204

お酒やタバコは「20歳から」ですが、キャッシングも20歳以上という条件の場合がほとんどです。

銀行や大手消費者金融のカードローンで20歳未満の方が利用できるものはまずありません。

未成年の方がお金に困った場合、どうすればいいでしょうか。

(参照:カードローン申し込みに必要な条件とは

スポンサーリンク

未成年がお金を借りたい場合

未成年の方が「お金が足りない・・・」という場合に利用できそうなのが、以下の3つになります。

①学生ローン
②クレジットカード
③目的別ローン

学生ローンならキャッシングできる可能性あり

学生ローンも20歳以上としているところが多いですが、中には18歳以上でも利用可能としている業者もいます。

学生ローンは授業料以外の生活費などにも利用できるので、用途の幅が広いのがメリットです。

しかし、18歳でも学生でない方は利用できません。

また、学生でもバイト代の収入があるということが前提になります。

カードローンではほぼ必ず行われる職場への在籍確認も基本的に無いので、アルバイト先に勝手に電話で連絡されるという心配もいりません。

18歳以上、20歳未満でも利用できる学生ローン例

カレッヂ

karebsaajh
(画像元:カレッヂ

(参照:20歳未満も利用可能専用ATMもある「カレッジ」

フレンド田

gakusenfrienf
(画像元:フレンド田

(参照:毎週土曜日も営業!18歳からの学生ローン「フレンド田」

アイシーローン

aicccronn
(画像元:アイシーローン

(参照:18歳からOK!仕送りだけでも審査OK?「アイシーローン」

未成年で学生ローンからいくら借りられる?

上記3つの学生ローンの場合、

カレッヂ:未成年の場合最大10万円まで利用可。親権者の同意は不要。
フレンド田:最大50万円利用可。未成年の場合親権者の同意が必要。
アイシーローン:未成年の場合最大10万円なら親権者の同意は不要。10万円超え(最大50万円)は親権者の同意が必要。

まとめると、親権者の同意無しなら最大10万円、親権者の同意があれば、最大50万円ということです。

また、総量規制の対象になるので、アルバイトの年収の3分の1が上限になります。

金額は限られますが、大学生や専門学校の方などは未成年でも借金ができるということです。

(参照:すでに持っているカードの総量規制と審査への影響

クレジットカード

クレジットカードも18歳以上から利用できるものも珍しくはありません。

学生ローンが利用できない学生ではない社会人やフリーターの未成年の方も対象となります。

しかし、未成年の方の場合、キャッシング枠なしで発行される可能性が高いです。

ショッピング利用に限定されてしまうということですが、以前に比べれば、かなり広範囲にカード払いできるので、「現金が無い」ということはそれほど不便ではないでしょう。

わざわざ現金を借りなくてもショッピング枠だけでもかなり役に立ってくれるはずです。

(参照:カードローンとクレジットカード

リボ払いなら少額の支払いで済む

例えば10万円分のカード払いをして、一括払いであれば、翌月の請求で10万円支払う必要があります。

しかし、リボ払いにすれば、支払いは長期的になりますが、毎月の支払いは1万円などの少額で済みます。

返済方法としてはカードローンと同じ仕組です。

リボ払いは、「金銭感覚が狂いやすい」、「ついつい使いすぎる」、「利息の負担が大きい」という側面もあります。利用にはくれぐれも注意が必要です。

(参照:気をつけて!実は危険なリボ払いの実態

キャッシング枠を希望すると審査で不利に

クレジットカードの申し込みの際には、キャッシング希望額を申告するケースが多いです。

未成年の方が「できればキャッシングもしたい」ということで、キャッシング希望額を「10万円」や「20万円」にチェックを入れてしまうと、審査落ちの可能性が高まります。

審査に落ちればショッピング機能すら利用できなくなります。未成年の方の場合は、クレジットカードはショッピングのみと割り切って、「キャッシングを希望しない」にした方がいいのです。

クレジットカードは親権者の同意が必要

未成年の方の場合、法律の関係もあり、クレジットカード申し込み時には親権者の同意が必要になります。自分名義ののカードが作れはしますが、家族に内緒でクレジットカードを作るのは基本的に無理ということです。

ショッピング枠の現金化は危険

「ショッピング枠現金化」というものがあります。クレジットカードのショピング枠で何か購入し、それを買い取ってもらい、現金を手に入れる。もしくは安価な商品を、高い金額で購入することでキャッシュバックを得るというものです。

この方法は割にあわないのでおすすめしません。クレジットカード会社と現金化業者に対して2重に手数料支払うような仕組みなのです。

一時的に現金を手にすることができますが、こういったことは繰り返し利用してしまうものなので、あっという間に利用枠の上限に達してしまうでしょう。

後々毎月の支払いと大きな利息の負担がのしかかってくるのです。

また、クレジットカードの利用規約違反になる場合もあるので、カードが利用停止になってしまう可能性もあります。

そういった方法よりも、普段現金で支払っているもの、例えば、食費や交通費などをできるだけカード払いにして現金を確保するようにしたほうがお得です。

しかし、「どうしても現金が必要」ということであれば、学生ローンなど、選択肢は限られてしまうのが現状です。もしくは親や友人に頼むしかありません。

(参照:要注意!最悪利用停止にもなるカード現金化

目的別ローン

目的別ローンというのは、例えば住宅ローンや自動車ローンなど、利用目的がはっきりしているローンです。

未成年でも利用できる目的別ローンには、

・運転免許ローン
・トラベルローン

といったものがあります。

「教習所に通うお金が無い」、「旅行に行きたいが貯金も足りない」といった目的でお金が足りないということなら、現金を借りる必要はないということです。

また、目的別ローンは学生ローンやクレジットカードのリボ払いより金利が低い、運転免許ローンなら高校3年生から利用できるといった特長もあります。

未成年の場合、親権者の同意が必要というのはクレジットカードと同じです。

(参照:高校生でも保証人不要?「運転免許ローン」
(参照:返済は据え置いて旅行に専念できる「トラベルローン」

まとめ

今回、未成年の方が「お金に困った」という時に利用できる金融機関のサービスをご紹介しました。

20歳未満の方の場合、金融機関の利用はかなり限定されるのが現状です。

今回ご紹介した方法があまり役に立たなかったのあれば、やはり、頼るべきは親→ダメなら友人ということになるでしょう。

金融機関は基本的に手数料を取るビジネスです。もともと収入が安定していない状況であれば、金融機関の利用はおすすめできません。

親や友人からお金を借りれば、利息発は生しませんし、返済期限もないかもしれません。

しかし、返済しなければ人間関係にヒビが入ります。場合によっては利息よりも大きな損失になる可能性もあります。

「借りたものは返す」というのは金融機関でも友人に対しても基本的には同じ。その点においては未成年の方も成人の方も違いはありません。

スポンサーリンク