109
学協は東京都内に3店舗、神奈川県に1店舗と小規模ながらチェーン展開している学生ローンです。初回は必ず来店しなければならないということで、インターネットで申し込んで全国で利用できる会社が多い中ではちょっと異質な存在です。

スポンサーリンク

学協の利用方法

http://www.gakkyou.jp/

学協の申し込み条件

原則学生(大学生、短大生、専門学生、予備校生)が申し込みできます。ホームページで年齢について書かれていませんが、学生なら18歳でも利用できるようです。

学協の申し込み方法

申し込みは店舗に直接行く必要があります。実際にホームページに行くと、申し込みをクリックする部分がありません。今の時代かなり珍しいです。

・三軒茶屋本店(東京都世田谷区)
・高幡不動店(東京都日野市)
・鶴川店(東京都町田市)
・向ヶ丘遊園店(神奈川県川崎市)

上記の4店舗のいずれかに行く必要があります。

必要なものとしては写真つきの学生証+運転免許証や保険証などの本人確認書。銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどもあれば持っていったほうがいいとのことです。行ってから何かか足りないとなると余計に面倒なので行く前に電話をした方がベターでしょう。

当然ですが、店舗によって貸付条件が異なるということはありません。

学協の借り入れ方法

初回は申し込みが店舗なので手渡しになります。2回目以降は自分の銀行口座に振り込みという方法もOKです。

学協の返済方法

返済は月に1回、指定口座に振り込みになりますが、店舗ごとに指定口座が違うのでちょっと気をつけなければなりません。借りた支店の指定口座に振り込むということです。各店3~4つの銀行に対応しています。

もちろん支店に持参するというのもOKです。

学協の返済方式

返済方式は元金自由返済です。返済期間は最長5年(60回)になりますが、「最低でも月に1回利息分だけ」の返済でいいという学生ローンではよくある返済方式です。

元金の返済は返済期間ぎりぎりまで後回しにできるので、「就職してから返す」ということも可能ですが、なるべく少しでも元金を減らしていかないと後で大きな負担になるので注意が必要かもしれません。

学協の金利・利用限度額

融資金額:1万円~30万円
実質年率:17.52%

限度額は最大30万円と低めですが、学生ローンとしては特別に低いというわけでもありません。金利は低くなるキャンペーンなども無いようなので一律17.52%。18%の一般的な消費者金融よりちょっと低いという設定です。

学協まとめ

店舗での申し込みのみということで「今どき」の運営方法とは異なるスタイルの学協です。とはいっても、いわゆる一般的な「街金」のようなイメージではなく、初めてローンを利用する学生が対象なので、やさしく丁寧に接してくれるので心配はいりません。

「ローン」や「借金」というものは初めての場合は不安な点も多いでしょう。インターネットでの申し込みも便利ですが、対面式ならではの安心感は学生にとってメリットかもしれません。

スポンサーリンク