153
大手のカードローンでは返済方法をリボ払いを基本としているケースがほとんどですが、リボ払いの中でも「残高スライド元利定額リボルビング方式」というものがもっとも多く採用されている方式になります。

同じリボ払いでも残高スライド元利定額リボルビング方式のように「スライド」するタイプのものは利用の上で特に注意する必要があるかもしれません。メリットを言えば、「借り入れ残高が少なくなるにつれ、毎月の返済額も減っていくので、負担が少なくて楽ですよ」となりますが、返済が長期化する(=利息の負担額が増える)危険性をはらんでいるので注意が必要です。

スポンサーリンク

カードローンの返済額は各社で独自の設定

残高スライド元利定額リボルビング方式は借り入れ残高によって返済額が変動(スライド)するというものですが、実際「いくらにスライドするのか」というのは各カードローンごとの設定になっています。まず、実際のカードローンではどうなっているのか確認してみましょう。

三菱東京UFJ銀行バンクイックの返済額

三菱東京UFJ銀行バンクイックの返済額

※利用限度額200万円以下の場合
借り入れ残高/返済額
10万円/2,000円
20万円/4,000円
30万円/6,000円
40万円/8,000円
50万円/10,000円
60万円/12,000円
70万円/14,000円
80万円/16,000円
90万円/18,000円
100万円/20,000円

上記はバンクイックの例ですが、例えば最初に50万円借り入れると、返済額は10,000円になります。そして、追加の借り入れもなく、毎月10,000円ずつ返済していけば、いずれは借り入れ残高が40万円になります。その時点から返済額はマイナス2,000円され、月8,000円の返済になるということです。同様に30万円なら6,000円の返済、20万円なら4,000円とだんだん減っていきます。もちろん、追加の借り入れをして借り入れ残高がアップすれば、返済額も高額にスライドします。

みずほ銀行カードローンの返済額

みずほ銀行カードローンの返済額

※利用限度額200万円以下の場合
借り入れ残高/返済額
1万円~50万円/1万円
50万円~100万円/2万円

バンクイックの返済金額が2,000円ごとの小刻みにスライドしていくというものでしたが、みずほ銀行カードローンの場合は、万単位でスライドするというか、あまりスライドしないと言ったほうがいいかもしれません。

上記のように同じメガバンク系で同じ返済方式(残高スライド元利定額リボルビング方式)のカードローンでも、設定された返済金額は異なります。10万円借りて2,000円ずつ返済するのと、1万円ずつ返済するのでは完済するまでの期間に大きな差が出るのは当然です。

返済額が少なくて済むほどなかなか完済できない

「バンクイックのほうは2,000円だけ返済すればいいのか!楽だな」と思うかもしれません。また、実際に最低返済額が数千円というカードローンが現在は主流ですし、なるべく返済額が低いカードローンを利用したいと考える方も多いでしょう。

しかし、当然ながら月あたりの負担が少ないカードローンのほうが結果的に元金が少ししか減りません。カードローンの返済額は利息が優先され、利息分を超えた金額が元金のマイナス分になるのです。場合によっては元金がほとんど減らず、「借り入れ残高がなかなか減らない」「利息だけ払っている」という状況になりがちなのです。

もちろん、便利なカードローンですから、返済しているだけではなく、追加で借り入れることもあるでしょう。そうして返済額が元金に充当されずに、徐々に借り入れ残高だけが大きくなっていき、月々の返済額も緩やかに上昇していく・・・というのがスライドするリボ払いの最悪のパターンです。

返済額が減ってきたら自分からアクションを

多くのカードローンでは口座振替での返済が主流でもありますし、利用者側にとっても便利な返済手段です。しかし、カードローンが設定する返済額を口座振替で返済しているという「カードローン任せ」の状況は決して利用者にとって都合がいいものではありません。

お金に余裕が無いときは規定通りの返済でもいいですが、ちょっと余裕があれば多めに返す「繰り上げ返済」をしないとなかなか返済は終わらないのです。カードローンが設定してるリボ払いのプランは、利用者の完済を応援してくれているものではなく、完済は自分からの積極的なアクションがないとできないといっても言い過ぎではありません。

スポンサーリンク