78

「どのカードローンに申し込もうか・・・」とネットでいろいろ調べていると、「総量規制対象外」という言葉を目にすることもあるかもしれません。

今回、総量規制対象外とは一体何なのか、特徴やメリットなどを詳しく説明していきます!

スポンサーリンク

総量規制対象外のカードローンって何?

カードローンもいろいろ種類がありますが、一般的に総量規制対象外のカードローンというと、銀行系カードローンのことと考えていいでしょう。

では、逆に総量規制の対象になるカードローンは?というと、
・消費者金融系カードローン
・信販系カードローン(クレジットカード会社が発行するカードローン)

といった、貸金業者が発行するカードローンになります。

では、もっと詳しく説明していきます。

(参照:選ぶ前に知っておこう!カードローンの3つの種類

総量規制とは

まず「総量規制対象外」の前に、総量規制とは何かを簡単に説明します。

総量規制とは「年収の3分の1以上融資してはいけない」という貸金業法のルールの一つです。

以下が年収に対する貸付金額上限の例です。

 

年収 総量規制での最大融資額
200万円 66万円
300万円 100万円
400万円 133万円
500万円 166万円
600万円 200万円

※1万円以下切り捨て

なぜそんなルールが必要なのか

総量規制は、2010年に完全施行された新しい貸金業法から適用されています。

貸金業法が施行される前は、荒っぽい取り立て方法やグレーゾーン金利など、いろいろ問題があったわけですが、「借りすぎて返せなくなる」というものひとつの大きな問題でした。

当時は融資の上限が決まっていなかったので、借金に苦しんだり、破産になってしまうケースが後を絶たなかったのです。

そこで、「年収の3分の1」までなら現実的に返済できるだろうとして、総量規制が決められたのです。

(参照:貸金業法ってなに?

総量規制はどうカウントされる?

総量規制は1社からの融資ではなく、他社の借入額も合わせた合計です。

例えば、年収300万円の方は借り入れできる上限は100万円ですが、すでに

カードローンA社で30万円
クレジットカードB社でキャッシング20万円

借り入れている場合、新規のカードローンで50万円以上の限度額にはならないということです。

他社借り入れ総額は個人信用情報機関で確認される

新規に申し込むカードローン会社が別のカードローンA社の借入額を分かるわけがないと思われるかもしれません。
しかし個人信用情報機関で情報が共有されているので、他社の契約状況や借り入れ状況は確認できます。

カードローン新規申し込みの際には、カードローン側も申込み者が他社からすでに借り入れている額をふまえて、総量規制オーバーしないような利用限度額を設定するということです。

なぜ銀行系カードローンは総量規制対象外なのか

消費者金融やクレジットカード会社は貸金業者なので、貸金業者が適用されますが、銀行の場合、貸金業法ではなく、銀行法が適用されます。

銀行法では、とくに融資の上限は決められていません。

消費者金融系カードローンも銀行系カードローンも機能的にはほとんど同じものですが、適用される根本的なルールが全く別物ということなのです。

貸金業者でも総量規制対象外になる場合も

貸金業者(消費者金融や信販会社)でも、例外的に年収の3分の1以上貸せる場合があります。

・借り換えローン
・おまとめローン
・ビジネスローン
・自動車ローン

上記のローン商品なら、年収の3分の1以上でも融資できる総量規制対象外になります。

また、クレジットカードの場合、キャッシング枠は総量規制の対象になりますが、ショッピング枠は対象外です。

(参照:すでに持っているカードの総量規制と審査への影響

どのカードローンが総量規制対象外?

一般向けのカードローンで総量規制対象外というと銀行系カードローンということになります。

以下が代表的な銀行系カードローンになります。

 

銀行名 カードローン名
三菱東京UFJ銀行 バンクイック
みずほ銀行 カードローン
三井住友銀行 カードローン
楽天銀行 スーパーローン
イオン銀行 カードローンBIG
セブン銀行 カードローン
じぶん銀行 じぶんローン
オリックス銀行 カードローン
新生銀行 レイク
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
東京スター銀行 スターカードローン
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン

「○○銀行グループ」なら総量規制対象外?

大手消費者金融業者の場合、銀行の傘下になっている場合が多いので、ホームページを見ると銀行名も表記されています。

 

アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス 三井住友フィナンシャルグループ
モビット 三井住友銀行グループ
ノーローン 新生銀行グループ

上記のカードローンは銀行系?と思ってしまうかもしれませんが、あくまでも消費者金融なので、総量規制対象外とはなりません。

総量規制対象外なら上限なしで借りられる?

カードローンの広告やホームページを見ると、「最大500万円」、「最大800万円」など各カードローンで最大いくらまで融資できるかというのを全面に打ち出しています。

総量規制の対象の場合、例えば、年収が600万円だったとしても、最大200万円までしか借りられません。

逆に言えば、500万円借りるには年収が1500万円、800万円借りるなら2400万円年収が無いと理論上はムリということです。

では、総量規制対象外なら実際に500万円といった大きな金額を借りることができるのでしょうか。

(参照:カードローンでいくらまで借りることができるのか

銀行で借りられる金額も総量規制が目安

法的には、銀行系カードローンであれば、いくら貸してもOKです。
しかし、例えば年収300万円の人に500万円貸すということはまずありえません。

年収を判断材料に融資できる金額を決めるというのは、消費者金融も銀行も同じです。

銀行系カードローンでいくら借りられるかは、総量規制とは関係ありません。
しかし、実際どれくらいまで借りられるかというと、年収の3分の1が一つの目安になるでしょう。

新規では年収の3分の1すら借りられない

例えば、年収300万円の方がカードローンに申し込む場合、

「総量規制対象の消費者金融系カードローンなら100万円、対象外の銀行系カードローンなら120万円くらいは借りられるかな・・・」

と思うかもしれません。

しかし、消費者金融系カードローンも必ず年収の3分の1まで貸すというわけではありません。

あくまでも上限の話しであり、特に信用も何もない新規の利用者に年収の3分の1ぎりぎりの限度額にするということはまずありません。

実際、新規だといくら位が限度額になるか

カードローンの新規申し込みで設定される限度額は平均的に30万~50万円程度になります。

年収300万円の3分の1は100万円なので、そう考えると、新規で借りることができるのは、年収の6分の1、もしくはそれ以下くらいになるということです。

この点も銀行系カードローン、消費者金融系カードローンで大きな違いはないでしょう。

それなりに利用実績を積んでいけば、消費者金融系カードローンなら年収の3分の1に近い限度額になる可能性がありますし、銀行系カードローンならそれ以上が狙えるということです。

すでに年収の3分の1借りている場合

消費者金融からすでに年収の3分の1ほど借りていて、「もっと借りたいから」ということで、総量規制対象外のカードローンに申し込むという方もいるかもしれません。

例えば、年収300万円の人が、すでに100万円を消費者金融から借りている場合でも、理論上は総量規制対象外の銀行系カードローンであれば、さらに借りることができます。

実際に申し込んでみなければ分かりませんが、他社から借入れが無い人に比べれば審査は厳しいものになります。

借りられたとしても少額でしょう。

しかしすでに年収の3分の1借りているということであれば、返済もけっこう厳しい状況になっているでしょう。

「どうすればもっと借りられるか」ということより、「どうやって返済の負担を軽くするか」を考えたほうがいいかもしれません。

おまとめローンや借り換えローンは返済の負担を軽くするためのものです。
消費者金融でも総量規制対象外になるので、検討してみるべきでしょう。

(参照:おまとめローンとは

年収の3分の1以上借りられる以外に総量規制対象外のメリットは?

総量規制の対象となる消費者金融などが絶対にできないのが、収入ゼロの方に融資するということです。
年収ゼロ円の3分の1はゼロ円だからです。

銀行も基本的には無職の人には貸しませんが、例外となるのが専業主婦です。

総量規制対象外=専業主婦も利用可

消費者金融系カードローンでは専業主婦は申し込み対象になりませんが、銀行系カードローンなら利用可能です。

ただし、あまり高額な限度額は期待できませんし、銀行によっては専業主婦向けの最大限度額を設定しています。

 

カードローン名 専業主婦の最大限度額 通常の最大限度額
三菱東京UFJ銀行バンクイック 30万円 500万円
みずほ銀行カードローン 30万円 1,000万円
三井住友カードローン 個別の設定なし 800万円
楽天銀行スーパーローン 50万円 500万円
新生銀行レイク 個別の設定なし 500万円
セブン銀行カードローン 個別の設定なし 50万円
イオン銀行カードローンBIG 50万円 800万円

(参照:専業主婦でも借りられるカードローン

バンクイックならアルバイトをしていない学生も利用できる

アルバイトをしていて収入があるということなら、消費者金融でも銀行でもカードローンの申し込み対象になります。

しかし、アルバイトしていなければ年収ゼロなので、総量規制対象の消費者金融では利用不可、銀行でも申し込み対象にしていません。

三菱東京UFJ銀行バンクイックの場合、親権者の同意さえ得られれば、無職の学生を申し込み対象にしています。

バンクイックは例外的なケースですが、総量規制対象外だからできるサービスといえます。

(参照:学生が一般のカードローンを選ぶケース

総量規制対象外のカードローンにデメリットはある?

「総量規制対象外」という事自体にデメリットがあるとすれば、年収の3分の1以上借りられるということでしょうか。

借金の返済が負担になるリスクというのは、借りる金額が大きいほど高くなるものです。

例えば、消費者金融なら100万円までしか借りられない方が、総量規制対象外の銀行系カードローンなら150万円借りられるということになれば、どちらの返済が厳しいかは明白です。

「銀行系カードローンなら金利が低いから、たくさん借りても利息の負担は少なく済むでしょ?」と思われるかもしれませんが、実際どうでしょうか。

たくさん借りられる=大きな利息の負担になるリスクが

銀行系カードローンの金利を14.0%とし、金利18.0%の消費者金融系カードローンと利息の比較をしてみましょう。

 

1ヶ月の利息
借入額 銀行系カードローン

金利14.0%

消費者金融系カードローン

金利18.0%

30万円 3,500円 4,500円
50万円 5,833円 7,500円
80万円 9,333円 12,000円
100万円 11,666円 15,000円
150万円 17,500円 22,500円

借入額にもよりますが、金利が4%低ければ、1ヶ月あたり数千円も利息が少なく済むということです。

しかし、比較をすれば、確かに利息は安く済みますが、それなりに負担があるということには変わりません。

上記の話に戻ると、消費者金融なら100万円までしか借りられない方は負担する利息は最大で15,000円になります。

しかし、総量規制対象外の銀行系カードローンで150万円借りることができるということなら、最大17,500円の利息が発生するということになります。

多く借りられるということは、それだけ多くの利息が発生するリスクがあるということです。

(参照:借入れしたら利息はいくら?金利と返済額で利息の総額は決まる

総量規制対象外のカードローンは審査が厳しい

総量規制対象外自体のデメリットではありませんが、総量規制対象外=銀行系カードローンということになると、欠点といえるのが審査の厳しさです。

銀行系カードローン全てではありませんが、消費者金融系カードローンに比べて金利が低いものが多いです。

金利の低いカードローンというのは基本的に審査が厳しく、利用できる可能性はより低くなります。

総量規制対象外=低金利のカードローンが多い→審査が厳しい
総量規制の対象=金利高めのカードローンが多い→審査は甘い

総体的には上記のようになると考えていいでしょう。

(参照:借入れしたら利息はいくら?金利と返済額で利息の総額は決まる

まとめ

総量規制の対象か対象外かという違いは、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの違いといってもいいでしょう。

金利が低い、年収の3分の1以上借りられるといったことで、銀行系カードローンの方がメリットが多いのは確かです。

しかし、銀行系カードローンでも実際に年収の3分の1以上借りられるかどうかは、各利用者に対して銀行が判断することです。
絶対ではありません。

また、銀行系カードローンの方が消費者金融系カードローンより審査は厳しいです。
急いでいる場合には審査の甘い消費者金融系カードローンの方が利用しやすいでしょう。

状況次第では、あえて総量規制対象外のカードローンを選んだほうが良いという場合もあるということです。

スポンサーリンク