kanekarirue

クレジットカードの場合、「不正利用時は○○万円まで補償します」といったサービスをよく見ます。

しかし、カードローンの場合、ホームページを見てもそういった補償サービスについて書かれていることはほとんどありません。

万が一カードローンの紛失や盗難に遭い、不正に利用されたらどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

カードローンって不正利用されるの?

そもそも、カードローンは不正に利用される可能性があるのでしょうか?

クレジットカードの場合、カードローン同様ATMからキャッシングも出来ますが、加盟店で従業員に手渡しで利用するケースも多いです。

加盟店でクレジットカードを利用する際は、サインだけで暗証番号が不要という場合もありますし、端末で暗証番号を入力する場合もあります。

クレジットカードを利用していると「本人以外でも簡単に使えてしまうな・・・」と思うことは多々あります。

カードローンの場合、カードを使うシーンはATMからの借り入れ利用のみです。暗証番号が他人に知られなければ基本的には安全です。

(参照:カードローンとクレジットカード

カードローン不正利用の事例

「カードローンの不正利用」というのはあまり聞かないかもしれません。しかし、事例はあります。

独立行政法人 国民生活センターのホームページ上には、カードローンで不正利用されたケースについての記述があります。

(参照:独立行政法人 国民生活センター

なぜ不正利用されたか

独立行政法人 国民生活センターに記載されている事例を簡単に説明すると、

「カードローン利用者の自宅に何者かが侵入し、保管していたカードが盗まれました。その後犯人はそのカードを利用し、290万円をATMから引き出しました。

カードの暗証番号は利用者の生年月日に設定されており、盗難時に生年月日を確認できるものがカードと同じ場所に置かれていました。」

というものです。

カードローンに限らず、「暗証番号は生年月日などの推測されやすいものはダメですよ」というのがかなり周知されているので、以前はともかく最近はそういう人はあまりいないかもしれません。

しかし、「生年月日以外だと覚えられない」という方も実際少なからずいるでしょう。そういった方には起こりえる事例です。

不正利用されれば莫大な借金を背負う可能性も

上記の事例では、被害者がカードローン発行元である銀行に不正利用額の補償を裁判で求めました。しかし結果的には被害者がその債務を背負うべきという判決になりました。

カードローンは利用限度額は最大500万円~1,000万円というものが多いです。今回の事例の290万円も大金ですが、被害額がもっと大きな金額になった可能性もあります。

不正利用→支払いができない→自己破産なんてことになれば、今までとはまったく違う生活を強いられることになります。

(参照:自己破産のメリット、デメリット

カードローンで不正利用の補償はしてくれる?

各カードローンの利用規約を見てみると、盗難などの際の不正利用に関する記述がほぼ必ずあります。

カードローンによって不正利用時の補償の規約がある場合とない場合があります。補償されるカードローンの場合、利用規約にはだいたい以下のような内容が記載されています。

不正利用の補償に関するカードローン利用規約例

第三者に不正に借り入れされた場合に、申し出があった30日前(60日の場合も)からの不正利用の金額が補償されます。

<補償される条件>
以下のこと全てに当てはまる場合に補償されます。
・盗難があった際に直ちに申し出ること
・警察に被害届けを提出していること
・盗難に遭ったことが推測できる事実を示せること
・本人の故意でないこと

<補償対象外になるケース>
・本人に重大な過失がある場合
・配偶者、家族、同居人、使用人など本人関係者の利用の場合
・被害状況の説明において重要な箇所で誤りがあった場合
・戦争・暴動・地震など社会秩序の混乱時の盗難被害の場合

といった内容になります。

補償条件の「盗難に遭ったことが推測できる事実を示せること」というのを見ると、カードローン側が警戒しているのが「自作自演の不正利用」をされることというのが推測できます。

「カードが盗まれて100万円利用された!」と言いつつ本人が借りているというような詐欺まがいのケースもありえるからです。

警察への被害届けはもちろん、それが本当に盗難なのかということを示す必要があります。

また、補償されないケースとして「本人に重大な過失がある場合」というのがあります。

独立行政法人 国民生活センターの事例の「カードローンの暗証番号を生年月日にしていた」というのは「本人の重大な過失」になりえます。そう判断されれば補償されないということです。

「暗証番号がバレた」=「本人の過失」→補償されない。となると、逆にどういうケースで補償されるのでしょうか?

利用規約上では一応「補償する」とはなっていますが、補償されるケースはむしろ少ないといえそうです。

実際に問い合わせてみた

実際に、こういった利用規約で補償内容が記述されているいくつかのカードローンに「不正利用されたら補償されるケースはあるんですか?」と問い合わせてみました。

「被害に遭ったらお問い合わせください」や「お客様に責任をもって利用していただく前提なので、原則的に補償はしない」といった回答でした。明らかに盗難被害に遭ってない人が質問をしたので「怪しい」と思われたのかもしれません。

実際のところは個別の対応にはなるのでしょう。場合によっては裁判で争う可能性もあるので、仮に補償されたとしても、不正利用の被害に遭うデメリットはそれなりに大きいといえます。

利用規約上で「補償しない」というカードローンも

利用規約上で「補償」する可能性を示唆しているカードローンもあれば、全く補償しない前提のカードローンもあります。

puromisuuron
プロミス

プロミスやモビットの場合、上の画像のように、不正利用があった場合は「お客様は、一切の責任を負います」と利用規約上に書いています。

この場合、事情にかかわらず補償されないということになります。「カードローンはこういうものだ」と割り切って利用するしかないでしょう。

クレジットカードの方が安全なの?

上記までご覧になって、「カードローンを持つのは不安。クレジットカードのキャッシングの方が安全かも」と思われるかもしれません。

クレジットカードの方が「補償」のイメージが強いからです。クレジットカードの補償というのは実際どういうものなのでしょうか。

クレジットカードの主な補償内容

・旅行時のケガや病気の治療費を補償(旅行傷害保険)
・旅行時の携行品の盗難・破損の補償(旅行傷害保険)
・購入品の破損時の補償
・購入品の返品の補償
・購入品の返品の補償
・インターネットショッピングでの不正利用の補償

クレジットカードの補償は「旅行時の保険」、もしくは「ショッピング利用時の補償」がほとんどです。「キャッシング利用の補償」をしているケースはほとんど無いといっていいでしょう。

クレジットカードでキャッシングを不正に利用された場合には、カードローンの利用規約と同じような対応になるか、もしくは補償対象外です。

キャッシングを利用する上で「クレジットカードのほうがカードローンより安全」ということはないのです。

(参照:カードローンとキャッシングの違い

不正利用されないために

カードローンは不正利用されても補償されない可能性が高いです。不正利用された後の補償を期待するより、不正に利用されないように気をつけるほうが賢明です。

カードローンを不正に利用されないためには、推測されにくい暗証番号にするということと、失くした(盗まれた)時点ですぐにカードローンに連絡して、利用停止にするという2点です。

財布を落としたり、ちょっとした隙にバッグを盗まれるということは注意していても起こりえます。

カードが人の手に渡った後に不正に利用されないような対策が必要なのです。

もしカードを紛失したら、まずは連絡

消費者金融系、銀行系にかかわずほとんどのカードローン会社がカード紛失などの緊急時には24時間電話対応しています。その辺の対応はクレジットカードとほぼ同じと考えていいでしょう。

カードローンに連絡すればすぐに利用停止にしてくれます。

一旦カードローンを利用停止にすれば、カード再発行ということになりますが、無人契約機があるカードローンなどなら即日再発行できる可能性もあります。

発行がスピーディーなカードローンなら再発行もスピーディーということです。

(参照:無人契約機で申込む時に必要なもの

まとめ

今回はカードローン利用での万が一のケースの話をしましたが、どんなものでも万が一の場合のリスクは存在します。

カードローンは暗証番号さえ気をつければ、不正利用されるリスクはそれほど高いものでもありません。

むしろ、利用者の利用方法(借り過ぎなど)の方が基本的には注意が必要といえるでしょう。

(参照:
知らないとヤバイ!返済を延滞した場合のペナルティー

スポンサーリンク