210
転職した直後に「お金に困った!」という場合に、カードローンに申し込んで審査に通るものなのでしょうか?

なぜなら、カードローンの申し込みでは必ず「勤続年数」を申告するため、それが審査に影響するからです。

スポンサーリンク

そもそもなんで勤続年数が審査に影響するの?

カードローン側として最も困るのが、利用者が仕事を辞めてしまう→収入がなくなる→借金を踏み倒す。という流れです。

未来のことは誰にもわかりません。
申込み者自身でも将来いつまでこの仕事を続けるか分からないかもしれません。

しかし、審査では、勤続年数が長い人ほど、今後もさらに同じ仕事を続ける可能性が高いとみなされます。

逆に勤続年数が短い人ほど、今後も転職や退職の可能性があり、収入が安定しないとみなされます。

しかし、カードローンの審査は勤続年数だけで判断されるわけではありません。あくまでも多くの判断材料の中の1つなのです。

(参照:カードローン審査の主な内容とその仕組みについて

どのタイミングなら通りやすい?

では、勤続年数が何年なら、カードローンの審査に通るのでしょうか。

申し込み条件で「勤続○年以上」といった条件のあるカードローンはほとんどありません。
単に「安定した収入のある方」としている場合が多いです。

実際、カードローンに「仕事始めてまだ1か月経ってないんですが、申し込めますか?」と聞くと、ほとんどのカードローンが「問題ありません」と答えます。

おおよその目安

カードローン側は教えてくれませんが、一般的にいわれているのが以下になります。

・勤続1年未満なら審査落ちの可能性あり
・勤続1年以上が最低ライン
・勤続3年以上なら勤続年数は問題にならない

といったこところです。

しかし、例えば公務員や大企業の社員として勤続6か月と、アルバイトで6ヶ月では意味が違ってきます。

また、勤続3年の人でも、他社からすでにたくさん借りていれば、それはそれで審査落ちの要因になります。

勤続年数以外の他の要素との兼ね合いもあるということです。

総合的な判断になるので、カードローン側も勤続年数だけではなんともいえないのです。

しかし例えば、

・他社から借入れがある
・バイトや派遣
・賃貸住まいで養う家族が多い

といった、勤続年数以外の点でもマイナス要素がある場合は、あらかじめ審査の甘いカードローンに申し込んだほうが安全です。

(参照:なぜ落ちる?キャッシングの審査落ちする人としない人の違い

できれば転職前に申し込みたい

カードローンは他のローン商品のように申し込んでから手続きに数週間もかかるものではありません。

対応がスピーディーなカードローンであれば、1日~2日あれば審査は完了します。

退職直前に申し込んでも問題ありません。
ある程度、勤務年数があるのであれば、むしろそのほうがいいでしょう。

(参照:審査で収入証明不要でも即日融資できるカードローンはある?

「勤続1日」で審査可決になる可能性もある

勤続年数は長ければ長いほど審査で有利ですが、短かったら借りられないというものでもありません。

例えば、過去に長期の延滞や、債務整理などできちんと満額返済しなかった「ブラック」の人なら、それだけで審査落ちに大きく影響します。

しかし、勤続年数の場合、「勤続1日」でも審査可決になる可能性はあります。

実際、どのカードローンでも、「勤続年数が短くても申し込み対象」としていますが、あえておすすめのカードローンはというと以下の2社になります。

アコム

hazimetenoakkomu
(参照:アコム

なんといっても成約率で常にトップを走っているアコムです。

勤続年数は審査でほとんど重視されないという話も多く耳にします。

ポイントとしては、

・他社借入れが少ない
・クレジットヒストリーが良好(過去に遅延などなく、きちんと返済している)

この2点で問題がなければ、転職したばかりでも借りられる可能性があります。

(参照:審査の成約率とスピードで選ぶならアコムカードローン

新生銀行レイク

sinnseigonio
(参照:新生銀行レイク

銀行系カードローンではありますが、消費者金融並みの審査基準といわれる新生銀行レイクです。

勤続年数についていろいろなカードローンに問い合わせている中で、レイクは他社と温度差にやや違いがありました。

「勤続期間が短くても借りられますか?」の質問に、「今日働いていればお申込み可能です」とのことです。
転職をして、就業初日の前日はダメですが、初日の会社の帰りならOKということです。

つまり、「勤続1日」でもOKということで、レイクの場合、むしろ勤続年数不問をアピールしているような感じもしました。

レイクもアコムと同様に、ほかの点で問題が無ければ十分に可能性があります。

(参照:銀行系として生まれ変わった新生銀行カードローン「レイク」

利用できても限度額は低い

アコムと新生銀行レイクをおすすめとさせて頂きましたが、もちろん、ほかのカードローンでも勤続年数が短いほうが審査に通る可能性はあります。

しかし、やはりこの先どれだけ仕事を継続するかという不安要素があるので、審査可決しても契約できる限度額が低いという点は覚悟するべきでしょう。

例えば、勤続年数3年の方が限度額30万円で契約できるところが、転職したてなら限度額10万円といった違いが考えられます。

(参照:カードローンでいくらまで借りることができるのか

在籍確認があるのを忘れずに

カードローンの申し込みの際には、在籍確認が行われます。
カードローン担当者が勤務先に電話をかけて実際に申込み者が在籍しているか確認するものです。

転職したばかりの場合、
・第三者から電話があるので、勤務先の人に変に思われる可能性がある。
・新しい勤務先で電話に出た人が自分の名前を知らない可能性がある。

といった不安要素があります。

電話に出た方が、あなたの存在を知らずに「○○という者は弊社にはいませんが・・・」と言ってしまうと厳しいです。

カードローン側が「転職したばかり」ということを考慮してくれる可能性も考えられなくはありませんが、審査落ちの要因になりえます。

(参照:職場へ在籍確認の電話なしでカードローン利用できる?

「内定中」はさすがに厳しい

「今は無職だが、次の勤務先は決まっている」という状況は、残念ながら「無職」ということになってしまいます。

・年金を受給している
・専業主婦
・学生

上記以外なら、たとえ仕事が内定していても、申し込み対象外になります。

収入が年金だけ、または配偶者は仕事をしているが本人に収入が無い専業主婦の場合、一部の銀行系カードローンなら申し込み対象になります。

学生の場合はアルバイトをしていないと基本的に厳しいですが、特定のカードローンなら申し込み対象になります(例:三菱東京UFJ銀行「バンクイック」)。

それ以外の人の最低のラインは「勤続1日」ということです。

(参照:無職でカードローンの審査は通る?主婦や年金受給者は無職?

まだ給料すらもらってない。収入証明書はどうすれば?

転職したばかりで、「まだ給料日前だし、給与明細もない」。
こういった状況で、収入証明書はどうすればよいのでしょうか?

まず、思い浮かぶのが、以前まで働いていた仕事の収入証明書です。

前職の収入証明書は利用できない

たとえどんなに給料がよく、収入証明として提出すれば説得力がある・・・と思えたとしても、前職の収入証明書は提出できません。

あくまでも、申告した現在の勤務先と同じ社名の書類でないと受理してくれません。

これは、アコムやレイクでもそうですし、おそらくどのカードローンでも同様です。

収入証明書の心配は不要

しかし、カードローンの場合、一定の金額以上の利用でなければそもそも収入証明書は不要です。

消費者金融系カードローンで収入証明書が必要になる条件

・50万円超えの契約
・他社と合わせて100万円超えの借入れになる場合

銀行系カードローンで収入証明書が必要になる条件

銀行ごとで異なりますが、100万円未満の限度額で契約の場合、収入証明書が必要になることはほとんどありません。

(参照:収入証明書が不要のカードローンの選び方

より多く借りたい場合は?

転職したばかりで、その勤務先の収入証明書がないという場合、消費者金融系カードローンであれば、50万円以上の限度額で契約できないことになります。

これも、転職したての人があまり高額な限度額にはならない理由といえます。

複数社から借りればより大きな金額が借りられる可能性も

例えば、消費者金融系カードローン1社に申し込んで、限度額が10万円と少額だったとします。

「思ったよりも少ないな・・・」という場合、試しにもう一社、申し込んでみる価値はあります。

2社同時に申し込んでしまうと、「申し込みブラック」状態になり、2社とも審査落ちする可能性があります。

しかし、まず1社契約してしまえば、2社目申し込みが最初の1社に悪影響を及ぼすことはありません。

運よく2社目も契約できれば、より多く借りられますし、ダメなら諦めればよいだけです。

また、消費者金融系カードローンでも、2社合わせて限度額100万円以下なら収入証明書は不要です。

収入証明書がない状況で、より大きな金額が希望ということなら、2社から借りるというのもひとつの方法です。

(参照:ブラックって何?意外な理由にも要注意

年収の申告は?前職?新しい仕事?

カードローンの申込み時には年収を申告することになります。

「年収」というと、ここ1年の自分の収入と解釈することもできそうですが、転職したばかりということなら、現在の勤務先の見込み年収を申告することになります。

「税込みの月給x12ヶ月」で申告をすればOKです。

嘘の勤続年数で申告したらばれる?

一般的に勤続年数は1年未満かそれ以上かで評価が分かれます。

例えば、入社してから8か月目にもかかわらず、「勤続1年」と申告するのは大丈夫でしょうか?

勤続年数の嘘はバレない可能性もある

実際、カードローン側は申込み者がいつから現在の勤務先に在籍しているかというのは確認しにくい部分になります。

在籍確認の電話にしても、「○○さんはいつからこちらでお勤めでしょうか?」なんて質問はまずしません。

数か月程度なら盛ってもバレないでしょう。

勤続年数がバレるケース

本人確認書類として、免許証などなら問題ありませんが、社会保険の保険証を提出した場合は正確な入社日が確認できるのでウソがバレてしまいます。

また、信用情報機関では勤務先情報も記録されます。

例えば、6か月にクレジットカードを申し込み、その時は「有限会社△△」に在籍している記録があるのに、現在「株式会社○○に勤続1年」となるとつじつまが合わなくなります。

上記に気をつければ、ウソもバレない可能性が高いです。

しかし、ウソはあまりおすすめしません。

勤続年数でウソをついてしまうと、それ以外の申告内容もごまかしたくなるものでしょう。
そうなれば、ウソがバレる可能性もより高くなります。

ウソが発覚すれば、審査に通る可能性はほとんどありません。

「ウソなんてつかなければ審査可決してたかも…」となるのが一番悔しいのではないでしょうか。

(参照:カードローンの申し込み時にウソをつくとばれる?

まとめ

勤続年数は審査に影響します。長ければ長いほどよいのですが、短かったら絶対に借りられないというものでもありません。

借りられる金額の大きさはあまり期待できませんが、審査の甘めなカードローンを選べば、審査可決の可能性はあります。

限度額は利用を継続していく中で増額することも可能です。
より大きな金額を借りるためにも、期日をしっかり守って返済することが重要です。

(参照:限度額を増額する方法とそのメリット

スポンサーリンク