465
現在はカードローンのホームページでは必ずといっていいほど申し込みのページも併設しているので、インターネットからの申し込みが大部分を占めるかもしれませんが、特にお急ぎの場合におすすめしたいのが無人契約機での申し込みです。無人契約機の場合は「無人」とはいっても機械を経由して担当者が個別に対応してくれるようなものなので、むやみに待たされることはありませんし、申し込み内容に不備などがあればリアルタイムで教えてくれます。そういった点で一対一での対応されているという感じがしないインターネットより安心感がありますし、急いでいる場合には、より確実な手段といえるでしょう。

スポンサーリンク

無人契約機で申し込み可能なカードローン例と名称

<消費者金融系カードローン>
・アコム:「むじんくん」
・プロミス:「自動契約機」
・アイフル:「契約ルーム」
・モビット:「ローン申込機」

<銀行系カードローン>
三菱東京UFJ銀行バンクイック:「テレビ窓口」
新生銀行レイク:「自動契約機」
三井住友銀行カードローン:「ローン契約機(ACM)」

上記のように各カードローンで無人契約機に個別の名称をつけていますが、内容的にはほぼ同じと思っていいでしょう。タッチ操作が可能な画面の案内に沿って申し込みをしていき、必要に応じて担当者と会話もできます。

スピーディーな対応が可能な無人契約機ですが、申し込み時に必要なものが足りなければ最初の1回で契約までたどり着くことができずに、かえって時間がかかってしまいます。
あらかじめ無人契約機で申し込む場合に何が必要なのかチェックしておきましょう。

無人契約機で申し込みの際に持参するもの

基本的には本人確認書があればOKです。運転免許証やパスポート、健康保険証などになりますが、忘れずに持参しましょう。

収入証明書が必要なケース

消費者金融系カードローンであれば50万円以上、銀行系カードローンでは各銀行設定の金額以上(100万円や200万円など)での借り入れを希望する場合には収入証明書が必要になります。また、自営業者の場合は金額にかかわらず収入証明書が必要になるケースがほとんどです。

収入証明書は源泉徴収票、給与明細書、住民税決定通知書などになります。具体的に何が必要なのか、何点必要なのかなどカードローンによって異なる場合もあるので、無人契約機に行く前にホームページなどで確認をしたほうがよいでしょう。

無人契約機で申し込み時の申告内容

無人契約機で申し込みをする場合に持参するものは、小額であれば本人確認書だけで済みますが、頭の中に入れておきたいことは多々あります。

各カードローンで申し込み時に申告する内容に若干の違いはあるかもしれませんが、例えば、勤務先の住所などはほぼ必ず訊かれます。毎日通っている職場でも、仕事をする上で正確な住所を知らなくても済んでしまう場合もあります。「あれ?会社の住所ってなんだっけ?」となってしまっては申し込みがスムースに完了しません。

基本的な申告内容としては「申し込み者情報」、「自宅情報」、「勤務先情報」、「他社借り入れ情報」などになります。当然ですが、スポーツジムの会員登録などに比べれば申し込み時の記載内容の種類や量は多いです。

中には、「家族構成とか何の関係があるの?」と思うようなものありますが、全ては審査の判断材料になります。下記にカードローン申し込み時に訊かれそうな事の例をあげてみました。

申し込み者情報

・氏名
・性別
・年齢(生年月日)
・最終学歴
・連絡先電話
・家族構成
・旧姓の有無
・既婚か独身か

自宅情報

・住所、郵便番号
・種類(所有、賃貸、社宅、マンション、戸建など)
・居住年数
・家賃や住宅ローンの負担の有無
・固定電話の有無

勤務先情報

・名称
・住所、郵便番号
・電話番号
・業種、職種
・社員数
・入社年月(勤続年数)
・雇用形態
・所属部署
・年収
・健康保険の種類
・健康保険の区分(本人か被扶養かなど)

他社借り入れ情報

・件数
・総額

申し込み者希望

・希望借り入れ額(限度額)
・審査結果の連絡方法(自宅、携帯、勤務先などから選択)

上記は一例ですので、多少プラスアルファの項目があるかもしれませんが、おおむねこういった内容になります。画面のタッチパネルや、申し込み用紙に書き込んでスキャンさせるなどの方法になりますが、それなりに時間はかかるでしょう。

無人契約機での申し込みから契約まで

①申し込み
②本人確認書などの提示
③審査
④契約

上記が無人契約機での申し込みの基本的な流れになります。審査は申し込みしている間に開始されますが、ケースバイケースですので、30~40分程度で終わることもあれば、それ以上かかることもあるでしょう。例えば、1時間のお昼休みの間に契約まで済ますことができるかというと微妙なところです。

インターネットで仮申し込みをしてから行く

申し込み時の申告内容は量も多いですが、間違いがあれば「虚偽」と判断される可能性がありますので、一つ一つ冷静に考えながら間違いなく記載しなければなりません。時間もかかりますし、疲れます。

あらかじめインターネットで申し込みだけを済ませて、仮審査に通過した上で、本人確認書を持参して無人契約機に行き→契約という方法ができるカードローンもあります。例えば、審査結果の早いカードローンであれば、午前中にインターネットで申し込み→審査結果の連絡→午後に契約、借り入れということが可能性として考えられます。

無人契約機での契約後

契約が済めばその場でカードが発行されます。同じ場所にATMが併設されているケースが多いので、その場で発行されたカードを使用し借り入れができるという流れになります。

無人契約機の場合、申し込み開始から借り入れまで早ければ1時間弱くらいと、「あっけない」と感じるかもしれません。カードローンの申し込み方法の中ではもっとも早い手段といえますので、急いでいるという方にはおすすめです。

スポンサーリンク