0622-3
カードローンには運営元の違いにより、「銀行系カードローン」、「消費者金融系カードローン」、「信販系カードローン」などと区別されます。

銀行は「お金を預ける」、信販会社は「クレジットカード」といったように、カードローン以外の用途ですでに利用している可能性が高いですが、消費者金融というのは基本的にお金を借りる場合に初めて利用するものなので、銀行や信販会社ほどはなじみが無いかもしれません。

「消費者金融=お金を貸してくれるところ」というところまでは多くの方が理解していると思いますが、どういう仕組みになっているのかまではご存じない方も多いのではないでしょうか。今回、あらためて消費者金融とは何かという根本的な部分について説明したいと思います。

スポンサーリンク

消費者金融はどうしてお金を貸せるのか

銀行がお金を個人や企業から預かる→お金がたくさん集まる→別の個人や企業に融資することができる。という仕組みになりますが、消費者金融の場合はそういったお金を預かるという機能がありません。

では利用者に貸付けているお金はどこからくるのかというと、それは銀行から借りているのです。

消費者金融の金利が高い理由

つまり、消費者金融は銀行に利息を支払ってお金を借り、それを資金として利用者に融資をします。銀行に支払う利息以上の額の利息を一般利用者から徴収することで、その差額が利益となります。

一般的に「消費者金融系カードローンは金利が高い」、「銀行系カードローンは金利が低くてお得」などと言いますが、それは消費者金融が銀行に支払うべく利息の負担を利用者が背負っているという根本的な構造があるからです。

なぜ銀行は消費者金融に融資をするのか

消費者金融も銀行も、カードローンという同じ商品を扱っており、特にテレビコマーシャルを見る限り、どれが銀行系なのか消費者金融系なのかよく分からないほどです。

ある意味そういった商売敵でもある関係の両者ですが、銀行は消費者金融に融資をすることで利息を得ることができる優良な顧客でもありますし、特にグレーゾーン金利廃止からは提携関係になっていることが多く、消費者金融から個人向け融資のノウハウを吸収できるなど、お互いにメリットがある関係ということです。

利用者が返済しなかったら

インターネットで「借金」というキーワードで検索をすると、多くの法律事務所のホームページがヒットします。借金に困ったら場合には債務整理などで法的に解決できるので、法律事務所は宣伝広告としてホームページを掲載しているわけです。

それだけ債務整理の需要があるということですが、例えば自己破産の場合、消費者金融側からすれば「貸したお金が返ってこない」という状況になります。

「自己破産者は年々減ってきている」といわれている昨今ですが、貸し倒れになるケースは決してゼロにはならないので、消費者金融としてはそういった損出を踏まえたうえでの利益を得る必要があります。

消費者金融にとっての利益収入というのは利用者からの利息です。カードローンの利用者は、毎月「元金+利息」を消費者金融に支払うことになります。一方で借りたお金を利用し、返済することなく破産する人がいるわけです。

つまり、今カードローンを利用している人が支払っている利息の中には、自己破産者の損出補填も含まれているということになります。それも消費者金融の金利の高さのひとつの理由といえるでしょう。

保証会社としての役割

消費者金融は銀行系カードローンの保証会社となっている場合もあります。銀行系カードローンの利用者が延滞や債務整理などを行えば、その責任は保証会社が担うことになります。

例えば銀行系カードローンの利用者が自己破産すれば、利用者の代わりに保証会社である消費者金融が銀行に肩代わりして支払うということになります。つまり、銀行系カードローンは消費者金融系カードローンのように貸し倒れの心配をする必要がないのです。

また、銀行系カードローンの保証会社というのはそういった「保証」だけでなく、申し込み時の審査を行うという役割もあります。つまり、将来的に貸し倒れになるような人を審査で通せば、そのツケは自分に回ってくるという構図です。そういったことから「銀行系カードローンの審査は厳しい」ということにつながっているのです。

スポンサーリンク