5001
現在、銀行や消費者金融、さらにクレジットカード会社からさまざまなカードローンが発行されていますが、コンビニのATMが利用できたり、インターネットの会員専用サイトから手続きや管理ができたりと、利便性という意味ではどのカードローンも似たり寄ったりといえるかもしれません。

では逆にカードローンのどういった点を一般的に比較のポイントとしているのでしょうか?それはおそらく「金利」ということになるでしょう。

スポンサーリンク

金利とは

カードローンでの「金利」とはお金を貸す際に支払う手数料のことです。カードローンによっては「貸付利率」や「借入利率」と表現することもあります。カードローン側としてはこの金利の手数料が唯一の収益になります。

それぞれのカードローンのホームページなどでは、金利は通常4.8%~18.0%といった数値で示していますが、これは一般的に年間で支払う金利の利率を表しています。
厳密に言うと、1年間にかかる金利の大きさのことを「実質年率」といいますが、カードローンのホームページなどでは省略して表現している場合も多いです。

例えば、「金利15%」という条件のカードローンであれば、1年間で元金の15%相当が利用者側が負担する手数料ということになります。

金利の計算方法

(金利15%で100万円借入れ、1年後に完済した場合)
100万円x15%=15万円

15万円が金利の負担、それプラス100万円、計115万円を返してください。
ということになります。

(金利10%で100万円借入れ、1年後に完済した場合)
100万円x10%=10万円

上記は金利が10%の場合で計算してみました。金利が5%違えば、100万円借入れの際に年間で5万円も安く済むということになるのです。
多くの利用者ができるだけ金利の低いカードローンを求めているのは、こういった理由になります。

カードローンは他のローン、例えば、住宅ローンや自動車ローンなどよりも金利が高めです。それは、利用額が小額だったり、借りている期間が他のローンよりも短くなるケースが多いというのもひとつの理由でしょう。
カードローンでは金利の大きさを年単位で表現していますが、実際には1日単位で計算されますので、早く返済する分だけ利用者側の負担は小さなものになります。

仮に30日間で完済するという場合には下記のような計算が可能になります。

(金利15%で100万円借入れ、20日後に完済した場合)
100万円x15%=15万円(年間)
15万円÷365×20日=8,219円が金利の負担になります。

(金利10%で100万円借入れ、20日後に完済した場合)
100万円x10%=10万円(年間)
10万円÷365×20日=5,479円が金利の負担になります。

金利が5%の差がある上記の2つの例で、1年間借りていた場合では5万円の差がありましたが、20日で完済すれば8,219円-5,479円=2,740円と、その差はそれほど大きなものではありません。

もし、金利が高めのカードローンを利用する場合には、なるべく早めに完済して負担を減らすのがコツといえます。

利息とは

利息とは、金利から生じる負担(手数料)のことを一般的に言います。
例えば、「15%で100万円借入れ、1年後に完済した場合の利息は15万円です。」ということです。

カードローンの場合で、この利息が返済額の中に含まれているケースが多いのが特徴です。
例えば、返済額は10,000円などのキリのいい数字(千円単位など)になりますが、その中の2,345円などの細かい金額が利息だったりします。その場合、元金の返済としては、10,000円-2,345円=7,655円ということになります。
利息を意識しないと「1万円返したつもりが実は7千数百円分しか返していない」というような状況になり、借入れがどんどん増えてしまうので注意が必要なのです。

上記のように、返済額の中に利息がいくら含まれているのかがカードローンの場合分かりにくいので、たまに会員サイトなどから正確な返済状況を確認するのもよいでしょう。
もしも元金があまり減らないような返済プランになっているということなら、返済が長期化してしまうので、ちょっと多めに追加で返済するなどの対策をとらないと、結果的により多くの利息を負担することになってしまいます。

カードローンには必ず審査があるので、必ずしも低金利のカードローンを利用できるとは限りません。しかし、金利の意味を理解していれば、金利の高さなどのデメリットも最小限に抑えながら賢く利用することができるでしょう。

スポンサーリンク