495
カードローンの申し込み時には「他社からの借入れ額」というのを必ず申告しなければなりません。総量規制や返済能力を判断するといったことで重要な情報になるのですが、クレジットカードなども含むので、複数のカードなどを利用している方の場合、正確な借り入れ総額が分からなくなってしまうということもあるかもしれません。

スポンサーリンク

借りている会社を調べる

銀行口座を確認する

口座振替で返済という場合、口座に預金がある限り勝手に引き落とされるような状態になります。しばらく利用していなく、返済だけしているという状況であれば、その存在を忘れるという可能性はあるかもしれません。

利用している銀行の通帳の記帳、もしくはインターネットバンキングで引き落とし状況が確認できます。それで、引き落とされている会社を確認すればどのカードローンか、またはクレジットカードかまで確認することができます。

利用金額を確認する

会員サイトで確認

通帳やネットバンクで利用している金融会社やカード名などが判明したら、そのカードローンやクレジットカードの会員専用サイトにアクセスし、利用残高を確認します。基本的にはこれで正確なところまで分かります。

ATMで確認

手元にカードがあれば、ATMで借り入れ残高を確認することがきでます。インターネットが苦手という場合にはこちらのほうが簡単かもしれません。

信用情報機関で確認する

なんらかの理由で上記の方法が取れないという場合、ちょっと面倒ですが、信用情報機関で確認するという手もあります。何かのローンを利用すれば、必ずここに記載されます。

借金総額を調べる目的が新規ローンなどの申し込みということであれば、むしろ確実な方法かもしれません。ローン申し込み時の審査で同じものが確認されるからです。

信用情報機関は3つある

信用情報機関は3つあるので、確実に借金総額を調べるという場合には3つ全て確認する必要があります。各ホームページから手順などの詳細は確認したほうがよいでしょう。

①株式会社シー・アイ・シー(CIC)

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

<申し込み方法>
・インターネット:有料(1,000円)
・郵送:有料(1,000円)
・窓口:有料(500円)

②株式会社日本信用情報機構(JICC)

株式会社日本信用情報機構(JICC)

<申し込み方法>
・携帯電話:有料(1,000円)
・郵送:有料(1,000円)
・窓口:有料(500円)

③全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

<申し込み方法>
・郵送:有料(1,000円)

信用情報機関の情報にはブラックかどうかなどの状況も確認することができます。そういった意味では、カードローン申し込みの前に「審査に通るかどうか」ということをある程度は判断するということでも利用できます。

スポンサーリンク