0622-2
カードローンとクレジットカード。どちらも申し込んで契約をすれば同じサイズのカードを受け取るわけですが、両者は大きく異なる面もあれば、似ている面もあります。

それぞれ2つのカードの特徴を知ったうえで、どちらに申し込むか検討する。または2つ両方のカードを賢く使い分けるといったことができるでしょう。

スポンサーリンク

カードローンとクレジットカードの違いとは

①カードローンはショッピングで利用できない

もっとも大きな違いがこの部分かと思いますが、カードローンでできるのは「キャッシング」のみです。対してクレジットカードでは「ショッピング」と「キャッシング」ができます。

例えば、レストランや百貨店などでの支払い時にカードローンを渡しても、店員を困らせてしまうだけです。カードローンの場合はまず近くにあるATMで現金を引き出す⇒現金で支払う。常にこの流れになります。つまり、クレジットカードは店員など他人に手渡す機会がありますが、カードローンは第三者が触れる機会というのがほとんどありません。

インターネットでの利用時なども同様で、クレジットカードの場合はサイト上でカード番号を入力・登録したりしますが、カードローンの利用者番号などを何かに登録する機会というのはまずありません。

クレジットカードがなぜ店舗で直接支払いやネット上での登録ができるのかというと、Visa、MasterCard、JCB、アメックスといった国際ブランドが付帯しているからです。厳密に言えば、Visaは対応していてもJCBは利用できないということもありえるので、クレジットカードさえ持っていればどの店舗でも支払いができるというわけではありません。

②クレジットカードなら海外でも利用できる

カードローンもクレジットカードも「キャッシング」という共通した機能があります。キャッシングの場合は両者共にATMから現金を引き出すという利用方法は全く同じですが、Visa、MasterCardといった国際ブランドがカードローンには無いので、海外のATMではキャッシングできません。

・クレジットカード=国際カード
・カードローン=日本国内利用のみ

ということです。

③クレジットカードにはポイントプログラムがある

カードローンにも入会時や利用に応じてポイントが貯まるという特典があるものも中にはありますが、かなり少数派ですし、クレジットカードのポイントプログラムほど力をいれていません。

また、クレジットカードのポイントプログラムというのはショッピング利用が中心で、キャッシングの場合はポイント加算対象にならないという場合が多いです。

なぜ、クレジットカードのショッピング利用にはお得なポイントプログラムがあるかというと、クレジットカード会社と他社が提携しているからです。

例えば、「マイルが貯まりやすいクレジットカード」であれば、クレジットカード会社と航空会社(ANAやJAL)などが提携し、「クレジットカードで航空券を購入すればたくさんポイントをあげますよ。貯まったポイントをマイルに交換すれば特典航空券を利用できますよ」ということができるのです。航空会社からすれば販売促進になりますし、クレジットカード会社からすれば利用者獲得など両社にメリットがあるのです。

それに対して、カードローンの場合、利用者は常に現金での支払いになるので、他社と提携することができないのです。

④特典の有無

ポイントが貯まるプログラムもクレジットカードの特典のひとつですが、その他、旅行時に付帯する傷害保険や特定の店舗での割り引きサービス、空港でのラウンジの利用など、「会員だけが得られる特典」が付帯している場合がクレジットカードには多いですが、カードローンにはそういった特典はほとんどありません。

⑤クレジットカードのほうが審査が甘い

「クレジットカードを持つ」ということにかんしては、カードローンを持つよりも簡単です。なぜなら審査の上で、ちょっと難あり(勤続年数が短い、年収が少ないなど)という場合でも、審査で落とさずに、「ショッピング利用枠のみ」のカードを与えることができるからです。

つまり、キャッシングよりショッピングのほうが審査が甘いということです。なぜかというと、ショッピングの場合、基本的に物を購入しても、利用者がクレジットカード会社に全額支払い終えるまでは所有権はクレジットカード会社にあるからです(レストラン利用などで胃の中に入ってしまうものもありますが)。

また、キャッシングの場合、その現金をギャンブルに使用しようが利用者の自由です。ショッピングの場合は、利用は提携店に限られますし、クレジットカード会社が利用内容を基本的に全て把握できるといったことも違います。

逆にキャッシングの場合では、クレジットカードとカードローンの審査に大きな違いはありません。両者ともに総量規制の対象など、同じ貸金業法が適用される融資ですし、在籍確認、信用情報機関への確認など、審査時のプロセスも同様です。

「消費者金融で借りれなかったら、クレジットカードに申し込んでみる」⇒「ショッピング枠のみ」という可能性は高いということです。

⑥金利や利用額の違い

⑤までを見ると、クレジットカードのほうがメリットが大きいという印象になるかもしれませんが、結局のところ、クレジットカードは「キャッシングもできるショッピング用カード」であり、カードローンは「キャッシング専用カード」なので、基本的にはキャッシング利用の場合、カードローンのほうがメリットが大きい可能性が高いです。

<各カードの金利と最大限度額>
■楽天カード(クレジットカード)
最大限度額:100万円
実質年率:18.0%

■アコム(消費者金融系カードローン)
最大限度額:800万円
実質年率:3.0%~18.0%

■三菱東京UFJ銀行バンクイック(銀行系カードローン)
最大限度額:500万円
実質年率:4.6%~14.6%

クレジットカード、消費者金融カードローン、銀行系カードローンからそれぞれメジャーな1社をピックアップしてみました。

まず、クレジットカード(楽天カード)は最大限度額が低く(100万円)、金利が固定されている(18.0%)というのが特徴になります。クレジットカード全てが同様ではないので一概には言えませんが、「より大きな金額」、「より低い金利」でキャッシングを利用したいということであればカードローンのほうが有利になる可能性が高いのです。

小額利用の場合(例えば50万円くらい)なら、楽天カードとアコムの金利は同じ18.0%になる可能性もありますし、それほど大きな違いにはならないかもしれません。いずれにしても低金利の銀行系カードローンがキャッシングでは最もお得といえるでしょう。

⑦返済方法の違い

クレジットカードの場合、ショッピングであれば一括払い、リボ払い、ボーナス払いなど幅広い支払方法から選択できます。しかし、キャッシングの場合なら基本的に一括払いかリボ払いの2択になります。

ボーナス払いは非常に魅力的な支払い方法ですが、その理由として、購入から実際の支払いまでの期間に金利が発生しないからです。しかし、これはショッピングのみが対象になります。

キャッシングにかんしては、クレジットカードもカードローンも総体的に言えば両者の返済方式はほぼ同じです。一般的にリボ払い一種である「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用しており、そのルールのなかで、繰上げ返済や全額返済を認めているというものです。ほかの返済方式を採用しているカードもありますが少数派です。

<残高スライド元利定額リボルビング方式とは>
当月〆日までの借り入れ残高に応じて翌月の返済額が上下に変動(スライド)するというもので、「できるだけ小額の支払いを毎月したい」という方にはうれしい返済方式ですが、なかなか元金が減らなかったり、毎月の負担額が少ないので、ついつい追加で借入れてしまうという面もあります。

⑧年会費とステータスの違い

年会費があるカードローンはまずありません。これは貸金業法に基づき、利用者から徴収できる料金に制限があるからです。例えばATM利用手数料などで、そういったもの以外は利息の一部とみなされるからです。

それに対して、クレジットカードは一部は年会費が無料ですが、多くは数千円から数万円の年会費が必要です。しかし、年会費が高額なクレジットカードを持つと損かというと、そうとも限りません。

年会費が高額なクレジットカードの場合、特典も盛りだくさんで、それらをフルに活用すればもとが取れるかもしれませんし、キャッシングの際の金利も年会費無料のクレジットカードに比べれば低くなったりもします。

また、「ゴールド」や「プラチナ」といったカードを持っていればステータスシンボルにもなりえます。

カードローンは基本的に人前にさらすものではありませんので、テータスを気にする必要はまず無いでしょう。

——————————-

カードローンとクレジットカードの違いについて説明してきました。機能的にはいろいろ違いがありますが、逆に共通している点としては⑦でも説明しましたが、返済方式として「リボ払い」が選べるということでしょうか。

「選べる」と言いましたが、利用が長期的になればリボ払いになっていく可能性は高く、またクレジットカード各社では「リボ払いでポイントアップ!」といったものもよくやっていますので、結果的に「リボ払い」になってしまうものです。

クレジットカードもカードローンも結局のところ、「利息で稼いでいる」商売であり、それもまた一つの共通点です。

できるだけ利息の負担を減らせるように、早期の支払い(返済)をするといった注意をしさえすれば、カードローンやクレジットカードは生活を豊かにしてくれる便利なアイテムとなるでしょう。

スポンサーリンク