216

ショッピングモールや野球チーム、クレジットカードなどでもお馴染みの楽天ですが、ネット銀行の楽天銀行も多くの方に利用されています。

「カードローンも楽天銀行が発行しているものを利用しよう!」と思う方も多いかもしれません。

今回は楽天銀行スーパーローンの申込み時に行われる在籍確認について説明します。

rakutrann
(参照:楽天銀行スーパーローン

スポンサーリンク

楽天銀行スーパーローンに在籍確認はある?

在籍確認があるのか無いのか、はっきりしないカードローンもありますが、楽天銀行スーパーローンの場合「在籍確認はある」とホームページ内にちゃんと書かれています。

細かい内容をまとめると以下のようになります。

・審査の一環として在籍確認を行う
・申し込み者の勤務先に電話をする
・非通知で電話をする
・勤務先の電話が非通知拒否の設定の場合、番号通知にしてかけ直す
・担当者の個人名を名乗る
・もし社名を聞かれたら「楽天銀行の○○(担当者名)」と応える

何を「確認」されるの?話す内容は?

実際の在籍確認は以下のようになります。

楽天銀行担当者:「○○(担当者名)と申しますが、△△さん(申込み者)はいらっしゃいますでしょうか?」
勤務先の人:「失礼ですがどちらの○○様でしょうか?」
楽天銀行担当者:「楽天銀行の○○と申します」
勤務先の人:「△△はあいにく外出しております」
楽天銀行担当者:「かしこまりました。では携帯電話のほうに連絡させて頂きます」

上記は申込み者本人がいない場合のケースです。
本人不在でも「不在」という事がわかった時点で在籍確認は完了です。

勤務先の人に何か質問することはありません。
ただ「居るか居ないか」を聞き、不自然な点が無いかどうかだけチェックします。

実際に本人がその場に居れば電話を受け、簡単な本人確認、申込内容の確認をして終了になります。

「楽天銀行」ならカードローンとはバレにくい

在籍確認で一番不安な点は「カードローンに申し込んだ」=「借金するほどお金に困っている」と会社の人に思われてしまうということでしょう。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認の際は、まずは個人名で名乗る→社名を聞かれたら「楽天銀行」と応えます。

「楽天銀行」というところまではバレますが、銀行と聞いて真っ先にカードローンを連想する人は少ないでしょう。
銀行の場合、消費者金融と違って扱っている商品もさまざまです。

専業主婦の場合、在籍確認ってどこ?

楽天銀行スーパーローンは専業主婦専用の申し込みページあるくらい専業主婦ウェルカムなカードローンですが、勤務先の存在しない専業主婦の場合の在籍確認はどうなるのでしょうか。

・専業主婦の在籍確認は無い
・配偶者の勤務先に在籍確認をすることも無い
・配偶者の収入証明書なども要らない

携帯電話や自宅などに本人確認の電話はありますが、在籍確認の電話はありません。
かといってその代わりに何か別のことをするわけでもありません。

専業主婦の場合、最大50万円までと、一般の方より限度額の上限が抑えられてしまいますが、申し込み自体は気軽にできるということです。

(参照:専業主婦でも借りられるカードローン

転職した場合は在籍確認ある?

楽天銀行の場合、「転職をしたら楽天銀行カードセンターまでその旨を連絡して下さい」としています。

で、その連絡をすると、新しい職場に在籍確認をされます。

一応ルールに則ったほうがいいですが、転職したあと連絡しなくても、きちんと返済さえしていれば基本的に問題ありません。

どのタイミングで在籍確認が行われる?

楽天銀行スーパーローンの審査は「当日~2営業日」ほど時間がかかります。
「2営業日」というのが気になるところですが、楽天銀行の場合、土日は休みで審査も行われません。

つまり、在籍確認も早ければ申し込み当日に行われますが、金曜日に申し込んで月曜日に在籍確認となる可能性があります。

在籍確認はほぼ審査OKの場合に行われる

在籍確認というのはカードローン側にとっても手間です。
明らかに審査落ちする人の勤務先にわざわざ電話をしても意味がありません。

カードローンの審査というのはまず、勤務先情報、住居情報など細かい情報をコンピュータで自動的に点数化し、仮審査をします。

その後、信用情報機関で過去のローン実績などをチェックされ、ある程度の審査の結果が出てから在籍確認が行われます。

逆に言えば、申告内容などですでに審査に落ちている方には在籍確認が行われない可能性があるということです。

(参照:カードローン審査の主な内容とその仕組みについて

在籍確認で審査落ちになる?

例えば、所属してもいない会社の連絡先を申告し、楽天銀行担当者が在籍確認をして、「○○というものは弊社には居ませんが・・・」と言われてしまえば審査に落ちる可能性が高いです。

しかし例えば、無職なのに勤めてもいない勤務先を申告するという大胆な嘘をつく人も滅多にいないでしょう。

在籍確認が理由で審査に落ちるという方は少ないかもしれませんが、在籍確認ができなければ契約が完了しない→すぐにキャッシングできないという問題があります。

在籍確認できない場合はどうなる?

個人情報保護の問題で、第三者からの社員に関する問い合わせに応じないなど、勤務先によっては在籍確認が不可能なケースもあります。

在籍証明書で在籍確認の代わり

楽天銀行では、どうしても電話での在籍確認ができないという場合、在籍証明書を提出することによって、その代わりとしてくれます。

他のカードローンの場合は?

 

消費者金融系カードローン 電話以外の

在籍確認の可否

提示するもの
アコム 社会保険証、直近2ヶ月の給与明細、源泉徴収表
アイフル 申し込んだ後に個別に対応
モビット 社会保険証、直近の給与明細
ノーローン 社会保険証、直近の給与明細、社員証
プロミス X 電話連絡に要望がある場合、申込後相談
銀行系カードローン 電話以外の

在籍確認の可否

提示するもの
三菱東京UFJ銀行バンクイック X
みずほ銀行カードローン 在籍確認、それ以外の方法も個別の判断
三井住友銀行カードローン 直近3ヶ月の給与明細
新生銀行レイク 社会保険証、直近の給与明細
イオン銀行カードローンBIG X
楽天銀行スーパーローン 在職証明書
セブン銀行カードローン 在籍確認なし

なかには「絶対に電話での在籍確認が必要」という場合もありますので、楽天銀行スーパーローンは比較的柔軟な対応です。

ただし、在籍証明書というのは勤務先に発行してもらわなければなりません。社会保険証や給与明細のように自動的にもらえるものではないので、その点他社に比べて若干面倒ではあります。

在籍確認の無いカードローンなんてある?

全てのカードローンで在籍確認があるわけではありません。

消費者金融のモビットの「WEB完結」であれば、在籍確認しないのが前提で、社会保険証、直近の給与明細などの書類で在籍を確認します。
連絡は基本メールになるので、電話連絡自体がありません。

(参照:電話・郵送なし!インターネットだけで利用できる「モビット」

また、セブン銀行カードローンも申し込み手続きの際に電話連絡自体がありません。
もともとセブン銀行の口座があるという前提ということと、最高で50万円と少額ということもあり、それほど審査が慎重ではないのです。

(参照:コンビニ感覚で気軽に使える セブン銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの場合、申込み者個別の判断になり、場合によっては在籍確認が省略されます。
しかし、在籍確認するかしないかは事前に分かりませんので、「ある」と思っていたほうが無難です。

(参照:メガバンク随一の低金利・高額融資みずほ銀行カードローン)

楽天銀行スーパーローンの魅力をチェック!

 

種類 総量規制 土日祝の審査 専業主婦 在籍確認
銀行系 対象外 不可
金利(実質年率) 申し込み対象年齢 即日借入れ 年金受給者 無利息期間
4.9 %~14.5% 20歳~62歳 不可 なし
限度額(最大) 保証会社 口座開設 アルバイト 借入れ方法
500万円 楽天カード

またはセディナ

不要 ATM・振込み
無人契約機 無人契約機

営業時間

キャッシュカード兼用 収入証明書不要 24時間

即時振り込み

無し 300万円まで 楽天銀行の口座

金利

最高金利は14.5%。ほとんどメガバンク系カードローンと同等です。
消費者金融系カードローンに比べると、かなり低金利といえます。

比較的低金利なカードローンと考えていいでしょう。

銀行系カードローン

カードローン名 金利(実質年率) 最大利用限度額
みずほ銀行カードローン

(コンフォートプラン)

4.0%~14.0% 1,000万円
三井住友カードローン 4.0%~14.5% 800万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5% 500万円
三菱東京UFJ銀行バンクイック 4.6%~14.6% 500万円

消費者金融系カードローン

カードローン名 金利(実質年率) 最大利用限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円

24時間即時振込み

通常、振込みキャッシングというのは平日の9時~15時の銀行営業時間内に限定されます。

カードローンによっては、特定の銀行口座宛なら曜日や時間にかかわらず、24時間いつでもすぐに入金反映されるものもあります。

楽天銀行スーパーローンの場合、楽天銀行の口座宛ならこの24時間即時振込みが可能です。

外なら提携ATM、自宅ならネットバンキングと、状況に応じていつでも気軽にキャッシングできるのが魅力です。

他の24時間即時振込みできるカードローンが以下になります。

銀行系カードローン

カードローン名 24時間即時振込み可能
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行の口座
セブン銀行カードローン セブン銀行の口座
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行の口座
ジャパンネット銀行ネットキャッシング ジャパンネット銀行の口座
イオン銀行カードローンBIG イオン銀行の口座

消費者金融系カードローン

カードローン名 24時間即時振込み可能
アコム 楽天銀行の口座
プロミス 三井住友銀行

ジャパンネット銀行の口座

ノーローン 楽天銀行の口座
オリックスVIPカードローン ジャパンネット銀行の口座

(参照:即日に口座振込みできるカードローンまとめ

まとめ

在籍確認は審査のプロセスの一部ではありますが、ウソの勤務先や電話番号を申告していないかどうかだけのチェックになります。

正直に申告さえしていれば、安心して大丈夫です。

ただし、借入れを急いでいるという場合に、在籍確認が原因で審査完了できず、融資自体がすぐにできないという可能性はあります。

在籍確認しにくい状況なら、あらかじめ楽天銀行担当者にその旨を伝えたほうが無難です。

(参照:主婦やアルバイトにもオススメ楽天銀行「スーパーローン」)

スポンサーリンク