20150818-ikura

「急にお金が必要になった」という場合に利用されるカードローンですが、いくら必要なのかは人によってそれぞれでしょう。

カードローンは申し込んでみないと実際にいくら借りられるのかは分かりませんが、ある程度は見当がつかないと申し込むべきかどうかの判断ができないでしょう。

カードローンで実際に利用できる金額はいくつかの要因である程度は決まります。

スポンサーリンク

カードローンが貸してくれる金額の上限は?

①各カードローンが定める上限
②法が定める上限
③専業主婦の場合の上限
④利用者の状況による個別の上限

①各カードローンが定める上限

それぞれのカードローンで最大いくらまで融資するかを定めています。まず、それを見てみましょう。

銀行系

カードローン名 最大限度額
楽天銀行スーパーローン 500万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 500万円
みずほ銀行カードローン 1,000万円
三井住友カードローン 800万円
新生銀行レイク 500万円
セブン銀行カードローン 50万円
イオン銀行カードローンBIG 800万円

消費者金融系系

カードローン名 最大限度額
アコム 800万円
プロミス 500万円
アイフル 500万円

信販系

カードローン名 最大限度額
CREST(オリコ) 500万円
MONEY CARD(クレディセゾン) 100万円
セディナカードローン 200万円

カードローンの最大限度額は500万円というのが多いですが、最も大きな額で1,000万円。それ以上の金額が必要という場合はカードローン以外の方法を検討するしかありません。

また、例えば100万円くらいであれば現実味がありますが、500万円や1,000万円といった各カードローンが設定している最大限度額を実際に利用できる可能性は非常に低いです。最大限度額の大きさでカードローンを選んだり、比較することは実際あまり意味がありません。

②法が定める上限

消費者金融や信販会社のカードローンは貸金業法に基づいた規制の範囲で融資を行っており、それを総量規制といいます。

総量規制とは

総量規制とは年収の3分の1までしか融資できないという規制です。利用者が借り過ぎて返せなくなるということを防ぐためのものです。

例えば年収が300万円であれば利用者は100万円までしか借り入れることはできません。

総量規制はカードローンはもちろんですが、クレジットカードのキャッシングも対象になります。いずれの場合でも、利用枠があっても、利用していない状況であればカウントされません。

例えば、年収300万円の方がキャッシング枠50万円のクレジットカードを持っていたとしても、新たにカードローンで100万円を借りるということができます。

しかし、カードローンで100万円借りた後、クレジットカード会社に信用情報機関で利用情報をチェックされれば、キャッシング枠が50万円あったとしても利用できない状態になります。

また、例えば年収120万円の場合、総量規制を踏まえると3分の1の40万円までしか借りることができないということになります。しかし、実際のところ消費者金融の場合は50万円未満の融資に年収証明書の提出は不要なので、年収150万円と申告すれば50万円まで借りられる可能性はあります。しかし、ケースバイケースで年収証明書の提示を求められる場合もあり、嘘がかえって審査落ちの原因にもなるのでおすすめはしません。

(参照:貸金業法ってなに?

銀行系カードローンは?

銀行系カードローンは総量規制の対象外です。現実的に貸すかどうかはさておき、法的には年収300万円の利用者に300万円融資しても問題ありません。

しかし、現実的には消費者金融同様、年収の3分の1がひとつの目安になり、それ以上借りられたとしても年収の2分の1以上借りるのはかなり困難といえます。

しかし、すでに消費者金融などで年収の3分の1を借りているという状況で、さらにカードローンで借り入れをしたいという場合は銀行系カードローンに申し込むしかないでしょう。

(参照:総量規制例外貸付ってなに?

③専業主婦の場合の上限

本人に収入が無い場合で、唯一カードローンを利用できる可能性があるのが専業主婦の方です(配偶者に収入があるというのが前提にはなります)。そういった、若干特殊な属性であることから、専業主婦の場合の最大利用限度額を公表しているカードローンがあります。

ちなみに、専業主婦の場合は基本的に消費者金融系カードローンの申し込みは難しいのですが、銀行系カードローンであれば申し込み・利用が可能です。

専業主婦用の最大利用限度額

カードローン名 専業主婦の最大限度額 通常の最大限度額
三菱東京UFJ銀行バンクイック 30万円 500万円
みずほ銀行カードローン 30万円 1,000万円
三井住友カードローン 個別の設定なし 800万円
楽天銀行スーパーローン 50万円 500万円
新生銀行レイク 個別の設定なし 500万円
セブン銀行カードローン 個別の設定なし 50万円
イオン銀行カードローンBIG 50万円 800万円

表を見て分かるように、一部の銀行では30万円~50万円を専業主婦に融資する上限と決めています。

専業主婦の場合の上限を決めていない銀行ならもっと借りられるかというと、各銀行で融資の基準がそれほど大きく異なることは無いでしょう。同じく30万円~50万円くらいがひとつの目安と考えられます。

(参照:専業主婦でも借りれる?

④利用者の状況による個別の上限

総量規制もあるので年収というのは融資できる金額を決める基準になります。またそれ以外にも細かい要素で返済能力を判断され、利用の可否や利用できる金額にも影響してきます。

審査時には申し込み時の自己申告と併せて信用情報機関で独自に調査されます。

申込者のさまざまな情報はコンピューターで点数化されますが、それをスコアリングといいます。

審査時に何がスコアリングされるのか

・年齢
・職業
・年収
・収入形態(固定給か歩合か)
・勤続年数
・健康保険証の種類
・住居形態(持ち家か賃貸か)
・居住年数
・家族構成
・クレジットカードなどの有無
・他社借り入れ状況
・固定電話の有無

上記は一例ですが、スコアリングの内容は多いので、例えば同じ仕事で同じ年収の2人が同じカードローンに申し込んだ場合でも、利用できる金額に差が出る可能性があるということです。

(参照:審査の主な内容と仕組み

現実的にいくら借りることができるのか

カードローンの利用条件や法的な規制、さらに申込者のスコアリングの点数など、融資できる金額はさまざまな要因で決まりますが、実際に新規契約の直後に融資されるのは20万円~30万円、高くても50万円ほどになります。

その後、「利用→延滞なく返済」を繰り返していく事でカードローン側から信用され、増額が可能になります。増額には最低でも6ヶ月ほどは良好な利用履歴が必要になります。

(参照:限度額を増額する方法とそのメリット

おまとめローンの場合はより大きな金額を借りられる

基本的には通常新規でカードローンに申し込んだ場合多くても50万円ほどしか借りることができません。しかし、すでに借り入れている複数のローンを1本にまとめるといった目的であれば、より大きな金額を借りられる可能性はあります。

また、おまとめローンの場合は消費者金融の場合でも総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上を借りることも可能です。

(参照:おまとめローンとは

まとめ

カードローンは新規であれば多くても50万円くらい、利用していく中で増額しても上限は年収の3分の1が目安といえます。

また、審査の結果が出るまでいくら借りられるのか分からないというのはカードローンの欠点といえるかもしれません。

しかし、カードローンはほかのローンに比べて金利が高いということもあり、基本的には小額を短期的に利用するのがベストでもあります。

もし、カードローンで借りることができる以上のお金が必要ということであれば、ほかの方法を検討するしかありません。

スポンサーリンク