206
カードローンは申し込みの際に、基本的には免許証など本人確認書だけで済みますが、収入証明書が必要になる場合もあります。

もし申し込みの際に書類が足りないということになれば、契約できない→借りられないということになってしまいます。

今回は即日キャッシングに失敗しないために、収入証明不要で即日に借りる際のポイントについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

各カードローンの収入証明が必要になる条件

新たに申し込むカードローンで、限度額が少額であれば収入証明が必要になる可能性は低いです。

ほとんどのカードローンでは審査後に決定される限度額によって収入証明書が必要になるといったルールを設けています。

まずは、代表的なカードローンの条件をみてみましょう。

消費者金融系カードローン

カードローン名 収入証明書が必要になる限度額
アコム ・50万円超え

・他社借入と合わせて100万円超え

プロミス ・50万円超え

・他社借入と合わせて100万円超え

アイフル ・50万円超え

・他社借入と合わせて100万円超え

モビット ・50万円超え

・他社借入と合わせて100万円超え

モビット(WEB完結) 限度額に関わらず必要
ノーローン ・50万円超え

・他社借入と合わせて100万円超え

オリックスVIPカードローン ・50万円超え

・他社借入と合わせて100万円超え

 

銀行系カードローン

カードローン名 収入証明書が必要になる限度額
三菱東京UFJ銀行バンクイック 100万円超え
みずほ銀行カードローン 200万円超え
三井住友銀行カードローン 300万円超え
新生銀行レイク 100万円超え
イオン銀行カードローンBIG 300万円超え
楽天銀行スーパーローン 300万円超え
じぶん銀行じぶんローン 300万円超え
オリックス銀行カードローン 300万円超え
セブン銀行カードローン 不要(最大50万円が限度額)
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 300万円超え
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 300万円超え

銀行と消費者金融でなぜ条件に違いがある?

上で示した表の一覧を見ていただければおわかりになるかと思いますが、銀行の場合100万円超えだったり、300万円超えだったりと条件にバラつきがあります。

銀行系カードローン全体で見れば、100万円以下の借入れ限度額なら収入証明書は必要ではないということになります。

しかし、消費者金融の場合、比較的少額でも収入証明書が必要になりますし、条件が各社横並びです。

この違いはどういうことなのでしょうか?

消費者金融は貸金業法の規制がある

2010年の貸金業法の改正で、年収の3分の1までしか融資できない総量規制など新たな規制が盛り込まれましたが、それと同時に収入証明書の提出も義務つけられました。

sayuhanuh
(参照:プロミス

消費者金融各社の「50万円超えの契約、もしくは他社と合わせて100万円超えの借入れになる場合」というのは、貸金業法の規定なのです。

銀行は貸金業法が適用されませんので、収入証明書の条件を各社自由に設定できるのです。

ちなみに、モビットのWEB完結は借入れ限度額にかかわらず収入証明書が必要になります。これは電話で勤務先への在籍確認をしないため、その代わりということになります。

セブン銀行カードローンの場合、そもそも最大50万円までしか借りられないので収入証明書は原則不要です。

(参照:貸金業法ってなに?
(参照:すでに持っているカードの総量規制と審査への影響

収入証明書を提出せずに済ますには

結局、限度額によって収入証明書が必要になるかどうか決まるので、申し込みの際の借入れ希望額を抑えればよいわけです。

例えば消費者金融系カードローンであれば、50万円以下を希望額とすれば、基本的に収入証明書を求められることはありません。

「即日に借りたい」という人であれば、“借入れ希望額を必要最小限に留める”のがポイントということです。

(参照:今すぐお金借りたい!即日審査・振込みできるカードローンまとめ

限度額にかかわらず、収入証明書が必要になる場合も

申込み者の状況によっては、限度額にかかわらず収入証明書を求められる場合もあります。

②申込み者が個人事業主の場合、限度額にかかわらず収入証明書の提出を義務つけているカードローンもあります。

個人事業主が消費者金融のビジネスローンに申し込む場合、原則的に収入証明書の提出が必要です。

(参照:即日審査できる?金利は?事業者向けのビジネスローンとは

収入証明書って具体的に何?

ある程度高額な借入れを希望しているのであれば、収入証明書が必要ということになりますが、実際に何を準備すればいいのでしょうか?

基本的に以下のようなものが収入証明書として申し込み時に必要になります。「直近2か月分」といった指定をされる場合もあります。

会社勤めの方
・給与明細書(賞与明細書)
・源泉徴収票
・課税証明書
・確定申告書

個人事業主の方
・確定申告書
・納税証明書
・青色申告決算書
・収支内訳書

各カードローンのホームページで、具体的にどんな書類が必要なのかを確認できますので、申し込み前にはチェックしておいたほうがいいでしょう。

記載されている「マイナンバー」はどうすれば?

2016年から始まったマイナンバー制度ですが、源泉徴収票や確定申告書などにこのマイナンバーが記載されている場合があります。

この点、各社で対応が分かれるところですが、いくつかのカードローンのホームページでは「見えないように加工してから提出してください」としています。

マイナンバーはキャッシングの申し込みには必要ない情報になるので、個人情報保護のためにも、見えないようにしてから提出したほうがいいでしょう。

mynanuad
(参照:プロミス

なぜ審査で収入証明書が必要なのか

高額な限度額になれば、審査はよりシビアになるので、申込み者の収入もしっかりと調べる必要があります。当然、収入証明書が必要になるというのは理解できます。

収入証明書なしで、収入が分かるの?

消費者金融系カードローンで50万円以下、銀行系カードローンの場合で100万円や300万円以下の限度額の方は収入証明書が要りません。

借入れ希望額を少額にすれば、収入証明書がそもそもいらない状況になりますが、そうなると、申し込みの際にいくらでも嘘の収入を申告できるということになります。

「カードローンが独自に正確な収入を調べてるんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、申し込み者の正確な収入は調べようがありません。

収入だけが審査基準ではない

申込み者の収入がいくらかというのは、収入証明書を提出しない限り、申込み者の自己申告に頼るしかありません。

各カードローンで過去の同じ勤務先の利用者の年収データを蓄積している可能性もありますし、年齢や勤続年数、会社の規模などで、収入はある程度推測できます。あまり極端な嘘ならバレる可能性はあります。

しかし、正確なところまではわかりません。

カードローンが審査の際に重視するのは収入以外にも、信用情報機関の過去のローン実績があります。

申込み者の過去のクレジットカード利用などは正確に分かってしまうのです。

それ以外にも、住居情報や家族構成など、さまざまな点から審査をするので、収入の大きさが審査で最も重要というわけではないのです。

(参照:カードローン審査の主な内容とその仕組みについて

そもそもいくら貸してくれるのか?

この記事では、各カードローンの収入証明書が必要になる限度額を一覧表で説明しました。

例えば、

銀行Aでは「限度額300万円超えで収入証明書が必要」
銀行Bでは「限度額100万円超えで収入証明書が必要」

というものです。

このように条件の違いがあると、銀行Aの方が「柔軟な対応」、「300万円までなら気軽に借りられる」と思ってしまうのではないでしょうか。

カードローンで実際に高額な借入れできる人は少ない

「300万円以上借りたいから、とりあえず収入証明書の準備をしておこう」と思っても、実際に新規の申し込みで300万円以上の限度額を与えられる人はほとんどいないでしょう。

消費者金融系カードローンの場合、総量規制の対象になるので、年収の3分の1が限度額のマックスです。

銀行は総量規制対象外ですが、概ね年収の3分の1が実際に借りることができる目安になります。

特に新規の申し込みではどのカードローンでも年収の3分の1よりぐっと低い金額が限度額に設定されるはずです。

例えば年収300万円や400万円の方でも、新規の場合の限度額は多くて50万円くらいでしょう。

収入証明書の条件で比較する意味は無い

特に銀行系カードローンの場合、各社で収入証明書が必要になる条件が異なります。

しかし、実際にはいきなり100万円や200万円といった限度額が与えられる可能性は低いので、そういった条件で比較することの意味はほとんどないのです。

(参照:カードローンでいくらまで借りることができるのか

即日にこだわるならむしろ消費者金融系

銀行系カードローンに比べて収入証明書が必要になる限度額が低いのが消費者金融系カードローンです。

しかし、審査の甘さや融資までのスピードでは消費者金融系カードローンのほうが上です。

ただし、そもそも新規では高額な融資は期待できません。借入れ希望額を50万円以下(他社合計100万円以下)とし、消費者金融系カードローンに申し込むのが即日キャッシングということではおすすめです。

(参照:審査なし?無職は?即日融資できるおすすめのキャッシング業者

利用中に収入証明書の提出が必要な場合も

収入証明書が必要になるのは、申込み時だけではありません。

①利用中に限度額が増額になった場合
②前回の収入証明書の提示から3年経過した場合

①利用中に限度額が増額になった場合

カードローンというのは、良好な利用をしている人にはもっと貸したいものです。カードローン側から増額の提案をしてくる場合もあります。

例えば消費者金融系カードローンの場合、契約時の借入れ限度額が50万円以下でも、60万円や70万円に増額すれば、収入証明書の提示が必要になります。

「限度額は大きいほうがよい」という人であれば、そのままカードローンの指示に従って収入証明書を提示し、再度の審査を通過すれば限度額を増額することができます。

そういったことが面倒であれば、限度額は現状維持のほうがよいでしょう。

ちなみに、消費者金融系カードローン1社で限度額60万円なら収入証明書の提出が必要ですが、2社でそれぞれ限度額40万円(合計80万円)なら収入証明書の提出は不要です。

(参照:限度額を増額する方法とそのメリット

②前回の収入証明書の提示から3年経過した場合

一度申し込み時に収入証明書を提出したという人でも、消費者金融の場合、3年経過すると再提出を求めてきます。

syuhaniuhoa
(参照:アイフル

上記はアイフルのホームページでの説明です。ほかの消費者金融系カードローンでも同様の説明をしています。

面倒ですがこれを無視すれば、70万円あった限度額が50万円になるといった措置が取られる可能性もあります。

カードローンは借入より返済のほうが難しい

カードローンは新規の場合、あまり大きな金額を借りることができないので、本人確認書類でだけで申し込みが済んでしまう方がほとんどでしょう。

免許証などさえ持っていれば、突然思いついて街中の無人契約機に駆け込んでもキャッシングできてしまうのです。

申し込みから契約、借入れまでは意外なほどあっけなく終わってしまいますが、一旦借入れを開始すれば、返済期日だけは守らなくてはなりません。

カードローンは借りるよりも返すほうが難しいということも忘れないようにしましょう。

(参照:知らないとヤバイ!返済を延滞した場合のペナルティー

スポンサーリンク