205
カードローン各社のホームページを見ていると「ご利用最高500万円まで!」といったそのカードローンの融資の上限額をトップページに表示している場合が多いです。「どのカードローンに申込みをしようか?」という状況なら、「とりあえず高いほうがいいのかな」と思ってしまうかもしれません。

では、実際に各利用者がカードローンを選ぶ際に、そういった利用最高額を判断基準にするべきなのかを考えてみたいと思います。

同じ年収でもカードローンの種類によって実際の借り入れ可能額が異なる

消費者金融、信販系カードローンは総量規制の対象

貸金業という枠組みにある消費者金融や信販会社のカードローンは「総量規制」という貸金業法に基づいた規制の対象になるので、年収の三分の一以上を融資することはできません。

たとえば利用者の年収300万円で、1社なら借入れ上限は100万円。複数社の場合、1社ですでに60万円借り入れているという状況なら2社目では40万円までしか借り入れることができないということです。

また、総量規制はあくまでも「上限の規制」であって、必ず「年収の三分の一までは融資する」という意味ではありません。消費者金融の場合は契約後の最初の融資は多くて50万円くらい。その後利用を続けながら信用を得た上で、徐々に限度額が上がっていくというのが一般的です。

つまり、仮に年収が400万円で希望借入れ額が100万円だったという場合、総量規制上では問題のない額になりますが、いきなり100万円を融資してくれる可能性は低いということです。

総量規制対象外の銀行系カードローンならいくらでも借りれる?

銀行は貸金業者ではないので、貸金業法の総量規制の対象にはなりません。法的には年収以上の金額を融資することもできますが、貸し倒れをされたら困るということは消費者金融も銀行も同様です。むやみに高額な融資はしません。

しかし、消費者金融が「年収」を融資の際の判断基準として最優先しなければならないのに対し、銀行はそれ以外のさまざまな要素から利用者の返済能力を判断することができます。

たとえば、同じ年収400万円の人でも、不動産の有無、世帯での収入、年齢、職業、子供の有無など状況によって返済能力は異なります。そういった総合的な判断から返済能力が高いと認められれば、高額な融資が可能ですし、同じ年収でも家賃や生活費、養育費などで出費が多いという状況なら返済能力は低いとみなされ融資の額も低くなるということです。

基本的には銀行でも総量規制の金額が実際の融資の上限としての目安にはなりますが、上記のように返済能力が高いと認められれば、契約後の最初の段階で消費者金融よりもかなり高額な借入れをすることが期待できます。

あまりに高額な「ご利用最高額」は利用者にとっては意味がない

カードローンの中にはセブン銀行のように利用最高額が50万円と極端にほかと比べて低いというものあるので、そういった場合は利用最高額というのは利用者にとって重要な判断基準になりますが、たとえば年収が400万円の人がカードローンを選ぶ際に、利用最高額が500万円と800万円の2社あったとして、その額の違いは実際に融資してくれる金額を踏まえれば利用者にとって意味がないものになります。カードローンを選ぶ際には利用最高額よりも金利など、他の点を重視したほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク