4978
カードローンは金利が低くてお得な条件のものほど審査が厳しいといえます。「とりあえず、まずは低金利の銀行系カードローンをいくつか申し込んで、全部ダメなら、最終的に審査の甘めな消費者金融系のカードローンに申し込めばいい」と考える方もいるかもしれません。

審査の厳しそうな銀行系カードローンがダメだったときに、ハードルを下げて消費者金融系カードローンに申し込むというのは、正しい選択かもしれません。しかし、カードローンは申し込み回数が増えるほど、審査はより厳しいものになってしまいます。

スポンサーリンク

申し込みの記録が審査でマイナスになる

カードローン申し込み時の審査では、年収や勤続年数、他社からの借り入れ状況などなど、さまざまな項目が審査の材料になりますが、「他の金融業者に申し込みをして審査で落とされた」という記録があれば、審査の面でマイナスポイントになります。

申し込みブラック

カードローンに申し込みをしたときには、審査の一環として信用情報機関で過去のローン実績(延滞がなく、きちんと返済をしてきたかなど)を確認しますが、信用情報機関では他社への申し込み状況も確認することができます。さらに、結果的に契約が成立になったか、審査でおとされて結果的に利用できない状況かなどまで分かってしまいます。

もし、新規申し込み者が複数のカードローンに申し込み、結果的に審査で落ちたということが信用情報で確認できれば、「何かの理由があって、同業他社が審査で落とした。ウチで融資するのはリスクがある」という判断になり、審査で落とす方向になります。利用者側からすれば、ますます審査に通過しにくくなるという状況に陥るのです。こういった状況を俗に「申し込みブラック」といいます。

申し込みの情報の記録のタイミング

上記のことから、申し込みは1社に的を絞るのがもっとも無難ですが、あえて複数のカードローンを同時に申し込みをする場合のコツを考えてみる場合、信用情報が記録されるタイミングを理解する必要があります。

申し込みが記録されるタイミング

まず、新規申し込みがあれば、ほぼ即座に信用情報機関に情報が反映されます。このときは「申し込み」の状況です。申し込みの情報は、約6ヶ月間記録として残ります。

契約成立が記録されるタイミング

審査に通過し契約まで完了すれば、契約内容が記載されます。しかし、実際に契約内容が記載されるタイミングにルールのようなものはなく、即座に反映されるかもしれませんし、契約後から数日経った後になる可能性もあります。申し込みの実績があるのに、契約内容の記載が無いという状況になれば、「審査に落ちた」ということが推測できるということですが、申し込み直後であれば、その判別は難しいのです。

複数のカードローンを申し込む場合のコツ

同時に2つのカードローンの申し込みをする

例えば、自宅でインターネットを利用すれば、ほぼ同じタイミングで2つのカードローンのホームページから同時に申し込みは可能です。カードローン側それぞれが申し込みの記録を確認したとしても、「審査に落ちた」ということまでは分からないのです。この状況であれば、1社目を落ちた数日後に2社目を申し込むケースより審査通過の可能性が高いかもしれません。

また、消費者金融系のカードローンの場合、総量規制も頭に入れておかなければなりません。申し込みをしている2社と、もしすでに借り入れしている分があればそれも合わせて希望額が年収の三分の一以下になるようにしなければなりません。また、新規と利用中合わせて3社ほどが限度でしょう。それ以上になると「貸し倒れ」や「貸し逃げ」などが疑われ、審査で落とされる要因になります。

しかし、もし審査に自信がないという状況での安全策として複数のカードローンの申し込みをするということであれば、やはり考え方としては矛盾しています。シンプルに1社に申し込みをするほうがより審査通過の可能性は高まるからです。

スポンサーリンク