45
ローンの返済方式にはさまざまな種類がありますが、大手銀行や消費者金融など、ほとんどのカードローンがリボルビング払いという返済方式を採用しています。また、リボルビング払いも複数の種類があるのですが、「残高スライド元利定額リボルビング方式」というものがカードローンでは一般的です。

残高スライド元利定額リボルビング方式にはメリット、デメリットありますが、あらかじめその特性を理解していれば、デメリットも最小限で抑えることができるでしょう。

スポンサーリンク

リボルビング払いのメリット

返済を最小限で済ますことができる

残高スライド元利定額リボルビング方式は、毎月返済をしていき、借り入れ残高が減るにつれ、返済額も比例して減るというものです。例えば、返済額が今まで月に20,000円だったのが、15,000円で済むようになるということです。5,000円負担が軽くなれば、その分を返済以外の生活費などに充てることができますし、気分的にも余裕ができるでしょう。もちろん、借り入れ残高が増えれば、月々の返済額も増えますので、そうなればデメリットになるかもしれません。

返済金額が千円単位で分かりやすい

残高スライド元利定額リボルビング方式を返済方式としているカードローンでは、8千円、1万円、1万5千円といった千円単位での返済額を設定しているのケースがほとんどです。借り入れ残高に大きな変化が無ければ、翌月の返済額がいくらなのか分かりやすい、覚えやすいというのが特徴でしょう。家計の管理がしやすいといえます。

リボルビング払いのデメリット

残高スライド元利定額リボルビング方式のデメリットは金利の負担が大きくなる可能性が高いということに尽きるでしょう。金利を収益としているカードローンですので、当然といえば当然かもしれません。

返済期間が長くなる=金利負担が大きくなる

残高スライドリボルビングは借り入れ残高が減るにつれ、返済額も減ります。今月、翌月と、近い将来の負担が軽くなるのはいいことですが、「完済」という最終ゴールは遠のくばかりという状況になります。

いったん完済すれば、返済というもの自体がなくなるので再度の借り入れを躊躇するかもしれませんが、毎月返済している状況があたりまえの状況になれば、ついつい追加の借り入れをしてしまうものです。しかも返済額は軽めの設定にされていればなおさらでしょう。

毎月の公共料金のように金利をカードローンに支払うのがあたりまえという状況になりやすいのです。

返済金額の中の金利分と元金返済分がわかりづらい

残高スライド元利定額リボルビング方式の特性ともいえますが、例えば、翌月の返済額が1万円とします。利用者からすれば、口座から1万円がカードローンに引き落とされ、それが返済額に回るということまではわかりますが、それでいくら元金が減るのかがわかりづらいのです。

残高スライド元利定額リボルビング方式は元金返済額+利息なので、1万円が口座から引き落とされれば、1万円返済した気分になりますが、実際には例えば7,000円しか元金に充てられておらず、3,000円が金利だったという状況になります。

「1万円返済したから、また1万円借りよう」と、現状維持のつもりが借り入れ残高をどんどん増やしており、ますます完済から遠のくばかりという状況になりやすいのです。

上記のリボルビング払いのデメリットは「利用枠の中で何度でも気軽にATMからお借り入れ」というカードローンの特性から、借り入れ残高が常に上下するので、金利の計算や返済プランが利用者自身でも分からないというのが原因かもしれません。

しかし、リボルビング払いのメリット、デメリットを理解していれば、利用者のそのときの都合と将来的な負担の両方を考えつつ、カードローンを最適な方法で利用ができるといえます。しかし、それらを理解していなければ、たとえどんなに低金利でお得なカードローンを所有していたとしても結果的に他の人よりも損な利用法をしてしまうかもしれないのです。

スポンサーリンク