CH050
カードローンの利用で「利息の負担を抑えたい」ということであれば、金利の低さも重要ですが、返済の仕方にも気をつけるべきです。

(参照:本当に低金利?カードローンの金利の見方

ほとんどのカードローンで繰り上げ返済をすることができます。住宅ローンや自動車ローンでも行われる返済方法なので、ご存知の方も多いかもしれません。

繰り上げ返済はするかしないかで利息の負担を抑えたり、完済までの期間を早めたりすることができるので非常に重要です。

カードローンの繰り上げ返済とはどういうものか、またそのメリットについて説明します。

スポンサーリンク

基本的な返済方法「約定返済」

繰り上げ返済の前に、基本的な返済方法から説明します。

各カードローンでは、決められた「約定返済日」までに「約定返済額」を支払う必要があります。

約定返済日とは

約定返済日とはいわゆる返済期日のことです。この期日を守らなければ「延滞」ということになり、遅延手数料が発生したり、信用情報に記録として残ったりします。利用者側の最低限の「義務」といったところでしょう。

カードローンの約定返済日はいつ?

・毎月の決まった日
・35日ごと

基本的には毎月の決まった日(例えば5日とか25日など)までに規定の金額を返済するという決まりになっています。35日ごとのサイクルを選べるカードローンもあります。

いずれにしても、一ヵ月ごと、もしくは35日ごとに返済しなくてはなりません。「40日ごと」や「60日ごと」といった長期的なサイクルで返済するカードローンはまず存在しません。

約定返済額とは

約定返済額または最少返済額とも言います。つまり、最低でも返済しなければならない額のことで、この金額に満たなければ約定返済日に返済をしても「延滞扱い」になります。

各カードローンの約定返済額

約定返済額はカードローンでそれぞれで金額が異なります。また、1つのカードローンでも借り入れ残高によって約定返済額が変動します。

例)
三菱東京UFJ銀行バンクイックの約定返済額(利用限度額200万円以下の場合)

kuriagehennsa2015
(参照:三菱東京UFJ銀行バンクイック

大きな金額を借りている状態なら、月々の約定返済額も大きくなるということです。

逆に言えば、借り入れ残高が少なくなると約定返済額も少額になってきます。

多くのカードローンは残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しており、借り入れ額に応じて、できるだけ少ない約定返済額で済むような仕組みになっています。

毎月の返済の負担が軽くなるというメリットはありますが、「借入期間が長くなる=利息の負担総額が大きくなる」というデメリットにもなります。

例えば、10万円という比較的少額な借り入れをしている場合、各カードローンの約定返済額は以下のようになります。

各カードローンの約定返済額(借入額10万円の場合)比較

カードローン名 最小返済額 条件

アコム 3,000円 限度額30万円超100万円未満
プロミス 3,000円 限度額30万円超100万円未満
アイフル 4,000円 35日サイクルの場合は5,000円
モビット 4,000円

三菱東京UFJ銀行バンクイック 2,000円 限度額200万円以下
みずほ銀行カードローン 1万円
三井住友銀行カードローン 1万円
新生銀行レイク 3,000円
イオン銀行カードローンBIG 3,000円
楽天銀行スーパーローン 3,000円
じぶん銀行じぶんローン 2,000円 金利13%以上
オリックス銀行カードローン 7,000円

 

同じ10万円を借りている状態でも、カードローンによっては約定返済額が2,000円の場合もあれば、1万円の場合もあり、大きな開きがあります。

(参照:返済方法の基本的なポイント
(参照:リボルビング払いのメリットとデメリット

繰り上げ返済とは

「約定返済額=カードローン側が決めた返済額」ということですが、それ以上の金額を返済することを「繰上げ返済」、または「随時返済」、「任意返済」といいます。

「繰り上げ返済をするかしないか」、「いくら繰り上げ返済するか」、「いつ繰り上げ返済するか」というのは利用者が決めることができます。

繰り上げ返済するとどれだけ利息が減るのか

では、カードローン側が決めた約定返済額だけを返済する場合と、自分で上乗せして繰り上げ返済をした場合、どのくらい利息総額が違うのでしょうか。

バンクイック(金利14.6%)で10万円を借りた場合を見てみましょう。

バンクイックの約定返済額は10万円借り入れの場合は2,000円です。それに1,000円加算して3,000円、2,000円加算して4,000円、3,000円加算して5,000円返済した場合が以下の表になります。

バンクイックでの繰り上げ返済例

借入れ額 10万円
約定返済 繰り上げ返済
毎月の返済額 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円
返済期間 6年6ヶ月 3年7ヶ月 2年6ヶ月 1年11ヶ月
利息総額 54,963円 28,993円 19,929円 15,270円

※計算方法によって若干の誤差がある可能性があります。

2,000円に千円上乗せして3,000円返済する場合「たかが千円くらい上乗せてもそんなに変わらないだろう・・・」といったイメージがあるかもしれません。

しかし、実際に返済期間で約3年、利息の負担として約2倍の差が生じるのです。

もちろん、さらに千円、2千円と上乗せすればその差は広がってきます。表を見ていただければ繰り上げ返済をするかしないかで大きな違いがあることがお分かりいただけると思います。

(参照:即日に口座振込みできるカードローンまとめ

繰り上げ返済のタイミング

繰り上げ返済をいつ行うかということについて、押さえておきたいポイントが以下の2つになります。

・繰り上げ返済は元金に充当される
・カードローンの利息は日割り計算である

例えば、10万円借りている状況で1万円を繰り上げ返済すれば、残りの借り入れ残高は9万円になります。1万円まるまる元金の返済に充てられ、一部が利息に充当されるということはありません。

カードローンの利息は日々加算されていきます。今日1万円繰り上げ返済するのと、15日後に繰り上げ返済するのでは1万円に対する15日分の利息の違いが生じるということです。

ちょっとややこしくなりましたが、要は1日でも早く繰り上げ返済すれば少しでも利息の負担を抑えることができるので、お得ということです。

「ボーナスが出たときにまとめて返す」というのも有効ですが、毎月少しでも多く返すというもの利息を抑えるのに役立ちます。

繰り上げ返済をするべきカードローンとは

最初のほうで各カードローンで約定返済額はそれぞれ違うということを説明しました。

約定返済額は同じ10万円の借入金額でも、カードローンAでは2,000円、カードローンBでは1万円だったりと大きな違いがあります。

仮にカードローンAの方が表示金利が低かったとしても、これだけ返済額に差があれば、むしろカードローンBの方が利息負担は少なく済むでしょう。

約定返済額が少額の場合は、繰り上げ返済を積極的に行うべきなのです。

特に低金利のカードローンを利用する場合「利息の負担は小さい」と安心しまうかもしれません。しかし返済額が少なければ結果的に他のカードローンより損をすることになってしまいます。

どの程度繰り上げ返済すればいいのか

繰り上げ返済の額は大きければ大きいほど良いですが、どのくらい追加で返済すべきなのでしょうか。

繰り上げ返済の金額の目安として、1か月分の利息を知っておいた方が良いでしょう。

金利14.6%で10万円利用の場合の1ヶ月の利息
10万円×14.6%÷12=1,216円

金利14.6%で50万円利用の場合の1ヶ月の利息
50万円×14.6%÷12=6,083円

利息が1,200円くらいで2,000円しか返済しなければ元金は800円ほどしか減りません。

利息が6,000円くらいで1万円しか返済しなければ元金は4,000円ほどしか減りません。

利息がいくらか分かっていれば、元金がいくら減るか分かります。カードローンの返済は常に元金を減らすということを意識しながら繰り上げ返済することが重要なのです。

繰り上げ返済で注意したいこと

繰り上げ返済で「出来るだけ大きな金額」を返済すれば利息の負担をより抑えることができます。しかし、多くのカードローンの場合、繰り上げ返済をしたあとに、さらに約定返済をしなければなりません。

例えば、
・1月10日に繰り上げ返済5,000円
・1月25日に約定返済2,000円

というケースがありえます。

どんなに大きな金額を繰り上げ返済しても、約定返済日に返済はしなければならないのです。

「返せるだけ返して、生活費が足りなくなったらまた借りる」という方法も、元金を一時的に減らすことができるので、利息を軽減するということでは有効です。貯金をするよりも返済に充てた方がお得です。

しかし、借りるクセがついてしまい、徐々に借り入れ残高が増えていかないよう、ある程度余裕をもって繰り上げ返済をすることも重要です。

繰り上げ返済はどうやって行うか

・ATM
・インターネット
・銀行振り込み

多くのカードローンの場合、上記のような方法で繰り上げ返済が可能です。方法によっては手数料が発生するので、繰り上げ返済を頻繁に行うのであればその点も注意が必要です。

口座からの自動振替で返済するという場合には、約定返済額しか返済されないことになります。

自動振替の場合、自分で繰り上げ返済をするのと合わせて月に2回以上返済することになります。ちょっと手間ですが、利息負担の合計を大きく減らせると思えばそれほど苦にはならないでしょう。

(参照:提携ATMの利用料金に要注意!手数料を抑える4つの方法

まとめ

カードローンも営利目的で運営されている事業です。利用者からなるべく多くの利息が得られるような融資をするというのが前提です。

利用者側が「利息をできるだけ抑える」という意味では出来るだけ早く完済するというのがもっともベストな方法です。

しかし、限られたお給料の中でまとまったお金を捻出するのは容易ではないでしょう。

今回、完済しないまでも、ちょっと多めに返済するということが重要ということを説明しました。利息の負担を軽減するとともに、完済までが意外なほど早くなるという効果が期待できます。

特に約定返済額が少額なカードローンを利用している人(または検討している)は注意してみてはいかがでしょうか。

(参照:借入れしたら利息はいくら?金利と返済額で利息の総額は決まる

スポンサーリンク