23
中小規模の消費者金融であれば、いわゆる「ブラック」でも借り入れできる可能性がありますが、大手となると、申し込むだけ無駄という可能性も高いです。カードローンの申し込みの前にあらかじめ確認をしたり、申し込み後の「なぜ審査に落ちたのか」という確認など、自分がブラックかどうか知りたいというケースもあるかもしれません。

スポンサーリンク

ブラックリストは信用情報機関にある

ブラックリストはあくまでも金融での俗称です。カードローンやクレジットカードなどに申し込みの際に、金融会社が申し込み者の信用情報を確認するのですが、その際に、「延滞」や「債務整理」などの記録のことをブラックとよんでおり、審査で落ちる要因となるものです。

利用者の信用情報はCIC(株式会社シー・アイ・シー)、JICC(株式会社日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)という3つの信用情報機関で確認が取れるようになっており、自分がブラックかどうかもそこで確認ができます。

1つのカードローンの申し込みの際に3つの信用情報機関全てで確認をされるというわけではありませんが、延滞や債務整理などのブラック情報に関しては「CRIN(クリン)」という3つの信用情報機関を共有しているネットワークで確認がとれるので、金融会社側から「運良く見過ごされる」という可能性は低いのです。

自分がブラックかどうかを確認するには、CIC、JICC、KSCの3つの信用情報機関全てに開示情報を請求して、内容を確認する必要があります。

CICでのブラックの確認方法

CIC(株式会社シー・アイ・シー)
まず、インターネットや郵送、窓口などで開示情報を請求します。
開示情報内に「お支払いの状況」という欄があります。その中の「返済状況(異動発生日)」に「異動」という文字があればそれが「ブラック」の意味になります。約5年間記録として残ります。

JICCでのブラックの確認方法

JICC(株式会社日本信用情報機構)
まず、携帯電話や郵送、窓口などで開示情報を請求します。
複数の開示書がありますが、「ファイルD」という開示書の中の一番右に「異参サ内容、異参サ発生日」という欄があります。その欄に何か記載があれば「ブラック」ということになります。またここでの「発生日」から延滞であれば延滞が解消されてから1年未満、債務整理であれば5年未満がブラックの記録が残る期間になります。

KSCでのブラックの確認方法

KSC(全国銀行個人信用情報センター)
まず、郵送で開示情報を請求します。
3枚書類が郵送されてきますが、その中の2枚目の上部に「返済区分」という記載があり、その横に「延滞」という記載があれば「ブラック」ということです。また、「完了区分」の箇所に「代位弁済、保証履行」、「強制回収手続」、「移管」に記載があると正常な返済がされなかったということで「ブラック」の扱いになります。自己破産は10年未満、それ以外のブラックは5年記録として残ります。

3つの信用情報機関すべてを確認するのは費用も掛かりますし、なかなか面倒です。

過去に延滞などがあってこれからカードローンなどを申し込むという場合、ブラックかどうかを判別するという目的で「落ちてもいいからカードローンに申し込んでみる」という手もありますが、審査落ちすれば、申し込みの記録だけが残るので、それはそれで審査をより不利にしてしまう要素になるので、信用情報を確認するという方法の方がより安全ではあります。

信用情報の確認自体は審査に悪影響を及ぼすことはありませんので、ブラックかどうかを知るという意味では信用情報機関での確認がベストな方法といえます。

ブラックだったらどうすればいいか

自分がブラックということが分かり、カードローンなどの利用を考えているという場合、どういった方法がとれるでしょうか。

ブラックが消えるのを待つ

自己破産の場合、KSCでブラックが最長10年間記録として残ってしまいますが、それ以外は5年が目処になります。この5年というのは債務が何らかの形で終了(完済や債務整理など)してからの5年です。延滞中であればブラックの記録は消えません。

5年や10年というのはそれなりに長い時間といえます。特に今までカードローンやクレジットカードなどを頻繁に利用していた方にとってはかなり不自由な期間かもしれませんが、もし今まで返済に苦しんできたということであれば、そういった負担の無い状況ともいえます。もともとそういったカード類を全く利用しない人もいます。少しライフスタイルを変える必要があるかもしれませんが、基本的にはこの期間は借り入れをしないということが最善かもしれません。

中小の消費者金融を利用する

大手の消費者金融に落ちた場合に利用できる可能性があるというのが、中小の消費者金融です。必ず利用できるとも言い切れませんが、現在安定した収入があれば、過去のブラックに目をつむってくれる可能性があります。急な出費でどうしてもという場合にはそういった選択肢もあります。

くれぐれも「ブラックでも即日融資可!」など、ブラックを積極的に募っているような業者には注意してください。正規の消費者金融は結果的にブラックに融資するにしても、キャッチコピーでブラックOKのアピールまではしません。そういった業者は闇金と考えていいでしょう。

スポンサーリンク