて結婚できない状態が続くのであれば、フラれる覚悟で相談したほうがまだマシということです。

(参照:債務整理のメリット、デメリット

まとめ

お金がない状況であれば、「1人で切り詰めた生活をするのが最善」と思っている方も多いかもしれません。

しかし、パートナーと2人であれば金銭的に助けあえるかもしれませんし、仕事や稼ぐことに対するモチベーションがアップするなど、結果的に状況が良くなる可能性もあります。

「お金がないから結婚できない」と自分で決めつけてしまう事の方が、むしろもったいない可能性もあるのです。

スポンサーリンク