456

「ボーナス払い」というと、クレジットカードでショッピングをして、実際の支払いのタイミングをボーナスの時期にできるというものが一般的です。言い方を代えれば、まとまったお金が入るときに後払いができるというシステムですが、分割払いやリボ払いのような手数料(利息)が発生しなかったりなどのメリットがあります。

カードローンでは基本的にボーナス払いという支払方法の選択肢はありません。ただし、ボーナスが出たときにちょっと多めに返すということができますが、これもあくまでも自分の意思によるもので、借り入れ利用時にあらかじめ決めておくようなことではありません。また、利用からボーナスでの支払いまでの間に普通に利息が発生するということもクレジットカードと異なる点といえます。

スポンサーリンク

カードローンの返済にボーナスで多めに返すのはおすすめ

カードローンは日々借り入れ残高に応じた利息が発生しているので、一日でも早く完済するということがよりお得な利用方法になりますが、カードローンが設定している返済額は、利用残高に合わせた最小限のものになっているので、それだけを返済していたのではなかなか利用残高が減らない仕組みになっています。

楽天銀行スーパーローンの返済額

利用残高/最小返済額
10万円/3,000円
10万円~30万円/5,000円
30万円~50万円/10,000円
50万円~100万円/15,000円
100万円~150万円/20,000円
150万円~200万円/30,000円

楽天銀行スーパーローンの返済額

上記は楽天銀行スーパーローンの返済額です。利用残高が減っていくにしたがって最小返済額が減っていくのですが、毎月の負担はどんどん軽くなっていくのは良いのですが、完済までの道のりは遠くなる一方です。それぞれのカードローンで返済額の設定は異なりますが、おおむねこういったシステムをとっているのが一般的です。

ボーナスで追加返済

ほとんどのカードローンでは、最小返済額以上の返済もできるということになっています。ボーナスなどのまとまった金額が手元にあるときはできるだけ多くの金額を一旦返済することで、金利の負担を抑えることができます。もし、その後にお金が必要になれば、そのときにまた必要な分だけ借り入れるという方がお得なのです。

逆の言い方をすれば、こういった返済方法をしなければある程度まとまった金額の借り入れの場合、完済するのが容易ではないのです。

例えば、楽天銀行スーパーローンで50万円を借り入れている場合では最小返済額は10,000円になっていますが、実際にある月の返済期日に10,000円のみを返済すればどうなるでしょうか。

楽天の最大金利は実質年率14.5%です。1ヶ月の金利負担はは、50万円x14.5%÷365日x30日=5,958円になるので、10,000円のうちの半分以上が金利の負担で、元金は4,000円ほどしか減っていないことになります。1万円返済したつもりが、実際に返済したのは4,000円のみということです。借り入れと返済を繰り返しながら、本人としては現状維持しているつもりがどんどん利用残高が増えていくのはこういった理由があるのです。

ボーナスが無くても追加返済はするべき

景気が悪くなってきたといわれてから結構経ち、以前に比べてボーナスをもらえてあたりまえという時代ではありません。まとまった金額が入るということが無いにしても、少しでも多くの返済をすることは重要です。例えば、最低返済額が1万円であれば5千円追加して1万5千円にするということでも、そういった返済方法を毎月行うことで、結果的に負担は大きく軽減されるでしょう。

=====================================
ボーナス払いで返済はできる?

クレジットカードやローン商品にはいろいろな支払い方法があります。「分割払い」、「リボ払い」、「一括払い」、「ボーナス払い」などです。

今回は「カードローンでクレジットカードのようなボーナス払いができるのか」というテーマですが、結論から言うと、カードローンではいわゆる「ボーナス払い」というものはありません。

(参照:返済方法の基本的なポイント

そもそもボーナス払いってなに?

ボーナス払いができるローンには以下のようなものが代表的です。

・住宅ローン
・自動車ローン
・クレジットカードの

住宅ローンや自動車ローンのボーナス払い

基本的に月々の支払いがあり、ボーナス時期に多めに返済するというものです。ボーナス払いにすることで、月々の返済額を減らすことができます。

しかし、毎月の支払いであまり元金が減らなくなってしまい、むしろ通常の返済方法よりも利息の負担が大きくなる可能性があります。

また、あらかじめボーナスを含めた返済計画を立てるので、勤め先が変わったり、ボーナスが減額されたりすると返済が苦しくなる可能性もあります。

(参照:ローンの種類について

クレジットカードのボーナス払い

支払いを夏や冬のボーナスまで据え置き、一括で支払うというものです。ボーナス支給時までの月々の支払いは無く、たとえ支払いが半年先だったとしても、その間の利息の負担がないというのが最大のメリットです。

(参照:カードローンとクレジットカード

カードローンはリボ払いのみ

カードローンの返済方法でボーナス払いという選択肢はありません。基本的にリボ払いが前提になります。

例えばカードローンで10万円借りたとして、その際に「返済方法はどうしますか?」と質問されることはないということです(返済方式を契約時に選べる場合はあります)。

(参照:リボルビング払いとは

クレジットカードのボーナス払いとの比較

クレジットカードのボーナス払いは、例えば冬に商品を購入して夏にボーナス払いにすれば、その間利息は発生しません。

しかし、カードローンで冬に10万円借り入れて、夏までに完済するにしても、毎月少しずつ返済しなければなりませんし、利息は日割り計算で日々発生します。これはクレジットカードのリボ払いも同様です。

金利18%のカードローンで10万円を6ヵ月後に完済するケースと、クレジットカードで10万円分のショッピングを6ヵ月後にボーナス払いするケースの比較が以下になります。

 

10万円を利用した場合
金利18%のカードローン ボーナス払いのクレジットカード
1月 17,552
2月 17,552
3月 17,552
4月 17,552
5月 17,552
6月 17,475 100,000
支払総額(円) 105,235 100,000
利息負担(円) 5,235 0

 

※利息は計算方法によって若干の違いがあります。

上記のようにボーナス払いのクレジットカードは利息が全くかからないので、10万円の利用で5,000円以上も支払い総額に差が出ます。

繰り上げ返済で一括払いやボーナス払いをする

カードローンの返済方法はリボ払いになりますが、毎月支払うべき最少返済額は各カードローンで異なります。

例えば、楽天銀行スーパーローンであれば、以下のような最少返済額になります。

kinnri0202
(参照:楽天銀行スーパーローン

※残高スライドリボルビング返済の場合

10万円以内の利用残高の場合、最少返済額は3,000円、
10万円超30万円以内の利用残高の場合、最少返済額は5,000円・・・

と、利用残高ごとに決められています。

カードローンでは決められた最少返済額以上の金額を上乗せして返済することが可能です。こういった返済方法を「繰り上げ返済」「随時返済」といいます。

例えば、楽天銀行スーパーローンで10万円借りれば、翌月に最低3,000円返せばいいのですが、翌月に10万円+利息を支払い、全額分を完済することもできます。

ボーナスが出たタイミングで完済してしまう、もしくはちょっと多めに返すということが各利用者で自由にできるのです。

(参照:利息をグッと抑えて返すための返済方式の選び方

カードローンの返済にボーナスを充てることのメリット

カードローンの返済額というのは、借りている金額に対して非常に小さな金額の返済で済んでしまいます。

「ボーナスが出たら、旅行費用に充てる。カードローンの返済は少額で済むのでわざわざボーナスを充てる必要はない」と思うかもしれません。

カードローンで繰り上げ返済すれば、最悪旅行に行けなくなるかもしれませんので、そういった考えになるのは別におかしいことではありません。

ボーナスを返済に充てるとどうなる?

では、カードローンが定めた最少返済額だけを返していった場合と、夏と冬だけちょっと多めに返した場合、結果的に利息の負担がどれくらい違うのか検証してみましょう。

楽天銀行スーパーローン(金利14.5%)で10万円借りた場合に、通常の返済方法で返した場合と、 6月と12月に最少返済額+1万円を返済した場合の比較です。

金利14.5%で10万円借りた場合
通常の返済方法 ボーナス時に1万円繰り上げ返済
返済回数 43回 26回
利息負担 26,489円 17,834円

※利息は計算方法によって若干の違いがあります。

ボーナス時に1万円追加して返済するだけで、回数としては17回、利息は8,000円以上減らすことができます。

繰り上げ返済はそれほど大きな金額でなくとも、結果的に意外と大きく利息負担額や返済期間に影響するのです。借入額が大きくなれば、その影響もより大きくなります。

カードローンでクレジットカードのような無利息のボーナス払いは実現できませんが、ボーナスのような臨時収入を返済に充てることで、返済の期間短縮→利息を極力抑えるということが可能になるのです。

(参照:借入れしたら利息はいくら?金利と返済額で利息の総額は決まる

まとめ

カードローンは他のローン商品などと比べれば、返済プランの種類が少ないといえます。しかし、例えば住宅ローンなどは一度ボーナス払いで契約すれば、「途中でボーナスが減ったから」といって返済予定を変更するということが容易ではありません。

カードローンは返済方法がシンプルではありますが、自分のその時々の状況に合わせた返済がしやすいというメリットもあります。

ボーナスが出たらレジャーの費用に充てるか、繰り上げ返済に充てるか、その時の優先順位で決めればよいわけです。

気をつけなければいけないのは、口座からの自動引落しだけの返済方法をしていると、借入期間は長期になり、利息負担も大きくなってしまうということです。

カードローンの利息計算は若干難しいですが、多めに返せばその分お得になるということは覚えておきたいものです。

スポンサーリンク