20150707

「今すぐお金を借りたい!」しかも「振込みキャッシングで!」という場合に、どういったことに気をつければいいのか。

また、どんなカードローンを選ぶべきなのか。

今回は即日振込みキャッシングについて説明していきます。

スポンサーリンク

即日に契約を完了させるためのポイント

まず、即日に借りるためには即日に契約を完了させなければなりません。
そのために最低限以下のポイントは把握しておきたいところです。

①必要な書類は?
②在籍確認とは
③営業日時に注意
④正確に、正直に申告する

①必要な書類は?

まず、カードローンの申込みで必要な書類についてです。

「お金を借りるのだから、いろいろな書類の準備が必要だろう」と思われるかもしれませんが、少額であれば本人確認書だけでOKです。

本人確認書として利用できるもの例

・運転免許証
・パスポート

本人確認書以外が必要になるケース

・消費者金融やクレジットカード会社のカードローンの場合は今回の契約で50万円以上の限度額になる場合。他社からの借入れも合わせて100万円以上になる場合。

・銀行の場合は「100万円以上の限度額の場合」、「300万円以上の限度額の場合」など銀行によって条件が違います。

カードローンによって微妙に違いがあるので、何が必要になるかは銀行、消費者金融にかかわらず、申込み前にカードローンのホームページなどから確認しておいたたほうがよいでしょう。

(参照:審査申込みに必要な書類

在籍確認とは

カードローン側で、申込み者の審査がほぼOKとなった段階で、申込み者の勤務先に電話をかけて実際に在籍しているかの確認をします。これを在籍確認といいます。これが完了しないと契約ができません。

「今日、会社に誰もいない!誰も電話に出られない!」という状況ならカードローン側にあらかじめ相談が必要です。

基本的に在籍確認は電話ですが、状況に応じて柔軟に対応してくれます。
(参照:職場への在籍・電話確認なしでカードローン契約はできない?

③営業日時に注意

例えば、17時までしか営業していないカードローンに18時に申し込んだり、日曜日は営業していないカードローンに日曜日に申し込んだ場合、審査回答などの連絡は翌営業日になってしまいます。

どのカードローンもインターネットから24時間いつでも申し込めますが、営業時間はそれぞれバラバラです。

申込み前には、絶対にチェックすべき点です。

④正確に、正直に申告する

申込みの入力事項で、自分の電話番号やメールアドレス、勤務先の電話番号(在籍確認で必要)などでうっかりミスがあれば連絡が取れずに即日に借りられない可能性があります。

うっかりミスが嘘とみなされれば、審査落ちになる可能性もあります。

もちろん故意の嘘も、バレれば即審査落ちです。

即日に借りるためには1社目で審査可決になるのが理想的です。急いでいても申込みは慎重に処理したいところです。

(参照:カードローンの申し込み時に嘘をつくとばれる?

即日に振込みキャッシングするためのポイント

即日に借りたい場合、無人契約機まで行けばカードをその場で受け取れるので一番手っ取り早いのです。

しかし、今回は振込みキャッシングがテーマです。
そこで、気をつけたいことは以下になります。

①平日の15時を過ぎれば入金が翌営業日になってしまう
②午前中、もしくは前日に申込み手続きを済ます!

①平日の15時を過ぎれば入金が翌営業日になってしまう

振込みキャッシングの一番の問題点ですが、各カードローンで、振込みキャッシング受付時間を14:30や14:50までとしています。

これは銀行間の入金反映が9時から15時となっているからです。

振込処理が15時を過ぎると、自分の口座にお金が入ってくるのが翌営業日の9時以降になってしまうのです。

後で説明しますが、こういった時間に縛られない24時間即時振込みキャッシングできるカードローンもあります。

②午前中、もしくは前日に申込み手続きを済ます!

“審査最短30分!”とホームページに書かれている、あるカードローンに「インターネットから申し込んだ場合、審査ってどのくらい時間かかるんですか?」と電話で質問すると、「基本的に2時間くらいはみていただきたいですね」と答えてくれました。

実際ほとんどのカードローンがそんな感じです。だだし、中にはもっと時間がかかるカードローンもあります。

ちなみに、無人契約機であれば、審査回答30分というのはかなり現実的です。優先的に対応してくれるからです。

インターネットからの申込みは順番待ちを覚悟

カードローン側としては、前日の営業終了から当日営業開始までの間に処理していないインターネットからの申込みがたまっています。

前日分の申込みを処理しつつ、リアルタイムで朝から新たな申込みが来るわけです。

常に処理していない申込み者が溜まっているので、インターネットで申し込み事項の入力→送信→すぐに審査してくれない。という状況になります。

当日朝の申込みなら10時までには申し込みたい

15時までに振込みキャッシングを実現するためには、14時くらいまでには契約までを完了したいところです。

仮に審査だけで2時間を要するとするなら、その後の本人確認書の提出、それの確認、契約のやり取りなどで2時間、申込みから契約完了までトータル4時間くらいはみておきたいものです。

つまり、インターネット申込みで即日に振込みキャッシングを実現するのであれば、朝10時くらいまでには申込みの送信が必要ということになります。

もっとよいのは前日の夜にネットから申込みだけ済ませておくことです。当然ながら朝申し込んだ方よりも順番が先になるからです。

(参照:審査から借り入れまでかかる時間は最短どれくらい

この口座があれば15時以降、土日祝でもすぐに振り込まれる!

即日に振込みキャッシングをしたい場合は、15時までに振込んでもらうのが基本ですが、銀行とカードローンが提携していれば、 15時以降や土日祝日でも入金反映が可能なものもあります。

以下の銀行口座がある方なら、その銀行の提携カードローンを選ぶことによって、比較的時間に余裕ができます。

楽天銀行口座を持っているなら、このカードローン

・アコム
・ノーローン
・楽天銀行スーパーローン

楽天銀行の口座なら24時間すぐに振り込まれるのが上記3つのカードローンです。

楽天銀行スーパーローンの場合、土日祝日に審査ができないという点や、基本的な審査時間が「最短即日~2営業日」としている点がやや不安です。

ノーローンの場合、17時までに審査OKになれば楽天銀行口座宛ての即日振込みキャッシングが可能としています。

アコムの場合、営業時間(21時)までに契約が済めば、即日に借りることができます。

営業時間、審査のスピードと甘さなどを踏まえれば、アコムが即日振込みにはおすすめです。

ちなみに、アコム三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行の3つの銀行で、平日の18時までに手続きできれば即日に振込みキャッシングが可能です。24時間対応ではないですが、ほかの銀行よりも時間が延長されています。

(参照:審査の成約率とスピードで選ぶならアコムカードローン

三井住友銀行口座を持っているなら、このカードローン

・プロミス
・三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座なら24時間すぐに振り込まれるのが上記2つのカードローンです。

三井住友銀行は消費者金融と同じように土日祝日もカードローンの審査や契約に対応しています。

審査のスピードではプロミスの方が優位といえますが、2社とも即日振込みキャッシングということではおすすめです。

(参照:三井住友フィナンシャルグループの安心感SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
(参照:三井住友銀行カードローン

ジャパンネット銀行口座を持っているなら、このカードローン

・プロミス
・オリックスVIPカードローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行の口座なら24時間すぐに振り込まれるのが上記3つのカードローンです。
つまり、プロミスは2つの銀行で24時間即時キャッシングに対応しているということです。

オリックスVIPカードローンは土日祝日に審査ができません。平日であれば時間に余裕をもって申込み手続きができます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングも土日祝日に審査ができません。平日であれば、 14時までの申込みで当日中に審査回答が出る可能性があるとしています。

対応時間ではプロミスがおすすめです。

イオン銀行・セブン銀行の口座を持っているなら、このカードローン

イオン銀行の口座をお持ちなら・・・イオン銀行カードローンBIG
セブン銀行の口座をお持ちなら・・・セブン銀行カードローン

上記それぞれで、15時以降の振込みキャッシングが可能です。

(参照:主婦OKで低金利イオン銀行「カードローンBIG」
(参照:コンビニ感覚で気軽に使える セブン銀行カードローン

代表的なカードローンの即日振込みの対応

即日に振込みキャッシングできるかどうかは、

・審査回答が即日に来るか
・15時までに手続き完了できるか
・どの銀行口座を持っているか

といったことが関係してきます。

どのカードローンを選べばよいのか。
代表的なカードローンの即日振込みキャッシングの対応を一覧にまとめてみました。

消費者金融系カードローン

カードローン名 土日祝の審査回答 土日祝・15時以降に振込み可能
アコム 楽天銀行の口座
プロミス 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座
アイフル X
モビット X
ノーローン 楽天銀行の口座
オリックスVIPカードローン 不可 ジャパンネット銀行の口座

銀行系カードローン

カードローン名 土日祝の審査回答 土日祝・15時以降に振込み可能 注意点
三菱東京UFJ銀行バンクイック X 三菱東京UFJ銀行口座があっても最短翌営業日の振込み融資。

口座が無ければ振込み融資不可

みずほ銀行カードローン 不可 X みずほ銀行口座が無ければ振込み融資不可
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行の口座 三井住友銀行口座無ければ振込み融資不可
新生銀行レイク X
イオン銀行カードローンBIG 不可 イオン銀行の口座 イオン銀行口座が無いと振込み融資不可
楽天銀行スーパーローン 不可 楽天銀行の口座 即日に審査回答出ない可能性高い
じぶん銀行じぶんローン X 即日に審査回答出ない可能性高い
オリックス銀行カードローン 不可 X 即日に審査回答出ない可能性高い
セブン銀行カードローン セブン銀行の口座 セブン銀行口座が無いと振込み融資不可
ジャパンネット銀行

ネットキャッシング

不可 ジャパンネット銀行の口座 ジャパンネット銀行口座が無いと振込み融資不可
住信SBIネット銀行

Mr.カードローン

不可 X 即日に審査回答出ない可能性高い

住信SBIネット銀行口座が無いと振込み融資不可

銀行系カードローンの注意点

新規申し込み→即日振込みキャッシングをしたいという場合、銀行系カードローンはいろいろな問題があります。

口座がないと振込み融資ができない

即日かどうかという以前に、そもそも自行の口座がないと振込み融資しないという銀行が多いのです。以下のカードローンが該当します。

・三菱東京UFJ銀行バンクイック
・三井住友銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・イオン銀行カードローン
・セブン銀行カードローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・住信SBIネット銀行

例えば、三菱東京UFJ銀行バンクイックや三井住友銀行カードローンなどは「口座開設不要」のカードローンです。

しかし、口座がないと振込みキャッシングができないということです。ATMからカードを利用して借り入れるというのが唯一の借入れ方法になってしまいます。

審査回答が即日出ない可能性が高い

上記一覧表のカードローンは全て「即日融資可能」としているカードローンです。
しかし、審査回答自体、即日に出る可能性が低いカードローンもあります。

混雑具合などの「運」にもよりますが、消費者金融に比べて慎重に審査をする銀行系カードローンの場合、スピーディーな対応は期待しにくいといえます。

どうしても銀行系カードローンで即日に借りたいということであれば、振込みキャッシングよりも、無人契約機に行ったほうが確実です。

無人契約機のある銀行系カードローン
・三菱東京UFJ銀行バンクイック
・三井住友銀行カードローン
・新生銀行レイク

(参照:総合評価で選ぶなら三菱東京UFJ銀行「バンクイック」
(参照:銀行系として生まれ変わった新生銀行カードローン「レイク」

自行宛の振込みも15時まで

自行のカードローンであれば、24時間いつでも振込み反映されそうと思います。しかし、一部の銀行を除いて平日の15時までに手続きしなければ翌営業日の入金になります。

スピードにこだわるのであれば消費者金融系

銀行系カードローンも、もともとその銀行の口座があれば申込みもスムースで、即日に振込みキャッシングできる可能性もあります。

しかし、申込み当日に借りられるかどうかという意味ではやはり消費者金融系カードローンの方が可能性は高いといえるでしょう。

確実を求めるなら無人契約機のあるカードローン

借入れを急いでいるという場合に、「カードを受け取るよりも、振込んでもらう方が早い」という考え方も間違ってはいません。

カードが郵送で送られてくるのを待つよりも当然振込のほうが早いですし、無人契約機まで行くよりもインターネットだけで済ますほうが時間的に短縮できそうな感じはします。

ただし、申込み当日に「思ったよりも審査回答が遅い時間に来た」→「このままじゃ、15時過ぎて即日に入金が反映されない」となる場合もあるでしょう。

その場合、あらかじめ無人契約機のあるカードローンに申し込んでおけば、いざとなったら無人契約機までカードを取りに行くという方法にチェンジすることも可能です。

より確実に即日借入れをしたいのであれば、やはり無人契約機のあるカードローンに申込むのが無難といえるでしょう。

(参照:審査なし?無職は?即日融資できるおすすめのキャッシング業者

スポンサーリンク