返済方式を知ってカードローンを賢く利用する

お金を借入れるときは条件などを比較し、どのカードローンに申し込むのが良いのかなどいろいろ熱心に調べたりするものですが、
実際にお金を借りた後はカードローンの会社に自分の銀行口座から引き落とされるがままになりがちで、カードローンに関してあまり関心がなくなってしまうということはよくあります。

そして、年月が経過して返済してきたつもりでも「借入額がなかなか減らない」という状況になり、その後にいろいろ確認するというのが実際の多くの人の場合ではないでしょうか。
あらかじめカードローンにどういったかたちで返済をしていくのかを理解するということが、カードローンを上手に使いこなす条件といえるかもしれません。

スポンサーリンク

基本的なカードローンの返済方式

実際にカードローンで採用されているのがリボルビング払いで、分割で少しずつ返済をしていくというものですが、
リボルビング払いにもいつくかタイプがあります。大きく分類すると「残高スライドリボルビング」と「定額リボルビング」とよばれる2つの返済方式がカードローンの場合では一般的です。

残高スライドリボルビング

残高スライドリボルビングは、多くのカードローンが採用しているもっとも一般的な返済方式です。具体的な金額設定は各社違いがありますが、借入額に応じて返済額が決まるというものです。
たとえば最初に50万円の借入れがあったとして、そのときは月々15,000円を返済しなければなりませんでした。その後借入れをせず返済を繰り返してきたので借入れ額が30万円まで減りました。
その時点から月々の返済は10,000円でOKというものになるというものです。

返済の負担が月に5,000円減ったということで、ちょっとうれしい状態かもしれませんが、返済期間が延びる、つまり結果的に利息を多く支払わなければならないという状況になるので一概にメリットとは言い切れないのです。

さらに、「残高スライドリボルビング」には返済額に金利が含まれる
「残高スライド元利定額リボルビング」と、別途金利分を上乗せして返済する「残高スライド元金定額リボルビング」というタイプに分かれます。
元金定額のほうがより多くの金額を返済するので、返済はより早期に完了します。

定額リボルビング

定額リボルビングは比較的少数派の返済方式ですが、残高スライドリボルビングと違い、返済金額がずっと変わらないというものです。
たとえば最初の月に15,000円で返済していたとすれば、返済が完了するまで15,000円を月々返済するというものです。
この金額に利息が上乗せされる「元金定額リボルビング」と、15,000円の中に利息の返済分も含まれている「元利定額リボルビング」のタイプがあります。

賢い返済方法は?

お金があるときには「随時返済」をする

上記にいろいろな返済方式のタイプをご紹介しましたが、専門用語や数字などが多くわかりづらい部分もあるかと思います。
返済方法での「損か得か」というのは結局のところ借りている期間に比例するのです。

つまり、残高スライドリボルビングは返済額が徐々に減っていくので、借入れ金額が小額になっていくにしても、借入れ期間は長期的になります。
もし、利用しているカードローンが残高スライドリボルビングであるのなら返済をできるだけ早く完了させるために、不定期でもいいので規定の返済額に上乗せをする「随時返済」をすることをお勧めします。

随時返済とは月々15,000円の返済義務にプラスアルファをして、たとえば3万円などを追加で返済するということです。そうすることによって、当初の予定よりも返済が早く完了し、そのぶん利息の負担が少なくなるのです。
また、そういった返済方法を選べるカードローンをあらかじめ選ぶということも重要です。

スポンサーリンク