79854
「どうせなら総量規制対象外のカードローンに申し込みたい」と思っている方も多いでしょう。

総量規制対象外カードローンなら年収の3分の1以上借りられないといったことがありません。
借りられる金額に上限が無いということで同じカードローンでも自由度が高いのです。

例えば、
・すでに消費者金融から年収の3分の1近いお金を借りている

総量規制対象外のカードローンならさらに借りられる可能性がある。

・すでに総量規制対象外のカードローンでお金を借りている

新たに消費者金融から借りる場合に総量規制としてカウントされない。

と、総量規制のカードローンでは実現できない高額な借入れが可能になるのです。
また、収入ゼロの専業主婦でも利用できるといったメリットもあります。

(参照:カードローンでいくらまで借りることができるのか

スポンサーリンク

総量規制対象外のカードローンの審査は厳しい?

カードローンの場合、利用したいと思っても審査があります。
申し込めば誰でも必ず利用できるというものではありません。

総量規制対象外のカードローンの審査は厳しいのでしょうか?

総量規制対象外=銀行系カードローン

消費者金融のおまとめローンや個人事業主向けのビジネスローンなども総量規制対象外になりますが、一般向け総量規制対象外のカードローンというと銀行系カードローンになります。

今回は銀行系カードローンを中心に説明していきたいと思います。

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンに比べて審査が厳しいと言われており、基本的にそれは正しいといえます。

しかし、銀行系カードローンといっても結構な数があり、審査基準が全て同じということは、むしろ考えにくいです。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

審査の甘さなら金利の高いカードローンが狙い目

普通、消費者金融ではなく銀行系カードローンを利用したいという方は「金利の低さ」が理由ではないでしょうか。

しかし、単に総量規制対象外のカードローンが利用できればいいという前提なら、あえて金利がちょっと高めのカードローンが狙い目です。

金利が高い=審査が甘い?

利用者側からすれば金利が高いと利息負担がより大きくなりますが、カードローン側からすればより利益が大きくなるということです。

利益率が高ければ、多少の損害(貸し倒れ)に影響されにくくなります。
つまり、それほど慎重に審査をしなくてもいいということになります。

審査基準は社外秘なので外部の人間は知る由もありませんが、金利が高い=審査が甘めになると推測できます。

(参照:カードローン審査の主な内容とその仕組みについて

審査の甘い銀行系カードローンはどれ?

金利の高さが審査の甘さのある程度の目安になります。
では、実際に代表的な銀行系カードローンの金利をみてましょう。

 

カードローン名 金利(実質年率) 最大利用限度額
住信SBIネット銀行Mr.カードローン

(プレミアムコース)

2.49%~7.99% 1,000万円
三井住友カード

ゴールドローンカードレス

3.5%~9.2% 700万円
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円
みずほ銀行カードローン

(コンフォートプラン)

4.0%~14.0% 1,000万円
三井住友カードローン 4.0%~14.5% 800万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5% 500万円
東京スター銀行スターカードローン 4.5%~14.6% 500万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 4.6%~14.6% 500万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン

(スタンダードコース)

8.99%~14.79% 300万円
セブン銀行カードローン 15.0% 50万円
じぶん銀行じぶんローン 2.4%~17.5% 800万円
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 800万円
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 500万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0% 1000万円

今回、最高金利が低い順に並べて表にしてみました。

ちなみに、金利の小さい方の数字(最低金利)は、各カードローンで最大利用限度額が違うので、比較として参考になりません。
最高金利だけの比較で十分です。

同じ銀行系カードローンでもだいぶ金利に差があるということがお分かり頂けると思います。

金利が高い方から4つほどピックアップしてみました。

・じぶん銀行じぶんローン:最高金利17.5%
・オリックス銀行カードローン:最高金利17.8%
・新生銀行レイク:最高金利18.0%
・ジャパネット銀行ネットキャッシング:最高金利18.0%

この4つのカードローンの中から審査の甘さで選ぶとすれば、新生銀行レイクといえそうです。

新生銀行レイクがおすすめの理由

①もともと消費者金融だった
②土日祝日審査可能
③無人契約機もあり、スピーディーに借りられる
④無利息期間があり、金利が高めでも短期借入れならお得
⑤電話オペレーターは24時間対応

reikuadk
(参照:新生銀行レイク

他の銀行系カードローンと新生銀行レイクが明らかに違うのが、新生銀行レイクはもともと消費者金融だったということです。

アコムやプロミスといった消費者金融は銀行の傘下になったものの、あくまでも別会社であり、現在でも業種は「貸金業者」です。

しかし、消費者金融だったレイクは新生銀行に吸収され、銀行系カードローンとして生まれ変わったという経緯があります。

上記おすすめ理由でもあげたように、無人契約機があったり、無利息期間があったり、金利が18%だったりと、サービス内容はほとんど消費者金融系カードローンと同じです。

一般的な銀行系カードローンより審査基準も消費者金融に近い可能性が高く、最も審査が甘めな総量規制対象外カードローンと言ってしまってよいでしょう。

(参照:銀行系として生まれ変わった新生銀行カードローン「レイク」

メガバンク系も狙い目

「それほど審査に不安があるわけではない」ということなら、最高金利15%未満のカードローンを狙ってみても良いでしょう。

消費者金融系カードローンより低金利で、なおかつ審査がそれほど厳しくない銀行系カードローンということなら、メガバンク系カードローンが狙い目です。

・三菱東京UFJ銀行バンクイック
・三井住友銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン

上記が国内3大メガバンクのカードローンです。

メガバンク系カードローンの審査が甘い理由

①圧倒的な資金力
例えば、同じ14.0%のA社、B社2つの銀行系カードローンがあったとして、どちらの審査基準が甘いかとなると、その銀行の資金力によって差が出ると考えられます。

より大きな資金があれば、多少の貸し倒れは事業に影響しません。
審査もそれほど慎重にならなくてよいということです。

メガバンクは圧倒的な資金力があるので、他の都市銀行やネット銀行よりも審査が甘くなる可能性が考えられるということです。

②積極的な集客
有名タレントを起用した広告も資金力があるからこそできることであり、同時に集客に力を入れているということでもあります。

集客に力を入れているということは、常に新規申込み者の高いノルマがあると考えられます。
できるだけ多くの申込み者と契約したいという事情があれば、より審査が甘くなる可能性はあります。

③消費者金融や信販会社が審査の主体
銀行系カードローンは基本的に保証会社である消費者金融や信販会社が審査を行います。

ネット上で「銀行系カードローンは保証会社と銀行の2重の審査になるので、審査は厳しい」といった記事をよく見かけます。

実際の審査の仕組みは社外秘なのでなんとも言えませんが、メガバンクに関しては保証会社のみが審査を行っている可能性が高いです。

メガバンク系カードローンに電話で審査について質問すると、「保証会社が行うので、詳細は判りかねます」といった趣旨の回答をされることも多いです。

以下がメガバンク系カードローンの保証会社になります。

 

銀行名 カードローン名 保証会社名
三菱東京UFJ銀行 バンクイック アコム
みずほ銀行 カードローン オリエントコーポレーション
三井住友銀行 カードローン SMBCコンシューマーファイナンス

(プロミス)

アコム、オリコ、プロミスといったお馴染みの消費者金融業者や信販会社が審査を行います。

審査を行う保証会社というのは、利用者が返済できなくなった場合の責任も負うことになります。
結局は保証会社が尻拭いをすることになるので、審査基準も各保証会社の独自の基準になる可能性が高いのです。

保証会社である消費者金融も自社カードローンほど審査は甘くはならないでしょう。
しかし、保証する銀行の審査基準と大きくかけ離れているとも考えにくいのです。

同じメガバンクでもすでに利用している方がおすすめ

全国に支店のあるメガバンクです。
そもそも多くの方がすでに口座を持っているでしょう。

3つあるメガバンクの中から1つを選ぶなら、すでに公共料金の引き落としや給与振込み口座として利用している銀行がおすすめです。

多少は審査で優遇される可能性があるからです。

また銀行系カードローンの場合、その銀行の口座がないと、
・申し込みができない(みずほ銀行カードローン)
・振込みキャッシングができないなど利用が制限される(三菱東京UFJ銀行バンクイック、三井住友銀行カードローン)
といった面もあります。

もともと「口座がある」、「利用している」という銀行の方が何かと有利なのです。

(参照:総合評価で選ぶなら三菱東京UFJ銀行「バンクイック」
(参照:メガバンク随一の低金利・高額融資みずほ銀行カードローン)
(参照:消費者金融を追随するサービス三井住友銀行カードローン

総量規制対象外カードローンの審査を有利に進めるには

銀行系カードローンでも比較的審査が甘そうな会社をご紹介しましたが、それでもやはり、消費者金融系カードローンよりは審査が厳しくなるでしょう。

次は少しでも審査を有利にできるポイントを説明したいと思います。

①借入れ件数、金額をできるだけ減らしておく
②申し込みはまず1件。複数同時に行わない
③良好なクレジットヒストリーを作る

①借入れ件数、金額をできるだけ減らしておく

総量規制対象外のカードローンの場合、他社からいくら借りていようとも、さらにいくらでも貸すことができます。

法的にはそういうことになりますが、すでにたくさん借りている人にさらに貸すというのは、貸し倒れの可能性が高まるので、審査では不利になります。
その点は銀行系カードローンも消費者金融系カードローンも同じです。

すでに借り入れ件数3件以上、年収の3分の1ほど借りているということであれば、借り過ぎと思ったほうがいいでしょう。
一時的にでも件数や額を減らしたほうが審査を有利に進めることができます。

申込み前にいったんまとめて返済したとしても、審査に通り、契約さえすれば、またキャッシングすればいいだけです。

②申し込みはまず1件。複数同時に行わない

総量規制対象外のカードローン=銀行系カードローンということで「審査が厳しい」と思い、念のために一度に複数のカードローンに申し込むという方もいるかもしれません。

数打てば1社くらい審査に通りそうなものですが、むしろ逆効果です。

申し込みブラックだけは避けたい

例えば、「属性的に問題ない、他社からの借入れも少ない、クレジットヒストリーも良好」といった、普通に申し込めば審査に通過しそうな方でも、複数のカードローンに同時に申し込めば審査で不利になる可能性があります。

カードローン審査時に過去のローン実績などをチェックされる信用情報機関では、他社の申し込み状況も同時にチェックされます。

例えば、もしも2~3件同時に申し込んでいるような状況なら「申し込みブラック」と呼ばれる状況になり、審査落ちの原因になります。

申し込みをするときは狙いを絞ってまず1社、それがダメなら次に・・・というタイミングで行うべきです。

(参照:ブラックって何?意外な理由にも要注意

③良好なクレジットヒストリーを作る

今すぐできるというものではありませんが、審査時にチェックされる信用情報機関の情報を良好な状況にしておくというのも重要です。

信用情報機関では、それなりにクレジットカードなどを利用していて毎月の支払いがあるか、遅延なくきちっと支払いを続けているか、というのがチェックされます。

毎月の支払状況は過去2年分をチェックされる

例えば、債務整理などをしてブラックになっている状況なら論外ですが、「遅延」の記録がある場合は微妙なラインになります。

ローンでの「遅延」というのは、61日(約2ヶ月)程度の支払い遅れで記録として残ってしまう可能性があります。
直近6ヶ月以内に遅延があれば、審査は厳しくなると思ったほうがいいでしょう。

信用情報機関では、2年分の支払状況が確認できるので、低金利で審査が厳しいと思われるカードローンに申し込む場合は、2年間一回も遅延していないというのがベストです。

「1~2回遅延したかもしれない」ということであれば、金利面を妥協し、なるべく審査の甘いカードローンを検討したほうがいいでしょう。

(参照:カードローン審査に落ちる5つの理由とその対処法

まとめ

同じカードローンを利用したいという方でも、「スピーディーな方がいい」、「金利が低ければそれでいい」など人によって重視するポイントも様々です。

総量規制対象外のカードローンは「とにかく高額なキャッシングがしたい」という方に最適なカードローンといえるでしょう。

ただその総量規制対象外のカードローンの中でも金利が低いものもあれば、高いものもありますし、審査の難易度なども様々です。

自分の状況や重視するポイントは何かというのを考えた上で、最適なカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク