214
カードローンの申込み時にはカードローンの担当者が申込み者の勤務先に電話をかけて「在籍確認」を行うケースが多いです。

この在籍確認の結果によっては「契約できない」=「借りられない」となる場合もあるのでしょうか?

カードローンのホームページを見ても在籍確認について詳しい説明はありません。

そこで今回は、未知の部分も多いカードローンの在籍確認について詳しく説明していきます!

スポンサーリンク

何のために在籍確認をするのか

カードローンの申込み時には自分の勤務先の情報を申告します。

勤務先の・・・
・名称
・住所
・電話番号
・社員数
・業種
・雇用形態
・年収
・勤続年数

など、事細かな内容を申し込み書やホームページ上に入力をします。

基本的にカードローンというのは、担保も保証人も無いので、「どういう会社に務めているのか」、「安定して収入があるのか」という部分がある意味「保証」になります。

申込み者の勤務先はカードローン側として最も重視する部分なので、念のため勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているか確認するということです。

(参照:カードローンを申込む時に保証人は必要?

在籍確認で確認されることは?

申込み時に申告する勤務先情報は上記のように細かい内容になりますが、在籍確認の電話で、その情報の全てを確認するわけではありません。

在籍確認で確認するのはあくまで、「在籍しているかどうか」だけです。

いつから在籍しているか、正社員かバイトかなど細かい部分は突っ込みませんし、確認しない部分になります。

(参照:アルバイト・派遣社員・フリーターでも借りれる?

在籍確認って具体的に何を話すの?

「勤務先に電話をかけて在籍確認する」ということですが、具体的に電話で何を話すのでしょうか。

具体的な会話内容

例えば、申込み者が「田中さん」だったとしましょう。

カードローン担当者:「○○と申しますが、田中さんはいらっしゃいますでしょうか?」

この「○○」の部分はカードローンによってどう名乗るかが若干異なります。

消費者金融系カードローンの場合、「カードローンの申し込み」ということがばれないように、個人名で電話をしてくれます。

銀行の場合、そのまま銀行名を名乗るケースが多いですが、カードローンの申し込みということまでは分かりません。

具体的にどのカードローンがどう名乗るかはこの説明の下に一覧にまとめてあります。

A:本人が電話に出た場合

では次に、カードローン担当者から電話連絡があり、申込み者本人が直接電話を受けた場合、もしくは取り次いで結果的に本人が受けた場合の流れです。

申込み者:「はい田中です。」
カードローン担当者:「△△(カードローン名や銀行名)の□□(担当者名)です。在籍の確認が取れました。お忙しいところありがとうございました。」

概ねこういう内容になります。

電話の相手が申し込み者本人と分かった段階で、カードローン名を名乗ります。
申込み者も在籍確認が問題なく済んだということが分かります。

B:本人が不在の場合

勤務先で電話に対応した人:「申し訳ありません。ただいま田中は席を外しております。」もしくは「田中は本日お休みを頂いております。」
カードローン担当者:「分かりました。では携帯電話の方に掛けさせていただきます」

本人が不在でも、電話に出た人の言い方で「在籍しているが、たまたま居ない」ということが分かります。

在籍確認としてはこれで十分OKで、「確認が取れた」ことになります。

なぜ今居ないのか?いつから在籍してるのか?正社員かアルバイトか?など、本人が居ない間に根掘り葉掘り質問するということはありません。

各カードローンの電話での名乗り方

 

カードローン名 第三者に電話をする場合
消費者金融系
アコム 担当者の個人名
プロミス 担当者の個人名
アイフル 担当者の個人名
モビット 担当者の個人名
モビット

「WEB完結」

基本的に電話連絡しない
ノーローン 担当者の個人名
オリックスVIPローンカード 担当者の個人名
信販系
三井住友カード

ゴールドローン

三井住友カード

(個人名も希望があれば可)

銀行系
三菱東京UFJ銀行

バンクイック

三菱東京UFJ銀行

(個人名も希望があれば可)

みずほ銀行

カードローン

担当者の個人名
三井住友銀行

カードローン

三井住友銀行
新生銀行レイク 担当者の個人名
イオン銀行

カードローンBIG

担当者の個人名
楽天銀行

スーパーローン

担当者の個人名
じぶん銀行

じぶんローン

じぶん銀行
オリックス銀行

カードローン

担当者の個人名
ジャパンネット銀行

ネットキャッシング

JNB

(個人名も希望があれば可)

セブン銀行

カードローン

基本的に電話連絡しない

在籍確認がNGになるケースも?

自分が不在の時に、電話に出てくれた人が上記の説明のように、普通に応えてくれればいいですが、そうでないケースも考えられます。

NGケースその①

勤務先で電話に対応した人:「田中(申込み者)というものは弊社にはおりません。」

こういった返答をされれば、「申込人は嘘を付いている」とみなされ審査落ちの要因になります。

そもそも在籍確認があると分かっていれば申込み時にそういった嘘はつかないでしょうし、このケースはあまり無いかもしれません。

NGケースその②

勤務先で電話に対応した人:「申し訳ありません。社員の個人情報についてお話することはできません。」

ケース①よりも可能性が高いのがこのケースです。

最近は個人情報保護の意識も高まっていますし、特に派遣会社の場合、こういった対応になるケースが多いようです。

電話以外の方法で対応してくれる場合も

ケース②のような場合なら在籍確認OKとはなりません。
かといって申込み者に非があるわけでも無いので、別の方法を取ってくれる可能性があります。

多くのカードローンでは、社会保険証や給与明細などで、電話での在籍確認の代わりとしてくれます。

あらかじめ「自分の職場は在籍確認が難しい・・・」ということが分かっていれば、カードローン側に相談、書類の準備をした方がよりスムーズに契約できるということです。

 

電話以外の在籍確認の可否 提示するもの
アコム 社会保険証、直近2ヶ月の給与明細、源泉徴収表
アイフル 申し込んだ後に個別に対応
モビット 社会保険証、直近の給与明細
ノーローン 社会保険証、直近の給与明細、社員証
三菱東京UFJ銀行

バンクイック

X
みずほ銀行

カードローン

在籍確認の有無、それ以外の方法も個別の判断
プロミス X
三井住友銀行

カードローン

直近3ヶ月の給与明細
新生銀行レイク 社会保険証、直近の給与明細
イオン銀行

カードローンBIG

X
楽天銀行

スーパーローン

在職証明書
セブン銀行

カードローン

在籍確認なし

三菱東京UFJ銀行バンクイックやイオン銀行カードローンBIGなど、在籍確認は電話のみというカードローンもあるので注意が必要です。

電話以外での在籍確認の方法は、勤務先が休みで誰も電話に出られない→でもすぐに契約したいという場合にも有効です。

いずれにしても、個別の判断でこういった対応ができない場合もあるので、あらかじめ電話で相談してみるのがベストです。

どのタイミングで在籍確認が行われるのか

在籍確認が行われるタイミングは、カードローンによって異なりますが、基本的には信用情報のチェックや、コンピューターでの自動審査など、ひと通り審査が済んだ段階で行われます。

また、申込手続きの途中で「今から勤務先に電話をして在籍確認をします」と申込み者に了解を取ってから在籍確認をする場合もあります。

(参照:カードローン審査の主な内容とその仕組みについて

日時の指定はできる?

例えば、仕事が休みの日曜日に申し込む場合など、あらかじめ勤務先に誰も居ないことが分かっているので、

「在籍確認するなら月曜日にして欲しい」
「なるべく自分で電話を受けたいから、今日の15時以降に在籍確認して欲しい」

といった程度であれば、カードローン側も融通を利かして予定をたててくれる可能性があります。

こういった希望を伝える事自体は特に珍しいことではないので、審査に悪影響になるといった心配は要りません。

(参照:土日に即日融資可能なキャッシングサービス

この状況の在籍確認はどうなる?

一口に「勤務先」といっても状況もさまざまです。

以下のような場合の在籍確認はどうなるのでしょうか。

派遣社員の場合

派遣社員の場合、申し込み時に派遣会社(派遣元)と派遣先のどちらを「勤務先」とするかはカードローン会社によって異なります。

 

カードローン名 申告する勤務先情報 在籍確認はどちらに連絡するか
アコム 派遣会社 派遣会社

(場合によっては派遣先にも)

三井住友銀行

カードローン

派遣先 派遣先

(難しいなら派遣会社)

三菱東京UFJ銀行

バンクイック

派遣会社 派遣会社、派遣先両方

例として3つのカードローンをあげましたが3社3様です。

派遣先を勤務先として申告したとしても、「雇用形態」で「派遣」を選択することになるので、誤解が生じることはありません。

基本的に申告した勤務先に在籍確認をするということになりますが、派遣先(実際の勤務先)への在籍確認なら比較的問題は少ないかもしれません。

しかし、派遣会社に在籍確認する場合、規模の大きい会社なら登録している派遣社員は数万人規模にもなりますし、個人情報保護の問題もあるので、在籍確認ができない場合が多いです。

(参照:土日に即日融資可能なキャッシングサービス

事前に確認したほうが良い

派遣会社を勤務先としてカードローンに申し込む場合、あらかじめ派遣会社に金融会社から在籍確認の電話があるが、対応できるかどうかを聞いておいたほうが無難です。

派遣会社が「対応できない」となれば、今度はカードローン側に社会保険証や給与明細で在籍確認の代わりにできるかを確認すればいいのです。

個人事業主の場合

個人事業主の場合、自宅=勤務先となる場合も多いでしょう。

そういった場合でも在籍確認は一応しますが、自宅に電話をすることになります。この場合、携帯電話より、固定電話の方が審査では有利です。

自宅に電話がかかり、家族がその電話を受けても問題ありません。要は申告内容に嘘が無ければOKということです。

しかし、一般の会社勤めの方なら収入証明書が不要のところを、個人事業主の場合は提出が必要になるといった別の手間が増える可能性はあります。

また、個人事業主の場合、審査自体が厳しくなるという問題もあります。

(参照:自営業でも在籍確認はある?

申告した会社名と勤務先の名称が違う

例えばよくあるのが、飲食店や接客業で、店舗名が「○○」、運営している会社が「株式会社△△」というようなケースです。

勤務先の申告は「株式会社~」とした方が説得力があり、審査で有利です。
個人経営と思われるより、明らかに法人と分かる方がいいということです。

しかし、その場合、電話番号は実際の勤務先になるので、電話に出た人は店舗名を名乗ることになり、勤務先名が食い違うことになります。

勤務先名として、運営会社と店舗名両方申告する

カードローン各社に問い合わせると、勤務先名称として、「株式会社△△ 店舗名○○」といった表記をしても問題ないということです。

むしろ、在籍確認のことを踏まえればそういった申告をした方がいいのです。

在籍確認用のアリバイ会社というものもある

「実際は無職なのに、会社で働いていることにしたい」、「実際の勤務先だとまず審査に通過できないから別の勤務先名で申し込みたい」という場合に使える「アリバイ会社」なるものが存在します。

アリバイ会社とは

アリバイ会社とは、実際には稼働していない名前だけのペーパーカンパニーを複数所有し、電話応対や書類発行など、表面上「会社」と見せかけるだけの最低限のサービスを提供する会社です。

アリバイ会社は在籍確認時の電話応対はもちろん、いざ収入証明書を求められた時でも給与明細や源泉徴収票なども発行してくれるので、カードローン申し込みにはうってつけのようにも思えます。

バレる可能性が高い

お金を貸す側にとっては、申込み者の「嘘」についてはかなりシビアです。

カードローン会社は当然アリバイ会社の存在を知っていますし、社名でペーパーカンパニーと確認できるリストを持っている可能性もあります。

また、在籍確認時に電話をした際に、アリバイ会社の担当者というのは常に「○○は席を外しております」というお決まりの文句を言います。

なぜなら申込み者は実際にそこで勤務していないので、電話を受けたアリバイ会社人も迷う必要が無く、即答します。

しかし普通なら勤務先に電話をして本人以外の人が電話を受けたなら『○○さんって今どこにいるの?ああ、今日は午後からN社に訪問か・・・』といった間があってからの「○○は席を外しております」という返答になります。

カードローンの担当者というのは、こういった微妙なニュアンスに敏感です。
アリバイ会社の不自然な対応はすぐに嘘だと見抜かれてしまうでしょう。

アリバイ会社はリスクのほうが高い

お金に困っているからカードローンを利用したい

審査に通過したい

アリバイ会社を利用する(有料)

嘘がばれる

審査落ち

アリバイ会社への支払いだけが残る

現状改善どころか、余計な出費になってしまう可能性があるということです。

また、数千万円規模の住宅ローンなどですが、こういったアリバイ会社を利用した人が詐欺罪で逮捕されたという事例もあります。

カードローン利用の際にアリバイ会社を利用するのはメリット少なく、リスクが大きいので、おすすめできません。

(参照:カードローンの申し込み時に嘘をつくとばれる?

在籍確認以外でも勤務先の確認はされる

上記までの説明では、申込み者の勤務先の確認は「自己申告」+「在籍確認」ということになりますが、もうひとつ確認できるものがあります。

信用情報には勤務先も記載されている

カードローンの利用が初めてでも、過去にクレジットカードや携帯電話の分割払いなどをしたのであれば、信用情報機関に自分のローン利用実績が記録されています。

信用情報では、ローンの支払情報などとともに、利用者の基本情報として勤務先の名称と電話番号も記載されています。

以下の画像はCICの信用情報の一部になりますが、KSC、JICCも勤務先情報として勤務先名称と電話番号が記録されています。

kuadhjk
(参照:株式会社シー・アイ・シー

例えば、1年前のクレジットカード会社との契約時にはAという会社に務めていたのに、現在Bという別の会社で勤続2年と申告すれば、「おかしい」ということになります。

在籍確認で、勤続年数など細かい部分までは確認されませんが、下手に嘘をつくと、こういった部分でバレる場合もあるので注意が必要です。

(参照:審査を決定付ける信用情報機関とは?ローンの利用記録はいつまで残る?

まとめ

在籍確認とは、申告内容に嘘が無いかどうかチェックするというものです。

基本的に正直に申告さえしていれば、多少在籍確認のプロセス自体に問題があっても、カードローン側で柔軟に対応してくれる場合も多いです。

在籍確認が審査落ちの決定的な要因になるケースは少ないですが、不安な点があるならあらかじめカードローン側に相談するのがベストです。

スポンサーリンク